/support/database/p7_390_25238_news.htm 入力コンポーネントInputMan革新的リニューアル | グレープシティ株式会社
現在位置 : ホーム > 会社情報 > ニュースリリース > 2007〜2008年のニュースリリース > 入力コンポーネントInputMan革新的リニューアル

製品発表 ニュースリリース

入力コンポーネントInputMan革新的リニューアル

InputMan for Windows Forms 5.0J

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は「InputMan for Windows Forms 5.0J(インプットマン)」を2008年3月3日に発売することを発表しました。価格は1開発ライセンスパッケージ126,000円(本体価格120,000円)、ダウンロード版113,400円(本体価格108,000円)です。

InputMan for Windows Forms 5.0Jは「入力」に関するあらゆる機能を .NETアプリケーションに付加する、まさに「入力」に特化したコントロールのセットです。何よりも日本のビジネスシステムとエンドユーザーの作業効率を第一に考えた仕様により、アーキテクチャから見直しを図り、革新的な強化を行いました。Windowsに標準装備されたテキストエディタを使用するコントロールでは「入力」のために必要な機能をすべてカバーすることはできないと考え、InputManでは独自にエディタを開発し、「入力」に最も適したコントロールとして作り上げています。

これにより、標準のテキスト系コントロールでは実現できない「罫線の利用」や、「入力フィールドごとの細かな制御」といったユーザビリティの高い機能を簡単に実装できるようになりました。さらに、パフォーマンスにおいても、コントロールの表示にかかる時間を30%以上削減しています。品質、機能、外観の美しさすべてに満足度の高い入力フォームを実現できます。

※ 同条件において前バージョンInputMan for .NET 4.0Jと比較
本バージョンにはテキスト、マスク、日付、数値といった入力用コントロールと検証コンポーネント、IME制御などの補助機能を拡張するコンポーネントを16種類収録しています。それぞれのコントロールは多彩なプロパティやメソッド、機能を豊富に備えており、驚くほど少ないコーディングで快適、かつインタラクティブな入力操作を可能にします。またVisual Studio 2008や64ビットOS、Windows Vistaといった最新のプラットフォームに対応しており、ユーザー環境の違いを気にする必要はありません。

主な新機能
あらゆる「入力」ニーズを満たす柔軟な制御
InputMan独自のテクノロジーにより、これまではコントロール単位でしか制御できなかった項目がフィールド単位で可能になりました。たとえば、操作に応じて入力中の特定領域だけをリアルタイムにハイライト表示させたり、部分的にドロップダウンリストを表示させたりできます。コントロール内へのボタンの埋め込み、入力文字と固定(リテラル)文字のそれぞれに異なるフォントや色の設定も可能です。さらにカーソル移動などのイベントを取得し、開発者独自のアクションの実装も容易に行えます。ユーザーの入力操作を妨げることなく、視認性を高め、揺れや誤入力のリスクを低減できます。

工数削減に有効なコーディングレスの検証機能
入力値を検証する4つのコンポーネントを追加しました。必須入力、範囲チェック、値比較をコンポーネントのプロパティ設定で実現できるため、工数の削減が可能です。エラーの通知も、アイコンやバルーンチップの表示、前景色や背景色の変更といった多彩なアクションをコントロールに組み込んでいるため、コーディングの必要はありません。また、この検証機能は標準コントロールに拡張することも可能。あらゆる入力に対するチェック機能を簡単に実装できます。

JIS2004に対応
JIS2004で追加されたJIS第3、第4水準文字の表示や入力のほか、サロゲートペアを適切に制御します。サロゲートペア文字を1文字として扱うか、4バイトとして扱うかの指定や、入力不可にするフィルタリング制御もプロパティを設定するだけで実現できます。さらに、検証コンポーネントを使えば、InputManを使っていない既存のアプリケーションであってもシステムの仕様変更やコーディングを行うことなく、サロゲート文字の入力を抑制する機能を簡単に追加できます。

製品の詳細はWebサイトで公開しています。
http://www.grapecity.com/japan/inputman5/

必要システム
開発環境 開発ツール : Visual Studio 2005 ※1/2008日本語版
開発言語 : Visual Basic、C#
OS※2 : Windows 2000/XP/Server 2003/Vista
運用環境 フレームワーク : .NET Framework 2.0/3.0/3.5
OS ※2 : Windows 2000/XP/Server 2003/Vista

※1 Windows Vistaで開発する場合は、Visual Studio 2005 Service Pack 1 Update for Windows Vistaを適用する必要があります。
※2 32ビット(x86)版と64ビット(x64)版に対応。ただしWindows 2000では32ビット(x86)版のみの対応です。

お問合せ
オーダーセンター
E-mail : sales@grapecity.com
開発元

グレープシティ株式会社

本社所在地:

宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4

電話番号:

022-777-8211

FAX番号:

022-777-8233

ホームページ:

http://www.grapecity.com/japan/

会社概要
グレープシティ株式会社
設立: 1980年5月
資本金: 9千万円
代表者名: 馬場 直行
社員数: 710名
事業所: 本社(仙台市泉区紫山 3-1-4)
関東支社(埼玉県川口市本町4-1-8)
大阪支店(大阪市北区中之島2-3-33)
名古屋営業所(名古屋市中村区名駅2-39-16)
中国、アメリカ、インド、モンゴル、オーストラリア、
ベトナム、ミャンマー、マレーシア
概要: ソフトウェア開発支援ツールの開発・販売
企業向けソリューションの提供
学校向け業務管理ソフトの開発・販売
ビデオスタジオと制作システムの提供