2017/05/22:製品情報
InputManとPlusPakなどがセット
になったコンポーネントを発表
<p>2017年7月26日に、これまで単体製品として販売していた .NET用コンポーネントを組み合わせたセット製品を発売します。<br /><br />セット製品として発売するのは、2種類のWindowsフォーム用コンポーネント「InputManPlus for Windows Forms 10.0J(インプットマンプラス)」、「MultiRowPlus for Windows Forms 10.0J(マルチロウプラス)」および、1種類のASP.NET用コンポーネント「InputManPlus for ASP.NET」の合計3製品です。</p><div class=website>本件に関する詳細はニュース・リリースでご覧ください。<br /><a class=linkmark href=http://www.grapecity.com/tools/aboutus/newsreleasedetail/225>ニュース・リリースを見る</a></div>

2017年7月26日に、これまで単体製品として販売していた .NET用コンポーネントを組み合わせたセット製品を発売します。

セット製品として発売するのは、2種類のWindowsフォーム用コンポーネント「InputManPlus for Windows Forms 10.0J(インプットマンプラス)」、「MultiRowPlus for Windows Forms 10.0J(マルチロウプラス)」および、1種類のASP.NET用コンポーネント「InputManPlus for ASP.NET」の合計3製品です。

本件に関する詳細はニュース・リリースでご覧ください。
ニュース・リリースを見る
2017/05/17:お知らせ
ComponentOne Studio、Wijmo
、Xuniの新バージョンリリース!
<p>業務アプリケーション開発に便利なコンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne Studio」「Wijmo(ウィジモ)」「Xuni(ズーニー)」の 新バージョン2017J v1 を2017年5月17日(水)にリリースしました。</p><p>今回は、ComponentOne Studioにガントチャートコントロール「GanttView(ガントビュー)【WPF】」や1レコード複数行グリッド「MultiRow(マルチロウ)【ASP.NET MVC】」を追加するなど、各製品ともにお客さまのニーズに合わせた新しいコンポーネントの追加や機能強化を図っています。</p><ul> <li><a class=linkmark target=_blank href=http://c1.grapecity.com/superpages/superpages/release-2017j-v1/><span class=neww>[ComponentOne専用サイト]-[リリース情報]はこちら</span></a></li> <li><a class=linkmark target=_blank href=http://c1.grapecity.com/superpages/newsrelease/#c1studio2017jv1><span class=neww>[ComponentOne専用サイト]-[ニュースリリース]はこちら</span></a></li></ul>

業務アプリケーション開発に便利なコンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne Studio」「Wijmo(ウィジモ)」「Xuni(ズーニー)」の 新バージョン2017J v1 を2017年5月17日(水)にリリースしました。

今回は、ComponentOne Studioにガントチャートコントロール「GanttView(ガントビュー)【WPF】」や1レコード複数行グリッド「MultiRow(マルチロウ)【ASP.NET MVC】」を追加するなど、各製品ともにお客さまのニーズに合わせた新しいコンポーネントの追加や機能強化を図っています。

2017/05/12:イベント
Excel業務改善を本気で考えるカンフ
ァレンス「Forguncy MeetUP...
<p>6月7日(水)に御茶ノ水ソラシティにて、Excel業務改善を本気で考える上で、ExcelライクにWebシステムを開発できる「Forguncy(フォーガンシー)」がどのような役割を果たすのかを、ユーザー様、パートナー様とのセッションを交えて紹介するカンファレンスを開催します。<br />Forguncyのパワーユーザーである、「NTTデータ先端技術株式会社」様と弊社のSIパートナーの「エス・ビー・エス」様による対談形式のディスカッションやユーザー様事例、最新の技術情報に加え、軽食付きの交流会も予定しています。Excel業務のシステム化やExcel帳票の置き換え先などをご検討の方はぜひご来場下さい。</p><p><a class=linkmark href=http://www.grapecity.com/tools/aboutus/events#forguncy_meetup2017>Forguncy カンファレンスの詳細はこちら</a></p>

