現在位置 : ホーム > 製品情報 > .NET 製品一覧 > SSL Sockets 1.0J 製品仕様

製品情報

.NET 製品

SSL Sockets 1.0J

SSL Sockets 1.0J

[エスエスエル ソケット]
ソケット通信コンポーネント

  • バージョン : 1.0J
  • 標準価格 : 48,300円 (本体価格:46,000円)
  • 販売形態 : ダウンロード
  • ライセンス : ランタイムフリー
  • 発売日 : 2003/6/18 発売
製品概要
SSL Socketsは、ストリームベースのSSL暗号化および認証を提供することで、.NET Frameworkのソケット通信に足りない部分を補います。
TCPコンポーネントは取り扱いが簡単で、非同期イベント通知、ブロッキング処理中のユーザーインタフェースイベントの処理、および転送処理と並行したデータ解析機能を提供します。
Serverコンポーネントは完全にマルチスレッドで動作し、すべての着信接続でそれぞれ異なるスレッドを受信できます。
UDPコンポーネントには非同期イベント処理機能や、専用のプロパティを通じて使用できるソケットオプションがあり、UDPベースのアプリケーションを簡単に作成できます。

こちらの製品は、Secure iNetSuite 2.5Jにも含まれています。
主な特長
同期メソッドのサポート
同期型および非同期型の動作をサポートするため、スクリプト型とイベントドリブン型のどちらのアプリケーションにも使用できます。また、同期型メソッドの実行時でもユーザーインタフェースからの割り込みを処理できます。

接続テストのダイアログ
デザイン環境での作業時、プロパティウィンドウを設定するためのダイアログを表示します。このダイアログからサーバーとの接続テストを行えるため、サーバー名が違うなどの初歩的なミスを開発フェーズの早い時期に解消できます。
TCP 接続テストのダイアログ
TCP 接続テストのダイアログ(拡大表示)
UDP 接続テストのダイアログ
UDP 接続テストのダイアログ(拡大表示)
SERVER 接続テストのダイアログ
SERVER 接続テストのダイアログ(拡大表示)

ソケット通信の機能アップ
従来のコンポーネントベースの使い方と、ストリームベースの新しいインターフェイスを、アプリケーションの用途や開発者のスキルに応じて選択できます。また、SSLプロトコルをサポートしたストリームクラスにより.NET Frameworkのソケット通信を補完します。

データストリームの読み書き
データの受信にストリームを使うことにより、デリミタまでのデータを取得したり、受信したデータをバイト単位で検索/置換するなどの、より柔軟性のあるデータ受信方法を提供します。
コントロール一覧
Tcpコンポーネント
TCPプロトコルを使用した通信アプリケーションを作成します。
主な機能 詳細
データ送受信 TCPプロトコルによるデータの送受信
3つの方法でデータを受信
 ・すべてのデータを受信する
 ・区切り文字に達するまでデータを受信する
 ・固定サイズのデータブロックを受信する
ReuseAddrオプション ローカルアドレス/ローカルポートの重複使用をシステムに命令(※)
KeepAliveオプション データが送受信されないときにパケットを送信しつづけ、コネクションの切断を監視
SSL通信 セキュリティプロトコル(自動/SSL3/SSL2/PCT/TSL)を指定したセキュアなTCP通信
通信ログ 監視またはデバッグのために、TCPコマンドなどの通信ログを取得
(※)ローカルアドレス/ローカルポートおよびリモートアドレス/リモートポートの4つすべてを重複して使用することはできません。

Udpコンポーネント
UDPプロトコルを使用した通信アプリケーションを作成します。
主な機能 詳細
データ送受信 UDPプロトコルによるデータの送受信
ブロードキャスト ネットワーク上のすべてのホストにデータグラムを送信するブロードキャスト機能
マルチキャスト 特定のマルチキャストグループに属するすべてのホストにデータグラムを送信するマルチキャスト機能
通信ログ 監視またはデバッグのために、UDPコマンドなどの通信ログを取得

Serverコンポーネント
TCP通信でサーバー側のコネクション受付を開始します。
主な機能 詳細
コネクション受付 任意のポート番号でTCPコネクションを受付
SSL通信 セキュリティプロトコル(自動/SSL3/SSL2/PCT/TSL)を指定したセキュアなコネクションを確立

Dnsコンポーネント
ドメイン名とIPアドレスの組み合わせを調査します。
主な機能 詳細
正引きの照合 ホスト名からIPアドレスを取得
逆引きの照合 IPアドレスからホスト名を取得
MX照合 E-mailアドレスからメールサーバーのIPアドレスを取得

Pingコンポーネント
リモートホストが物理的に接続されていることを確認します。
主な機能 詳細
PING送信 ホスト名または IPアドレスを指定してPINGを送信
PINGデータに任意のデータを追加可能
送信方法の設定 PINGの送信方法(ICMP/UDP/TCP)を設定
ICMPパケットの送信が許可されていない環境でもPING送信が可能
タイムアウトの設定 コマンドへの応答の最大の待ち時間またはデータバッファ転送の最大の間隔(ミリ秒単位)を指定

Traceコンポーネント
通信の途中に通過したコンピュータを確認します。
主な機能 詳細
経路確認 パケットを宛先ホストに転送する中継ホストをすべて特定
ホップタイプの設定 ホップおよびホップを構成する各エコーの同期的/非同期を設定
ホップ数の設定 ホストへの到達を目指す際にパケットが通過する最大のホップ数を設定
注意事項
サポート言語
C#、Visual Basic .NET

コンポーネントの種類
WindowsフォームおよびWebフォーム用コンポーネント
必要システム
開発環境
開発ツール Visual Studio .NET 2002/2003日本語版
Visual Studio 2005日本語版
Visual Studio 2008日本語版
開発言語 Visual Basic、C#
Webサーバー※ Internet Information Services
※Visual Studio 2005/2008で開発する場合必須ではありません。
OS
  32ビット(x86) 64ビット(x64)
Windows 2000日本語版
Windows XP日本語版
Windows Server 2003日本語版
Windows Vista日本語版
Windows Server 2008日本語版

運用環境(Windowsアプリケーション利用時)
フレームワーク .NET Framework 1.0/1.1 SP1/2.0/3.0/3.5
OS
  32ビット(x86) 64ビット(x64)
Windows 2000日本語版
Windows XP日本語版
Windows Server 2003日本語版
Windows Vista日本語版
Windows Server 2008日本語版

運用環境(Webアプリケーション利用時)
 サーバー
フレームワーク .NET Framework 1.0/1.1 SP1/2.0/3.0/3.5
Webサーバー Internet Information Services
OS
  32ビット(x86) 64ビット(x64)
Windows 2000日本語版
Windows XP日本語版
Windows Server 2003日本語版
Windows Vista日本語版
Windows Server 2008日本語版
 クライアント
ブラウザ Internet Explorer 6.0/7.0

ソフトウェア認証
製品の使用にはソフトウェア アクティベーション(ライセンス認証)が必要です。
ライセンス認証についての詳細はこちらへ
参考記事(PDF形式)