現在位置 : ホーム > 製品情報 > ActiveX 製品一覧 > VS-VIEW 8.0J Classic 製品仕様

製品情報

ActiveX 製品

VS-VIEW 8.0J Classic

VS-VIEW 8.0J Classic

[VSビュー]
オールラウンド文書生成&印刷コンポーネント

  • バージョン : 8.0J
  • 標準価格 : 48,300円 (本体価格:46,000円)
  • 販売形態 : ダウンロード
  • ライセンス : ランタイムフリー
製品概要
2つのエディションを揃える最新鋭の印刷&プレビューコンポーネント「VS-VIEW」がバージョンアップ。書式やレイアウト設定、表作成などの文書作成機能に、ハイパーリンクがサポートされ強力になりました。マウスおよびキーボード動作によるズーム、スクロール、ページ移動などが可能なプレビュー制御機能も備えたClassic Editionは、他の追随を許しません。さらにReporting Editionは、Classic Editionのすべての機能に加え、高性能レポートエンジンと統合型レポートデザイナを提供し、本格的なデータベースレポーティングを支援します。デザイナによって帳票のレイアウト編集を視覚的かつ直感的に行うことができ、デザインにかかる工数を大幅に短縮できます。作成したレポートは、印刷はもちろんHTML、RTF、PDF形式でのファイル出力をサポートします。
あらゆる文書作成の効率化を実現するVS-VIEWは、業務アプリケーション開発に必携のアイテムといえるでしょう。

各エディションの情報はこちらへ
VS-VIEW 8.0J Reporting Edition
主な特長
PDF、RTF、HTML形式ファイルへの出力
PDF変換コンポーネントを使用して、作成した文書をAdobe社のAcrobat Readerでの文書閲覧が可能なPDFファイルへ変換できるほか、RTF形式での出力をサポートしています。また、標準のHTML形式のほか、DHTML形式、ページ化HTML形式もサポートし、さまざまな出力形式を選択できます。

強力な文書生成機能
指定した文字列の検索や、特定領域上の文字列の取得などを行うテキスト検索機能を備えます。文字列や図形などに対する非表示タグの埋め込み機能は、ポップアップヘルプやハイパーリンクなどの実装に役立ちます。表作成には改ページをまたぐ行の操作やセルマージ、文字列の垂直表示などが便利です。

Visual C++、Internet Explorerのサポート
VBに加えVC++に対応します。プリンタ制御に関わる複雑で膨大なコーディングが不要となり、印刷処理にかかわる工数やコストの削減をもたらします。また、Webサーバーからダウンロードした文書をIE上でプレビュー、ならびに印刷することが可能です。

高度なプレビュー機能
拡大/縮小、表示モードの切り替え、ページ間の移動、および印刷の実行などをマウス操作のみで実現するナビゲーションバーを搭載します。マウスホイールによるスクロールやキーボード操作による表示制御など、プレビュー機能に対する操作性は抜群です。

VS-FlexGrid Proとの連携
PowerToolsシリーズのグリッド製品「VS-FlexGrid Pro」との連携機能を搭載します。VSFlexGridコントロールで作成した複雑なグリッドイメージの印刷が簡単に実現します。両製品ともVC++に対応するので、VC++ベースのアプリケーション開発においてもその親和性を最大限に活用できます。
新機能
ハイパーリンクのサポート
新たにハイパーリンク機能をサポートしました。VSPrinterで作成中の文書に、専用のプロパティあるいはメソッドを使って簡単にハイパーリンクテキストを埋め込むことができます。リンクテキストをクリックすると、ブラウザが起動しWebページを表示します。HTMLやPDF形式のファイル出力時にも反映されるので、ハイパーリンクを含むPDFドキュメントの作成が可能です。

PDF出力時の文書情報の追加
PDFへ出力する際、作成者、タイトル、サブタイトル、キーワードなどの文書情報を任意に設定できるようになりました。

ユーザー補助サポート
ユーザー補助(Microsoft Active Accessibility)をサポートするプロパティが備わり、エンドユーザーにやさしいアプリケーションの作成を後押しします。
主な機能
豊富な書式指定
フォントの種類、サイズ、スタイル、文字飾りや文字列の回転、文字揃え(左、中央、右、上端、下端、ベースライン)、印字開始位置など、細かい書式設定が可能です。

イメージの貼り付け
用紙上の任意の位置に、イメージ(BMP、ICO、RLE、WMF)を貼り付けることが可能です。サイズを指定することにより、拡大・縮小の指定も出来ます。

図形の描画
線、長方形、円、円弧、楕円、多角形などの図形を描画することが出来ます。ペン設定(線種、色、太さ)や塗りつぶし設定(パターン、色)も可能です。

ヘッダ・フッタの指定
印刷ドキュメントのヘッダ、フッタの指定が出来ます。それぞれ、ページ番号出力、文字配置(左、中央、右)、フォント、文字色、スタイルなどの設定が可能です。

ドキュメントの保存・読み出し
作成したドキュメントは、ディスクに保存したり、後から読み出して使うことが出来ます。生成に時間がかかり変更は頻繁に行われないドキュメント、またはユーザーへの配布を目的としたドキュメントに適しています。

