レーザー 学校会計 Ver. 9.0

仕訳入力から決算業務まで。学校法人会計基準に準拠


1983年のデビュー以来、3,000校を超える導入実績を持つレーザー〈学校会計〉システム。
学校法人会計に詳しくなくても、学校会計特有の伝票入力や計算書の作成を可能にしました。

レーザー〈学校会計〉の特長

やさしい操作で伝票入力

学校法人会計に詳しくなくても、簿記の基礎知識があれば伝票入力が可能。
マスター参照や定型仕訳、過去伝票のコピーなど様々な入力支援機能をご用意。素早く簡単に伝票入力ができます。


入力ミスをすばやく解決

入力ミスを見つけた際に、その仕訳伝票を表示して修正できる「ズームイン機能」を搭載。試算表→元帳→伝票にズームインすることで、ミスをすばやく解決できます。


マスター使用権限の設定

システム上で利用できる部門や支払先などのマスターに対する操作権限を、運用者(入力者)ごとに制御できます。複数の運用者(入力者)で入力処理を行っている学園の業務の混乱、入力トラブルを防止します。


充実したオプション製品

さまざまな運営形態に対応できるよう、オプション製品も充実。レーザー〈学校会計〉システムと組み合わせることでさらなる業務効率化につながります。



業務効率化の課題は、レーザー〈学校会計〉で解決

仕訳作業は毎日のことだから、
もっと快適に行いたい。

伝票入力画面はお使いのパソコンサイズにあわせて自在に拡大/縮小が可能。また入力画面を表示したまま、年度や伝票種類を切り替えて引き続き入力が行えます。

行政提出用書類の作成をもっと楽に。

提出用の計算書類や予算書類は、レーザープリンタで印刷してそのまま提出。所轄官庁の指定様式にあわせた細かい書式設定も可能です。

理事会用の資料作成に、
会計システムのデータを利用したい。

帳票などのデータはすべてテキストファイル形式の出力が可能です。出力後Excelで2次加工し、さまざまな場面で活用できます。

消費税額の処理を手間なく行いたい。

課税方式を設定しておけば、ワンクリックで計算処理ができます。期中に設定を変更してもシステムが自動で再計算し、正しい金額を導きます。

毎月、複数部門をまたぐ
按分処理に苦労しています。

配分管理オプションなら、部門や教育経費と管理経費の按分を完全自動化。ワンクリックで時間をかけることなく処理ができます。

業者への支払いと管理を
もっと効率化したい。

支払管理オプションなら、仕訳入力だけで業者ごとの未払い額、支払い額などの管理が可能に。さらに全銀協フォーマットに対応した振込みデータを作成し、それと同時に支払仕訳を自動生成します。

部所予算の残高確認は
すばやく行いたい。

部所予算管理・目的別予算管理オプションなら、部所別、学課別、プロジェクト別など、細かい単位での予算申請から積み上げが可能です。仕訳データを利用し、予算執行状況をリアルタイムで確認できます。

支出伺データは予算残高を
確認しながら入力したい。

内部予算執行管理オプションなら、入力した申請額を仮計上し、リアルタイムで予算執行状況を把握できます。入力時点で予算超過の監視ができるため、超過執行の心配がありません。

離れたキャンパスと法人本部間で、
仕訳データを簡単に共有したい。

他校データ送付オプションなら、ワンクリックで離れた拠点の仕訳データを法人本部に取り込めます。必要な情報のみを抽出でき、読み込みもワンクリックで完了します。

財務状況を常に把握し、
経営判断に役立てたい。

財務分析オプションなら、過去や将来を含めた財務状況、生徒数や人件費の変動を加味した財務分析帳票をあらゆる角度から出力でき、学園の経営判断を支援します。