Home >

What's New

What's New

【お知らせ】

学校会計8.5 消費税率改正対応についてのご案内(2)

2014/02/05

平素よりレーザーシステムをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
消費税率引き上げに伴う学校会計システムでの対応をお知らせいたします。
先日お知らせしました内容に追加情報がございますので、再度ご案内いたします。


【対応内容】
  1. 消費税区分マスターに、8%及び10%の消費税区分を追加
    ※ 10%の区分については「使用停止」の状態で提供いたしますので、ご利用いただけません。
  2. 勘定科目マスターに登録のある旧消費税区分(5%)を、新消費税区分(8%)に一括変更する機能を追加
  3. 入力済みの仕訳や定型仕訳の消費税区分を一括変更する機能を追加(元帳メニュー)
  4. 消費税申告用資料画面、各種帳票に新消費税区分欄を追加

消費税率改正に伴うシステムの対応予定内容をご用意いたしましたので、
会員サポートページよりご覧ください。


<会員サポートベージ掲載資料>
[LH_会計8.5]消費税8%対応予定内容.pdf
[LH_会計8.5]消費税マスター追加予定内容(本則課税用).pdf
[LH_会計8.5]消費税マスター追加予定内容(簡易課税用).pdf


【プログラム更新について】

 ◆ クラウド版(インターネット版)をご利用のお客様
  2014年3月23日(日)にプログラムを更新いたします。
  3月24日から最新プログラムをご利用いただけます。

 ◆ C/S版(学内版)をご利用のお客様
  2014年3月23日頃に更新CDの発送を予定しています。
  プログラム更新後には「機能操作説明書 」をご用意いたしますので、
  会員サポートページよりご覧ください。


ご注意:
消費税区分マスターに、新しい消費税区分をプログラムの更新とともに自動的に追加します。
追加される消費税区分には各帳票へ集計される種別、申告用資料上の計算へも組み込まれて
おりますので、プログラムの更新前に消費税区分マスターへの追加登録はしないようお願い
いたします。
すでに8%の取引が発生している場合、上記プログラムの提供までは消費税区分を空欄とするか、
既存の5%の消費税区分で仕訳し、プログラム更新後に上記3の機能を使って8%の消費税区分
に変更してください。

新しくご提供するマスターの消費税区分の一括変更機能(上記2)は、勘定科目マスターの編集
権限が必要になります。また、元帳メニューによる仕訳・定型仕訳の一括変更機能(上記3)は、
新規機能の権限が個別に設定されますので、権限の付与が必要になります。



What's Newのトップへ