現在位置 : ホーム > サポート > ライセンスについて > ライセンスFAQ

ライセンスについて

ライセンスFAQ

Q1
PowerTools製品を利用したアプリケーションを配布する場合に、契約またはライセンス料を支払う必要はありますか?
A1
PowerToolsシリーズ製品は、作製したアプリケーションを配布する際に別途契約する必要のないランタイムフリー製品です(ランタイムフリー除外製品を除く)。マニュアル、オンラインヘルプに記載されている配布可能ファイルであれば、ソフトウェア使用許諾書の条件にしたがって、弊社の許可なく自由に配布することができます。

※ ランタイムフリー製品は製品情報ページやカタログに記載があります。
※ 別途契約またはライセンス料の支払いが必要な製品は、「ライセンスについて」の各ページをご参照ください。

詳細は各製品の「注意事項」をお読みください。
Q2
サーバーライセンスとは何ですか?
A2
Webアプリケーションを作成した場合(サーバーコンポーネントとしてASP、ASP .NETから利用する場合)は、開発ライセンスの他に、運用するWebサーバーごとに[サーバーライセンス]のご購入が必要です。

詳細は「サーバーライセンスについて」をご参照ください。
Q3
ライセンスとロイヤルティーの違いは?
A3
ライセンスは開発の際に必要な権利です。
ロイヤルティーは、弊社製品を組み込んで作成されたアプリケーションの配布のための権利となります。
Q4
PowerTools製品を使用して作成した、独自のクラスやユーザーコントロールを、別のプロジェクトで使用する場合、開発ライセンスは必要ですか?
A4
はい、必要です。
直接的/間接的に関わらず、コンポーネント製品の機能をプロジェクトに組み込み、開発環境で使用する場合には、その環境に開発ライセンス(製品のインストール)が必要となります。

複数環境での使用時に必要な開発ライセンスにつきましては、こちらをご参照ください。
Q5
1つのアプリケーション(ソリューションやプロジェクトなど)を複数の環境で開発します。PowerTools製品を使用した部分のコーディングやデバッグを行わない環境にも、開発ライセンスは必要ですか?
A5
はい、必要です。
開発者が直接PowerTools製品を使用した部分のコーディングやデバッグを行わなくても、コンポーネント製品の機能を組み込んだアプリケーションを開発する場合には、その環境に開発ライセンス(製品のインストール)が必要となります。

複数環境での使用時に必要な開発ライセンスにつきましては、こちらをご参照ください。
Q6
別会社に開発を委託する場合、自社が持っている開発ライセンスを別会社で使用できますか?
A6
使用できません。
アプリケーションの開発を他社へ委託する場合は、実際に開発を行う委託先で開発ライセンスが必要です。委託元が保持している開発ライセンスを委託先へ貸し出したり、委託先で使用した開発ライセンスを、委託元へ移したりすることはできません。

開発委託時に必要な開発ライセンスにつきましては、こちらをご参照ください。
Q7
開発者が他社へ出向または派遣される場合、出向先または派遣先で、開発者が持っている開発ライセンスを使用できますか?
A7
使用できません。
一般的に開発者は、出向先や派遣先の指示にもとづいてプログラムを作成するため、開発者と出向先や派遣先との間には、雇用関係に準ずるような密接な関係があるものとみなします。このように雇用関係における状況において開発を行う場合、開発者(出向元または派遣元)がたとえ独自に開発ライセンスを保持していたとしても、雇用先で使用することはできません。開発ライセンスは、雇用先に必要です。

出向時または派遣時に必要な開発ライセンスにつきましては、こちらをご参照ください。
Q8
ランタイムフリーなのに、使用許諾契約書に“譲渡できない”とあるのは、なぜか。
A8
作成されたアプリケーションの配布に関してはランタイムフリーですが、弊社製品自体を譲渡・販売・転貸することは、使用許諾契約書の禁止事項に該当いたします。
Q9
ソフトウェア使用許諾契約書には、印紙が必要ですか?
A9
ソフトウェア(プログラム)の使用に関する契約書は、民法上、売買もしくは賃貸借に相当するとみなされます。
物品の賃貸借契約書は不課税文書に該当しますので、印紙を貼付する必要はありません。
また、開発ライセンス使用許諾契約書は、ソフトウェア使用許諾契約書の内容に加えて、複数台のマシンによる使用を許諾した内容の契約書となるため、印紙を貼付する必要はありません。
Q10
サーバーライセンス契約書/ロイヤルティー契約書には、印紙が必要ですか?
A10
契約書につきましては、印紙税法で定める第7号文書「継続的取引の基本となる契約書」に該当するため、4,000円の収入印紙を貼付するよう義務付けられています。
(注意1)契約期間が3ヶ月以内で、更新の定めがないものは除きます。
(注意2)国で運営する機関とのご契約につきましては、印紙は税金とみなされますので、貼付する必要はありません。
Q11
現行バージョン製品のライセンスを購入して、旧バージョン製品をダウングレード使用することは可能ですか。
A11
できません。
現行バージョンをご購入いただいても、旧バージョンをメンテナンスすることはできませんので、使用される製品のバージョンを確認のうえ、ライセンスをご購入ください。製品によってはバージョンごとに価格も異なりますので、ご注意ください。
購入に関しましては、オーダーセンターへお問い合わせください。
Q12
クラスター構成(実際に稼動しているマシンの他に、通常は稼動していないマシンにも製品をインストールする)の場合の必要ライセンス数は?
A12
ライセンスは、インストールされるマシンの台数分が必要です。通常稼動していないマシンでもライセンスは必要です。
Q13
LZW圧縮形式の使用について教えてください。
A13
TIFF LZWおよびGIFファイル形式を利用する場合、以前は米国Unisys社とのライセンス契約が必要でしたが、2004年7月7日以降にすべての国のLZW特許期限が切れました。
旧バージョンのLEADTOOLSなど使用時にロックがかかっている製品は、こちらで解除キーを公開しています。
Q14
TrueWebChart 8.0Jですが、ASPアプリケーション開発時に、検証用のサーバーを用意して動作確認したいのですが、その場合もサーバーライセンスが必要ですか?
A14
True WebChart 8.0Jでは、開発時における動作確認および評価目的においてのみ、特別な契約なしにWebサーバー上での各サーバーコンポーネントの使用を許諾しています。開発あるいは評価が完了した時点で、サーバーコンポーネントをアンインストールする必要があります。
また、実際に運用を開始する際にはサーバーライセンスが必要になります。
Q15
「LEADTOOLS for .NET 14.0J Document Imaging」・「LEADTOOLS CMW Plug-In 14.0J」・「LEADTOOLS Barcode Plug-In 14.0」を使用したいと考えています。ロイヤルティーの支払いが必要とありますが、具体的にはどのような手続きが必要になりますか?
A15
上記製品を組み込んで作成したアプリケーションを配布する場合、基本ロイヤルティー契約の締結と配布数分のロイヤルティー(使用権利にかかる料金)をお支払いいただく必要があります。
ロイヤルティー契約を締結されたユーザー様は、アプリケーション配布の有無に関わらず、一年に一度ロイヤルティーに関する報告を提出していただくことになります。