私学共済業務に対応した理想的な学校給与システム

ベストセラーを誇るレーザーの学校給与システム。
その経験から知り得た私立学校のニーズをふんだんに取り入れ、私学共済業務に対応した理想的な学校給与システムを実現しました。柔軟性のある給与・賞与処理と充実のオプションを搭載し給与業務の強力なパートナーとして成長したシステムです。

Logo: Windows8 Logo: Windows7


柔軟性のある給与体系と支払方法

支給、控除項目を自由に組み合わせて給与体系を構成できます。
また、金額はもとより、数値、支給月、百分率を登録し、表計算感覚で設定できます。

複数の支払日、振込み先を設定

所属や職種によって、毎月の給与の支払日が異なる場合には、支払日を複数登録し適当な支払日を選択できます。
給与・賞与の振込みは、各職員の希望に沿った銀行、郵便局の複数口座へ振り込むことも可能です。

前月の支給金額を今月の支給額計算へ活かす

前月の支給額をもとに時間単価を求め、前月分の残業手当を今月に支給するなど、一ヶ月前の支給額を給与計算に利用できます。

給与体系は無制限に登録

支給・控除項目、計算式といった給与・賞与を支給する体系が、所属や、職種などで様々に変化する場合、その各体系をテンプレートとして登録します。
柔軟性を持った給与体系をテンプレートとして無制限に登録できます。

私学共済業務に対応

標準給与基礎届書、標準給与改定届書、賞与等支給報告書の作業業務が簡素化されます。
各届書を私学共済事業団の指定する様式で印刷、またはFD、CD-Rといった磁気媒体仕様で作成し、提出することができます。

児童手当拠出金の簡単算出

毎月の給与処理をおこなうことで、児童手当拠出金の計算と集計は、システムが自動的におこないます。

給与データを独自の帳票へ

「ユーザー定義帳票」では、各職員のシステムに登録されている職員情報や給与データを自由に選択し、独自の帳票が作成できます。
また、「テキストファイル出力」を利用し、データをテキストファイル形式で書き出し、他表計算ソフトなどで自由に加工し、活用することができます。給与データの利用範囲が広がります。

複雑な年末調整処理も簡素化

年末調整に必要な年間給与総額、所得税額などは、自動集計され、さらに職員ごとの扶養控除等の申告書や、保険料控除等申告書のデータを入力するだけで、還付、徴収所得税額が自動的に計算されます。また、所轄税務署や各自治体に提出を要する「源泉徴収票」(給与支払報告書)を簡単に印刷できます。

労働保険料の自動計算

労働保険料の確定保険料、概算保険料の算定基礎となる賃金額を給与データより自動集計し、納付額を算出します。保険料申告書の作成は、システムで算出された結果を転記するだけで完了します。