Home >

導入実績

導入事例

学校法人上田学園 様

リーフレットダウンロード

ボタン1つで明細書を一括送信。紙と電子明細書の混在も簡単!

導入製品: 〈学校給与〉 Ver. 9.0 電子明細オプション

学校法人上田学園 様
上田安子服飾専門学校

学校法人上田学園 様
大阪総合デザイン専門学校

はじめに
~学校法人上田学園のご紹介~

1941年の開校以来70年以上もの間、一流のクリエーターを生み出し続けてきました。
生活環境やライフスタイルが時代とともに多様化していくなか、クリエーターには、豊かな表現力と柔軟な応用力、さらに多角的な視点が求められます。本学園は、基礎教育を徹底し、感性・知性・技術をバランスよく備えたスペシャリストを育成すると同時に、ジェネラリストとしての資質を伸ばしてゆく教育を行っています。

学校法人上田学園

インタビューにご協力いただいた方:総務・財経部 給与システムご担当者様

2012年3月よりご利用いただいている電子明細オプションの導入のきっかけを教えてください。

グレープシティからのDM(ダイレクトメール)でリリースされたのを知り、担当営業の方に連絡、学園の環境でも運用が可能であることを確認できたので、導入を決定しました。

先生、職員の方全員が、電子明細へ切り替えられたのでしょうか?

まずは専任教職員のみ先行して導入し、非常勤教職員も順次導入していく計画でおります。それによって業務効率が一段とアップすると予測しています。

電子明細の導入に関して、一番苦労された点を教えてください。

教職員に対する導入の説明が一番大変だったように思います。専用用紙での希望者も一部おりましたが、最終的には、すべての専任教職員から書面にて同意を得ました。

実際に利用してみての担当者様のご感想をお聞かせください。

ボタン1つで送信できるのが便利ですね。設定は、メールアドレスとパスワードのみで済むので、とても簡単でした。
今後、非常勤教職員への導入が進めば、もっと効率が良くなるものと思っています。

導入後の先生、職員の方の反応はいかがでしょうか?

電子明細のPDFファイルは、学内だけでなく自宅でも見ることができるので便利だという声がありました。一部の教職員からは、やはり専用用紙でも確認したいとの要望が出ましたが、紙と電子明細の混在運用も簡単にできましたので、おおむね満足しております。

よろしければ導入後の費用対効果を教えてください。

明細書を手渡すタイミングや郵送の手間などを考慮すると、時間的な節約につながっていると感じます。今後、学園全体への導入を広げていく計画です。

どのような運用形態を採用されていますか?

給与システムはC/S型を導入しており、電子メールについては、各教職員をGoogleのアカウントに登録して利用しています。

■ システム構成 ■

上田学園様の場合、C/S型で、メールサーバーはホスティングによる運用形態を採用されています。
電子明細オプションは、給与システムがC/S型でもクラウド型でも、メールサーバーが外部の場合でも運用可能です。

上田学園様の場合、C/S型を採用


導入事例一覧に戻る