社員対談

仕事と家庭を両立できる会社

男性女性関係なく、育児のための休暇を取得できる雰囲気。

T.T:
男性が育児のためにお休みをとるというのは、ほかの会社では珍しいことですよね。どういったきっかけだったのですか?
Y.O:
妻の実家が遠くてどちらの親も働いているうえ、私の親は介護でも忙しかったため、産後の妻を手伝えるのは自分しかいなかったんです。それで2人の子供が生まれたあとのそれぞれ1か月間休みをもらいました。ですが何よりの理由は、男性社員の育児休暇取得の実績があったので、言いだしやすかったということかと思います。
T.T:
里帰り出産が難しいとなると大変ですね。実は私の場合、妊娠初期の頃に体調が悪くて安静を強いられてしまって、産休どころかそれ以前に1か月ほどお休みをもらうことになってしまったんです。ちょうど製品のリリースも近くて忙しい時期だったのですが、体を大事にすることが最優先と上司に言っていただき、ものすごく精神的に救われました。有給休暇は普段から自由にとれるので、残りの有給休暇を使って経済的な負担なく対応できました。
Y.O:
それは心配でしたね、無事に生まれてよかったです。
T.T:
本当ですね。その後も短時間勤務を許可してもらい、そのまま産休に入りました。産後は保育園の待機で1年2か月ほどお休みをもらったんですが、会社の近くの保育園で空きがでて、ほかのスタッフのお子さんが入った実績もあると聞いたので、それなら安心ということで決めました。

周囲の理解と協力があってこそ。

Y.O:
私のチームは男性4人なのですが、家族の事情を話したら協力してくれるということで、スケジュールは調整すればいいと言ってもらい休みが実現しました。スケジュール調整が難しいものだけ引き継ぎ資料を作って、やりとりのある海外スタッフにも承諾してもらいました。
T.T:
人間的に温かい方が多いですよね。体調不良で周りの手助けが必要な状況になって、あらためて身にしみて感じました。休みに入る際は進行中の仕事もあったのですが、上司がほかのメンバーに配分してみなさんに協力していただいたおかげで、なんとか乗り越えることができました。

休み中も適度に会社とのつながりがあることで、
復帰への不安が解消された。

Y.O:
私は子どもが寝た後に30分ほどメールチェックの時間を作っていました。女性と違って授乳の負担はないので、夜なら比較的自由な時間を作りやすかったです。ある程度不在中の動きも見えて、復帰した後の遅れを取り戻す負担も軽減できたかと思います。お母さんは夜中に泣かれて何度も起きたりしますし、忙しくてそれどころではないですよね。
T.T:
そうですね、もう本当に余裕はなく、、、パソコンを持ち帰っていたのですが、やはり初めての子育てには苦戦して、毎日があっという間でしたので見る余裕はなかったです。復帰して勘を取り戻せるのか不安はありました。でも休み中に仕事の件で会社から連絡があった時は「自分が戻る場所があるんだ」という気持ちになってむしろ嬉しかったというか、必要とされていることを感じて復帰への励みになりましたね。

早く帰ることで作れる時間がある。
だから、普段から育児参加している男性も多い。

T.T:
ちょうど小さいお子さんがいる世代が多く、定時内にできるだけ仕事を終えようとする雰囲気があるので、普段から育児参加されている男性が多いですよね。なので復帰してからも子どもの体調不良で早退する時に「子どもが小さい頃って大変なんだよね」と理解を示す言葉をかけてもらい、気持ちがすごく楽になっています。
男性の育児休暇取得が進んだら、よりそういった理解が深まってくると思います。会社やスタッフへの感謝の気持ちも一層強まりますよね。
Y.O:
そうですね。今所属する事業部では結婚したからとか、子供が生まれたからという理由があって早く帰るようになったわけではなく、もともとそういう雰囲気があったからこそ、今も早く帰宅して家族との食事をゆっくり楽しむことができていると思います。
帰宅後の時間があると早寝早起きもできるから、朝は4時頃には起きるんです。そこからは自分の時間なので、趣味のマラソンに費やしたり自由な時間を持てています。

子どもとの貴重な時間が、視野を広げてくれた。

T.T:
現在はGrapeSEEDという幼児向け英語カリキュラムのシステム開発を担当しているので、仕事で幼稚園に見学に行ったりすることもあります。自分にも子どもができたことで、仕事にもプライベートにも新しい見方ができるようになって、興味深いことの連続ですね。
Y.O:
私は2度の休みで、育児や家事の大変さを実感しました。家にいると次から次とやることがあり一日があっという間に過ぎてしまいますね。家族への理解も深くなったと思っています。そして、1番のメリットは子どもが小さい時に一緒に遊ぶ時間をたくさん持てたということです。男親として本当に貴重な経験だったと思います。だからみなさんにもぜひ、こういった機会を活用してほしいですね。