レーザー 学校会計 Ver. 9.0

仕訳入力から決算業務まで。学校法人会計基準に準拠


1983年のデビュー以来、3,000校を超える導入実績を持つレーザー〈学校会計〉システム。
学校法人会計に詳しくなくても、学校会計特有の伝票入力や計算書の作成を可能にしました。

レーザー〈学校会計〉Ver. 9.0 新機能

仕訳入力画面を全面改修

① ポップアップ&フルスクリーンの入力画面を実現
伝票の入力画面のみを、ポップアップでシステム前面に表示できます。これにより、お使いのパソコンのモニタサイズに合わせて入力画面を大きく表示することができます。

② 伝票入力画面で年度や伝票種類の切り替えが可能に
伝票入力画面を表示したまま、年度や伝票種類(振替、入金、出金、未払)を切り替えて伝票入力を続けて行えます。決算時の年度をまたぐ入力の際など、仕訳表示画面に逐一戻ることなく効率のよい入力ができます。また他年度の仕訳を複製し、保存することもできます。

画面を自由に拡大/縮小

仕訳入力画面のサイズを拡大できるため、小さくて見えにくかった科目や金額も大きく見やすいサイズになり、仕訳入力の作業効率がアップします。


他年度の仕訳複製、定型仕訳の複製

表示している仕訳伝票をほかの年度に新規複製し保存することができます。また、定型仕訳の複製も可能になりました。



新オプションも登場

内部予算執行管理 オプション

購入伺・支出伺の申請処理をシステム化し、予算の申請段階の執行状況をリアルタイムで把握できます。
これにより予算台帳の管理が不要になり、伺データから仕訳伝票を生成できます。

● 主な機能

  • 伺データを入力しながら予算残高を確認
  • 学園独自の様式に対応
  • 実績参照
  • 予算執行伺一覧

全製品共通

フォントサイズが調整可能に

システムを利用していて、文字が見づらいと思ったことはありませんか?
レーザーシステムVer. 9.0では、文字(フォント)サイズを3段階に調節が可能になりました。


すべての帳票をPDFファイルへ出力

帳票から直接PDFへデータ化し、メールやネットワークでやりとりすることで、用紙も時間も短縮。枚数の多い計算書類などを印刷してFAXする手間を解消しました。


ホーム画面でのメニュー検索が可能に

ホーム画面で、メニューを探して迷ったことはありませんか?メニュー名の一部を入力すると検索結果が一覧表示できるようにしました。検索結果から直接処理画面へ移動できます。


カスタマイズ性の高い新しいホーム画面

使い慣れたこれまでのホーム画面と、
新しいホーム画面、いずれかを選択できます。

今までのホーム画面に加え、画面構成をより自由にカスタマイズできる新しいスタイルのホーム画面をご用意。

  • メニューをグループ分け
    日常処理、マスター処理のしやすいメニューの分類
  • グループ名や色を自由に編集
    グループのパネルカラー、名前は自由に編集可能
  • ドラッグ&ドロップでメニュー配置
    メニューをクリックしたまま移動し移動先で離すだけでグループ間を移動

最新技術で構築したクラウドサーバーで、
より高い堅牢性とセキュリティを実現

サーバーにかかる負荷を常にチェックし、負荷が集中する時期でも最高のパフォーマンスを引き出せるよう処理能力を自動的に調整します。