現在位置 : ホーム > 製品情報 > Java 製品一覧 > JProbe 8.2J 製品仕様

製品情報

Java 製品

JProbe 8.2J

JProbe 8.2J

[Jプローブ]
Javaパフォーマンスソリューション

  • バージョン : 8.2J
  • 販売形態 : パッケージ
  • 発売日 : 2010/1/27
製品概要
企業の効率的なビジネス活動の中核を担うJava EEシステムでは、機能の充実やスループットの高さに加え、安定した運用を保証する「品質」がこれまで以上に求められています。
JProbeは、Javaアプリケーションの問題を解決するパフォーマンスチューニングキットです。Performance、Memory、Coverageで構成され、コード開発直後からシステムテストレベルまで幅広い工程で利用でき、メモリリークやレスポンススピードの低下など、Javaアプリケーションの品質トラブルに対して原因特定に必要な情報を的確に提示し短期間で解決へと導きます。
主な特長
信頼性の高いシステムの構築
品質保証とプロジェクト成功のセオリーは徹底したテストです。しかし、大規模システムの開発において、テストシナリオを地道に繰り返すだけでは、仕様の変更や検証漏れによる障害の発生を完全に防ぐことは困難です。
そこで、開発の初期段階からJProbeを使用し、プログラム全体を検証していきます。深刻な問題を引き起こしかねないバグや非効率なコードを検出でき、システムの品質向上に貢献します。JProbeは、コード開発の初期段階からでも、さらにはカットオーバー後に発生した緊急対処でも利用でき、コストパフォーマンスに大変優れています。

JProbe 8.2J


トラブルへの迅速な対処
システムテストや試験運用、さらには本番運用など、差し迫ったタイミングで発生したパフォーマンスの問題には一刻も早い原因の究明と対処が求められます。経験に頼ったマニュアルチューニングや、ログファイルを使った対応では、復旧が遅れて取り返しのつかない事態になりかねません。
JProbeには、状況を正確に分析するための緻密なデータ計測と、直感的な状況把握を可能にする優れたユーザーインタフェースが備わっています。ボトルネックとなる箇所をスピーディに特定し、開発者に問題解決への道筋を即座に指し示します。
新機能
JProbe Plugins for Eclipse
Javaの開発環境として最も使用されているEclipseに、JProbeのフル機能をプラグインとして追加できます。Eclipseで開発したアプリケーションのテスト実行と同様の手順で、パフォーマンス分析が行えます。

JProbe 8.2J


JDBCコンポーネント計測
JDBCのコネクション接続、SQLステートメントの実行時間を表示する専用の画面が追加されました。システムのオーバーヘッドになりがちなデータベースアクセス処理をアプリケーション固有の処理と分離した計測が可能です。

ランタイムサマリへの表示情報の拡充
アプリケーション実行時の情報をリアルタイムに表示するランタイムサマリへの表示情報の拡充を図りました。ヒープのプール別または世代別使用状況、ガベージコレクションの実行状況とオーバーヘッド、スレッドの実行状態やデッドロックなど、アプリケーション実行時のより詳細な情報をリアルタイムでモニターできます。

計測レベルの動的変更
アプリケーション実行中に計測レベルを動的に変更する機能が追加されました。計測レベルはトリガーアクションからの変更も可能で、アプリケーションに及ぼす計測負荷を最小限に抑えられます。
主な機能
スピーディなパフォーマンス分析
パッケージやクラス、メソッド単位で計測対象を絞り込めるため、大規模なJava EEシステムであっても、モジュールを限定した効率的な診断が可能です。さらに、計測データをリアルタイムでグラフ化し、問題となるクラスやコードを直感的に把握できます。

リモート計測
Java EEアプリケーションを実行するサーバーとは別の端末から、計測データの閲覧やオペレーションを行えます。GUIを持たないUNIX環境での計測やサーバーマシンの負荷軽減に役立ちます。

主要なJava EE環境をサポート
Windows、Solaris、AIX、およびLinuxで動作する幅広いアプリケーションサーバーと64bit VMをサポート。高い信頼性を必要とするミッションクリティカルなJava EEアプリケーション開発に活用できます。

分析結果の再利用
スナップショットやカバレッジの結果をファイルに保存でき、履歴としての管理が可能です。また、HTMLやCSV形式でのファイル出力もできるため、プロジェクトの結果報告書の資料としても活用できます。

各種Java VMのサポート
Oracle、IBMなどが提供する各種Java VMに対応し、VMごとに異なるパフォーマンスを意識した、真の最適化が可能です。
動作環境
動作環境についての詳細はこちらをご覧ください。
ライセンス/価格
ライセンスおよび価格についての詳細はこちらをご覧ください。
サポート
サポートサービスについて
本製品の「開発ライセンス」と「コンカレントライセンス」には、1年間のプレミアムサポートサービスを含み、当社のテクニカルサポートがご利用いただけます。
「プロジェクトライセンス」と「コーポレートライセンス」には、契約期間に付随するサポートサービスを含み、当社のテクニカルサポートがご利用いただけます。
いずれも、サポート期間内にバージョンアップ版がリリースされた場合は無償でアップグレードできます。

サポートサービスに関する詳細はこちら
開発元
クエスト・ソフトウェア株式会社
http://japan.quest.com/
クエスト・ソフトウェア社は、アプリケーション管理の世界的なリーディングデベロッパーです。基幹アプリケーションの構築に貢献するデータベース管理・高可用性・アプリケーション管理の各ソリューションを世界中に提供しています。