GrapeSEED

幼児英語教育ソリューションの開発、販売

事業部サイトへ


GrapeSEEDは英語のテストで良い点を取ることが目的のカリキュラムではありません。
「英語という言語でも、自分の思いを伝えることのできる子どもを育てること」
これが私たちが目指すものです。

GrapeSEEDは、子ども達が自然に英語を身につけることができる言語習得カリキュラムです。

子ども達が母語を覚えるのと同じ方法で、毎日の生活の中で繰り返し英語に触れる環境を作ることにより、自分の思いを英語で表現する力を着実に築いていける、という考えのもと設計されています。

専門家たちの知識と長年の研究、そして英語教育の現場の声から開発されました。

言語学習カリキュラム開発者と幼児言語研究者の専門知識、そして第二言語習得に関する長きにわたる研究結果と、宮城明泉学園での40年を超える英語教育の経験を結集させ開発されました。

4歳~12歳までの子どもたちが対象です。

子どもの脳に「母語の言語領域」が確立されはじめる4歳から12歳の子どもたちが、第二言語として英語を習得するためのカリキュラムです。

幼稚園でのレッスンと、ご家庭でのCDやDVDを使った取り組みで英語を習得していきます。

カリキュラムを保育の1つとして組み込むことで、毎日のように英語に触れられる環境を作ります。一般的な週1回の習い事とは異なり、子ども達が言語を習得するために必要な環境をレッスンと家庭でつくることで、子ども達は自然に英語を習得していきます。

GrapeSEEDのトレーニングを受けた英語の先生が実施します。

GrapeSEEDでレッスンを行うすべての教師を対象に、専属スタッフによる教師トレーニングを実施しています。はじめてレッスンを行う教師でも適切な指導を行えるよう、各教材の目的や教え方はマニュアル化されており、それをトレーニングを通して学んでいきます。またレッスン開始後もフォローアップのトレーニングを実施し、指導するなかで生じる疑問や問題などの解消をサポートします。

世界中の幼稚園や小学校、保育園で導入されています。

日本だけでなく、韓国、中国、ブラジル、そして英語が母国語のアメリカまで、世界16 か国570 校以上、日本では約100 校で採用されています。