/support/database/c23752_news.htm InputManに次世代描画テクノロジーWPFの導入を表明 | グレープシティ株式会社
現在位置 : ホーム > 会社情報 > ニュースリリース > 2007〜2008年のニュースリリース > InputManに次世代描画テクノロジーWPFの導入を表明

会社関連 ニュースリリース

InputManに次世代描画テクノロジーWPFの導入を表明

−InputMan for WPF−

グレープシティ株式会社(本社:宮城県仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場直行)は、入力支援コンポーネントInputMan(インプットマン)をWPF(Windows Presentation Foundation)に対応させることを表明しました。研究・開発はGrapeCity Xian(中華人民共和国 陝西省西安)で行い、WPF開発の動向を考慮しながらベータ版の公開やリリース時期を検討する予定です。

WPFは.NET Framework 3.0で採用された次世代描画テクノロジーで、ユーザーインタフェース、2Dおよび3Dグラフィックス、ドキュメント、メディアといった描画に関連するサービスをすべて備えた統合APIで提供されます。アプリケーションの配置や外観などのデザイン設計を業務ロジックとは分離して、XAML(Extensible Application Markup Language:ザムル、ザメル)と呼ばれるXMLベースの言語で統括して制御するため、アニメーションや3Dなどの高度なグラフィックス表現でも、テキストコンテンツでも統一した構造でユーザーインタフェースデザインを行なえるのが特徴です。また、WPFはブラウザで実行するアプリケーション形態もサポートしています(XBAP)。これにより、WebとWindows、双方のアプリケーションを同じ品質とコードベースで開発できるようになります。

弊社の人気入力コンポーネントInputManはVBX、ActiveX、.NETと進化を続けるWindowsテクノロジーに追随し、ユーザービリティを向上させるさまざまな機能を追加してまいりました。そのInputManがWPFテクノロジーを搭載することで、業務アプリケーションにさらなる双方向性と柔軟性を提供し、ユーザーエクスペリエンスの可能性を広げます。

WPFを利用した機能の例
対話性の高い書式の実現

コントロール内テキストの書式を自由に設定できます。入力部分を色やフォントを変更して強調したり、動的にコントロールの形状を変えたりして、アプリケーションに視覚的な効果を与え、対話性の高い入力を実現します。

UIデザインとロジックの分離

WPFが提供するテンプレートの適用により、コントロールに対する外観を自由に変更することができます。例えば電卓コントロールのボタンの位置や色、動的な視覚効果を利用シーンに応じてテンプレート化しておけば、電卓機能を異なるデザインでさまざまな用途に利用できます。

InputMan for WPFの試作品デモをClickOnceで配布しています。
http://www.grapecity.com/japan/wpf/
※デモを実行するには、.NET Framework 3.0が必要です。.NET Framework 3.0はマイクロソフト社のサイトからダウンロードできます。

お問合せ
ツール事業部マーケティング部
E-mail : marketing.net@grapecity.com
開発元

グレープシティ株式会社

本社所在地:

宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4

電話番号:

022-777-8211

FAX番号:

022-777-8233

ホームページ:

http://www.grapecity.com/japan/

会社概要
グレープシティ株式会社
設立: 1980年5月
資本金: 9千万円
代表者名: 馬場 直行
社員数: 710名
事業所: 本社(仙台市泉区紫山 3-1-4)
関東支社(埼玉県川口市本町4-1-8)
大阪支店(大阪市北区中之島2-3-33)
名古屋営業所(名古屋市中村区名駅2-39-16)
中国、アメリカ、インド、モンゴル、オーストラリア、
ベトナム、ミャンマー、マレーシア
概要: ソフトウェア開発支援ツールの開発・販売
企業向けソリューションの提供
学校向け業務管理ソフトの開発・販売
ビデオスタジオと制作システムの提供