現在位置 : ホーム > サポート > ライセンスについて > ライセンス認証について

ライセンス認証について

ライセンス認証とは

弊社製品のライセンス認証(ソフトウェアアクティベーション)は、製品が正規のライセンス数に応じた台数のコンピュータにインストールされていることを確認する目的で、製品のプロダクトキーとコンピュータの情報を取得するものです。

製品をインストールするには、ライセンス認証の手続きを行う必要があります。
また、製品をアンインストールする際は、ライセンス認証解除の手続きを行う必要があります。ライセンス認証解除を行わなかった場合、そのコンピュータにライセンスが残った状態になるため、他のコンピュータに製品版としてインストールすることができなくなります。

実際の手続きでは、入力されたプロダクトキーと、コンピュータのハードウェア情報や日付から生成される固有の番号が、インターネットを通じて弊社のオンライン認証サーバーへ送信されます。これ以外の情報(氏名、住所、コンピュータ名、ユーザー名など)が送信されることはありません。

ライセンス認証/認証解除の手続き

ライセンス認証および認証解除の手続きは、製品によって手順が異なります。

1. 2008年3月以前に発売された製品
2008年3月以前に発売された製品(後述の2.および3.以外の製品)では、インストール時またはアンインストール時に、ライセンス認証または認証解除の手続きを行います。

手順の詳細は、以下を参照してください。
» 認証の手順(2008年3月以前発売製品)
» 認証解除の手順(2008年3月以前発売製品)

トライアル版にライセンス認証の手続きおよび解除手続きはありません。

2. 2008年3月~2008年7月に発売された製品
下記の製品では、「ライセンス認証/認証解除ツール」を使用してライセンス認証および認証解除の手続きを行います。
・ComponentOne Studio 2008J(Enterprise/Windows Forms/ASP.NET)
・El Tabelle Sheet for Windows Forms 4.1J
・InputMan for Windows Forms 5.0J
・MultiRow for Windows Forms 5.0J
・PlusPak for Windows Forms 5.0J

手順の詳細は、以下を参照してください。
» 認証の手順(2008年3月~2008年7月発売製品)
» 認証解除の手順(2008年3月~2008年7月発売製品)

製品版をアンインストールする前に、「ライセンス認証/認証解除ツール」を使用して、ライセンス認証解除の手続きを行ってください。トライアル版にライセンス認証の手続きおよび解除手続きはありません。

3. 2009年5月以降に発売された製品
下記の製品では、「ライセンス認証/認証解除ツール」を使用してライセンス認証および認証解除の手続きを行います。
・ActiveReports for .NET 6.0J(Standard/Professional)
・ComponentOne Studio 2010J(Enterprise/for Windows Forms/for ASP.NET/for Silverlight)
・ComponentOne Studio for iPhone-UX 2011J
・FlexGrid for Windows Forms 5.0J
・InputMan for ASP.NET 3.0J
・InputMan for Silverlight 1.0J
・InputMan for Windows Forms 6.0J
・LEADTOOLS 16.5J(Imaging Pro/Imaging Pro Suite)
・LEADTOOLS 16.5J(Document Imaging/Document OCR/Document OCR with Plug-Ins)
・MultiRow for ASP.NET 1.0J
・MultiRow for Windows Forms 6.0J
・PlusPak for Windows Forms 6.0J
・SPREAD for ASP.NET 5.0J
・SPREAD for Windows Forms 5.0J
・TrueChart for ASP.NET 5.0J
・TrueChart for Windows Forms 5.0J
・XapOptimizer 1.0J

手順の詳細は、以下を参照してください。
» 認証の手順(2009年5月以降発売製品)
» 認証解除の手順(2009年5月以降発売製品)

製品版をアンインストールする前に、「ライセンス認証/認証解除ツール」を使用して、ライセンス認証解除の手続きを行ってください。トライアル版にライセンス認証の解除手続きはありません。

ライセンス再認証の手続き

ライセンス再認証は、以下のような理由でライセンス認証解除の手続きができなくなった場合に行います。

・コンピュータが故障して使用できなくなった
・認証解除せずにハードウェア構成(ハードディスクやCPU)を変更した
・認証解除せずにコンピュータを廃棄または返却した
・開発コンピュータが顧客所有物であり、開発終了後に認証解除せずに納品した

ライセンス再認証の手続き完了後、当該プロダクトキーを使用した、別のコンピュータでのライセンス認証が可能になります。手順の詳細は、以下を参照してください。

» ライセンス再認証の手順

同一プロダクトキーを使用した、同一コンピュータへの再インストールについては、ハードディスクやCPUの構成が変わっていなければ、ライセンス再認証は不要です。ハードディスクをフォーマットした場合や、OSを再インストールした場合でも、製品の再インストール時に複数台分の認証とみなされることはありません。
「ライセンス認証/認証解除ツール」を使用する製品の場合は、製品をアンインストールしても、ツール自体はまだ残っていますので、そちらを使用してライセンス認証の解除が可能です。詳細については、「認証解除の手順(2008年3月~2008年7月発売製品)」、「認証解除の手順(2009年5月以降発売製品)」を参照してください。
トライアル版は、ライセンス再認証の対象外です。

ライセンス認証FAQ

ライセンス認証に関するさまざまな疑問にお答えするFAQを公開しています。

» ライセンス認証FAQ

ライセンス認証のドキュメント

ライセンス認証に関する情報をまとめたドキュメント(.chmファイル)を公開しています。以下からダウンロードし、ご利用ください。

» 2008年3月以前に発売された製品のドキュメント
» 2008年3月~2008年7月に発売された製品のドキュメント
» 2009年5月以降に発売された製品のドキュメント

なお、ダウンロードした.chmファイルが、Windowsのセキュリティ更新プログラムの影響で開けない場合があります。解決方法については、マイクロソフト社のサポート技術情報で公開されている、以下の内容を参照してください。
セキュリティ更新プログラム 896358 または Windows Server 2003 Service Pack 1 のインストール後、Internet Explorer から HTML ヘルプ ファイルを開けない
http://support.microsoft.com/kb/902225/ja