Home >

導入実績

導入事例

学校法人古川学園 様

リーフレットダウンロード

給与明細書の電子化で作業効率UP!

導入製品: 〈学校給与〉 Ver. 9.0 電子明細オプション

学校法人古川学園 様

はじめに
~古川学園中学校・高等学校のご紹介~

昭和29年、古川商業専修学校として創立され、その後古川商業高等学校に改称し、古商(ふるしょう)の愛称で親しまれてきました。この商業高校としての歴史、その中で培われたノウハウは現在の教育の中にも活かされ、「進学にも就職にも強い古川学園」と言われる基礎となっています。また女子バレーボール部が全国制覇を成し遂げた強豪校として、全国にその名を知られるところとなりました。さらには平成10年、初の東京大学現役合格者を輩出し、名実ともに文武両道を体現する高校に成長。その伝統の中で培われた「努力は才能を超える」という信念は、現在にも受け継がれています。

学校法人古川学園

インタビューにご協力いただいた方:事務長 伊藤 広樹 様

早速ですが、2012年2月よりご利用いただいている電子明細オプションの導入のきっかけを教えてください。

グレープシティからのDM(ダイレクトメール)でリリースされたのを知り、費用対効果と効率化を勘案した結果、導入を決定しました。

先生、職員の方全員が、電子明細へ切り替えられたのでしょうか?

いいえ、一部「同意書」の提出がなかったり、校内ではなく自宅のPCで受信したいなど、反応はさまざまで、すべての職員が電子明細で受け取っている訳ではありません。専用用紙での配布も残っております。

電子明細の導入に関して、一番苦労された点を教えてください。

個人情報保護の観点から「同意書」を全職員へ配布・回収しましたが、非常勤講師など出勤にばらつきがあり、回収に少々の手間がかかりました。

実際に利用してみての担当者様のご感想をお聞かせください。

非常勤講師は出勤日や時間が一律ではないため、明細書を手渡すタイミングや郵送の手間、明細書の封入作業など、大幅に作業時間を削減することに成功しました。設定もメールアドレスと電子明細区分の指定だけで、紙と電子明細の混在運用も簡単です。

導入後の職員、先生方の反応はいかがでしょうか?

おおむね良好のようです。また、PCだけでなく 、スマートフォン以外の携帯電話でも受信したいとの要望があります。

よろしければ導入後の費用対効果を教えてください。

全職員のうち75%以上の職員から同意を得て運用しています。費用対効果としては、以前は半日の封入作業が約半分の時間になりました。導入後は大幅な時間の節約に繋がっていると強く実感します。また、これを機会に給与に関する業務フローの見直しができ、業務の効率化ができたと思います。

どのような運用形態を採用されていますか?

学内LANが充実しているため、給与システムのC/S版を導入していますので、電子明細書(PDF)も学内ネットワークで設置している各職員のアカウントや個人のメールアドレスへ送付しています。

■ システム構成 ■

古川学園様の場合、C/S型で、メールサーバーはホスティングによる運用形態を採用されています。
電子明細オプションは、給与システムがC/S型でもクラウド型でも、メールサーバーが外部(Hotmail)の場合でも運用可能です。

学校法人古川学園様の場合、C/S型を採用


導入事例一覧に戻る