オーバーレイ機能
オーバーレイ機能を用いることにより、一度作成したドキュメントに、新たに文章やイメージなどを追加することが出来ます。帳票出力や差込印刷などに威力を発揮します。

その他のレイアウト設定
マージンの設定、段組、ページ枠の表示などのページ設定のほか、インデントやタブなどの段落設定、行間ピッチ設定、英文ワードラップなど、高度なレイアウト設定のための機能が豊富です。

表の作成
一連の書式設定文字により構成されている書式情報を設定する事により、簡単に表の作成が行えます。区切り文字を含んだ文字列を設定することにより、即時に セルデータが設定されます。

セルの設定
それぞれのセルは、フォントの設定や複数行表示がセルごとに設定できるほか、行単位での背景色設定、列単位でのセル幅や文字揃えの指定が可能です。

罫線の描画
指定したペン設定(線種、色、太さ)で、罫線を描画する事が出来ます。この際、描画する罫線の位置指定や、上下、左右、セル間のそれぞれ単独で線の太さを指定する事が可能です。

ステータスの取得と設定
使用可能なプリンタ、および接続ポートの一覧を取得することが出来ます。また、接続ポートの設定、デフォルトプリンタの指定、用紙サイズ、用紙トレイの選択など、プリンタの制御がプロパティ設定で簡単に行えます。

印刷ダイアログの表示
印刷処理中であることを示す印刷ダイアログを表示することができます。ダイアログ上の表示文字列は任意に設定可能です。もちろん、独自に作成した印刷ダイアログを表示する事も可能です。

印刷機能
カラー印刷、プリンタ解像度の設定、用紙方向の設定、ユーザー定義の用紙サイズ設定、印刷部数設定、両面印刷、拡大・縮小印刷など、プリンタの性能をフルに利用した印刷処理が可能です。
※ これらの機能を使用できるかどうかは、プリンタドライバの性能にも依存します。
コントロール一覧
VSPrinterコントロール
Visual BasicのPrinterオブジェクトと置き換えることによって印刷機能を拡張し、印刷、およびプレビュー表示を柔軟、かつ容易にするプリンタ制御コントロールです。Printerオブジェクトとほぼ同等の文書作成機能に加え、表作成をはじめとする豊富な拡張機能により、見栄えのする文書の作成を支援します。

VSPDFコントロール
VSPrinterコントロールで作成した文書をAdobe Systems社のPDFファイル形式に変換するためのPDF変換コンポーネントです。プレビュー中、またはディスクに保存された文書から、PDFファイルへ簡単に変換できます。テキストや画像に対して圧縮の有効、無効を指定できるほか、Adobe Acrobat Readerによって「しおり」として表示されるブックマークを作成することも可能です。

VSDrawコントロール
図形や地図、グラフなど、複雑なイメージの作成や表示に最適なドローイングコントロールです。ペンやブラシを設定した線、長方形、円、多角形などのグラフィックや文字列を自由に描画できます。作成した描画イメージは、メタファイル形式での保存、クリップボードへのコピー、そして印刷が可能です。マウスホイール対応、文字の高さや幅の取得、リサイズ時の文字列のアスペクト比保持などをサポートします。

VSViewPortコントロール
マウスドラッグによる画面のスクロールを可能にし、サイズ設定が可能な仮想領域を提供するコンテナコントロールです。コンテナ上へは複数の子コントロールを配置できます。マウスホイールで画面のスクロールを操作できるほか、キーボードフォーカスを持つコントロールが常に表示されるよう、仮想領域を自動的にスクロールさせることも可能です。
必要システム
Visual Basic 5.0(Windows 95/98/NT 4.0)
Visual Basic 6.0(Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000/XP/Vista/7/Server 2003/Server 2008)
Visual C++ 6.0(Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000/XP/Server 2003)
Internet Explorer 5.5/6.0/7.0/8.0
※Windows 7はVisual Basic 6.0の運用環境のみに対応しています。
※Visual Basic 5.0はServicePack 3以上が必要です。
※Visual C++ 6.0はServicePack 3(Windows Server 2003ではService Pack 6)以上が必要です。
※Visual Basic 6.0はServicePack 3(Windows Vista/7/Server 2003/Server 2008ではService Pack 6)以上が必要です。
※Windows 95はServicePack 1以上が必要です。
※Windows NT 4.0はServicePack 3以上が必要です。
※すべて日本語環境です。
※Windows XP/Vista/7/Server 2003/Server 2008は32ビット(x86)のみ対応しています。
10MB以上のハードディスク空き容量
その他
バーコードコントロール(オプション)のご案内
QRコードやPDF417の2次元バーコードにも対応したバーコードコントロール「GrapeCity BarCode 2.0J」をオプションにて販売しております。JANや郵便物で使用されるカスタマバーコードなど多くのバーコード規格をサポートしており、簡単な設定でさまざまなバーコードイメージが作成できます。VS-VIEW 8.0J Classic Editionと組み合わせることで、バーコードの印刷も可能です。
オプション製品のご購入はPowerTools® BuyDirect!®
※VS-VIEW 8.0J Reporting Editionには、GrapeCity BarCode 2.0Jが同梱されています。