6月7日(水)に御茶ノ水ソラシティにて、Excel業務改善を本気で考える上で、ExcelライクにWebシステムを開発できる「Forguncy(フォーガンシー)」がどのような役割を果たすのかを、ユーザー様、パートナー様とのセッションを交えて紹介するカンファレンスを開催します。
Forguncyのパワーユーザーである、「NTTデータ先端技術株式会社」様と弊社のSIパートナーの「エス・ビー・エス」様による対談形式のディスカッションやユーザー様事例、最新の技術情報に加え、軽食付きの交流会も予定しています。Excel業務のシステム化やExcel帳票の置き換え先などをご検討の方はぜひご来場下さい。

Forguncy カンファレンスの詳細はこちら

2017/05/12:製品情報
SPREAD for Windows Forms 10.
0J/ASP.NET 10.0Jのサービス...
<p>[ダウンロード]-[アップデート]コーナーに「SPREAD for Windows Forms 10.0J」「SPREAD for ASP.NET 10.0J」のサービスパック(SP1)を公開しました。アップデートの内容はリリースノートの更新履歴でご確認いただけます。</p><ul> <li><a href=http://www.grapecity.com/tools/downloads/update#221 class=linkmark>[ダウンロード]-[アップデート]はこちら</a></li></ul>

[ダウンロード]-[アップデート]コーナーに「SPREAD for Windows Forms 10.0J」「SPREAD for ASP.NET 10.0J」のサービスパック(SP1)を公開しました。アップデートの内容はリリースノートの更新履歴でご確認いただけます。

2017/05/08:おしらせ
SpreadJSが住友電工システム株式会
社の「楽々Framework3」で採...
<p>グレープシティでは、住友電工情報システム株式会社と連携し、SpreadJSが住友電工情報システムの「楽々Framework3」に採用されたことを発表しました。</p><ul> <li><a class=linkmark href=http://www.grapecity.com/tools/aboutus/newsreleasedetail/223 target=_blank>ニュースリリースはこちら</a></li></ul>

グレープシティでは、住友電工情報システム株式会社と連携し、SpreadJSが住友電工情報システムの「楽々Framework3」に採用されたことを発表しました。

2017/05/12:アップデート公開
SPREAD for ASP.NET 10.0Jのサ
ービスパックを公開
2017/05/12: アップデート公開
SPREAD for Windows Forms 10.
0Jのサービスパックを公開
2012/08/29:アップデート公開
ActiveReports for .NET 6.0Jのサ
ービスパックを公開
2012/07/17:アップデートモジュール
Elixir Report 8.4J/7.7Jのアップ
デートモジュールを公開
2012/06/22:住所ファイルを更新
InputMan Pro 7.0J/6.5Jの住所デ
ータファイルを更新

導入事例:お客様からの声を公開中

グレープシティ製品をご利用頂いているお客様から、導入のポイントや活用中の製品機能についてお話を伺いました。
(最新:ヤフー株式会社 様)

あらゆる開発にこれ1つ。- コンポーネントワン -

Windowsデスクトップ/UWP、ASP.NET、JavaScript、Xamarinなど、各プラットフォーム要件に応えた多機能なコンポーネントを数多く収録した「ComponentOne」。

GrapeCity for Salesforce

バーコード自由自在。Salesforce用コンポーネントを発売

Salesforceプラットフォーム上のデータをバーコード化できるコンポーネントをリリースしました。QRコードやJANコードなど20以上の規格に対応しています。

メールマガジン「PowerNews」ご購読者様へ

ご登録メールアドレスの流出に関するご報告

Visual Studio 2017対応情報

.NET製品のVisual Studio 2017への対応予定についてお知らせします。

VB6から .NETへの移行

ActiveX製品から .NET製品への移行に関する情報です。

このページの先頭へ