Home > 会社情報 > ニュースリリース

ニュースリリース

一覧に戻る

“エクセル名人”ツール上位版は基幹システムと連携可能

Forguncy Pro/Forguncy Update 1


グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、Microsoft Excel®の操作性を再現することでWebアプリを簡単に開発できるソフトウェアForguncy®(フォーガンシー)の上位エディション「Forguncy Pro(フォーガンシー プロ)」を2015年2月16日(月)に発売します。1開発ライセンス価格は税別 119,800円(税込 129,384円)です

Excel感覚でWebアプリを開発できるForguncyの第一弾として2014年10月に発売した「Forguncy」は一般企業の情報システム部門社員や、職場に1人はいると言われる“エクセル名人”をターゲットにした製品で、簡単なアプリケーションの内製化に適したエディションです。
今回発売する「Forguncy Pro」は「Forguncy」のすべての機能に加えて、外部データベースへの接続機能や、JavaScriptを使ったカスタマイズ機能をもつため、より幅広い業務アプリケーションの開発、開発者による高度な開発にも対応できる上位エディションです。

「Forguncy Pro」は、稼働中の基幹システムのデータを、外部データベースとして接続したサブシステムを簡単に構築できます。通常、基幹システムの改修はコストやリスクの観点から見送られがちで、「全社の業績システムから支店の売上情報を抜き出した月次レポートを作成したい」、「顧客システム内のデータに独自の指標を追加して管理したい」といった要望が現場から上がっても、手作業のExcel業務で運用を続けている ケースが多く見られます。基幹システムに格納されているデータを業務要件に合わせて利活用したいというニーズがある場合、クラウドではなくオンプレミス(社内ネットワーク上)に配置し、基幹システムが使用するデータベースと簡単に連携できる「Forguncy Pro」で作るサブシステムは最適です。
「Forguncy」同様、Excel感覚でWebアプリを作成できるため、外部データベースとの接続やデータ連結、複雑な入力制御はプロの開発者に委託し、ページのデザインや改修、項目の追加だけ業務担当者が行うといった協働体制での短期開発も「Forguncy Pro」なら実現できます

画像「Excelライクにページデザインでき外部DBと接続可能なForguncy Pro」Excel感覚でページデザインでき、外部データベースと接続可能なForguncy Pro

また、今回の「Forguncy Pro」発売と同時に「Forguncy」の初回アップデートを行います。新機能として、ワークフロー機能、システム運用に欠かせないForguncyの内部データベースやユーザーアカウントのバックアップ/復元機能などを追加します。アプリケーション作成例として使用できる製品テンプレート種も8種新たに追加します。

※Forguncyの開発ライセンスをお持ちのユーザーは、Forguncy Update 1を無料でインストールできます。

Forguncy Pro/Forguncy Update 1の詳細情報は専用サイトをご覧ください
[Forguncy専用サイト]-[Forguncyからのお知らせ]

 
Forguncy Pro(フォーガンシー プロ)の機能

「Forguncy Pro」には「Forguncy」のすべての機能に加えて、外部データベースへの接続機能や、JavaScriptを使ったカスタマイズ機能があるため、高度なアプリケーションの作成にも対応できます。

外部データベースへの接続機能
Forguncyの内部データベースの他に、Microsoft SQL ServerまたはOracle Databaseをデータソースとして利用できます。稼働中の社内システムにあるデータを活用したい場合などに、外部データベースの接続機能を使えば、Forguncy上で必要なデータの参照やデータの追加、更新が行えるようになります。
また、Forguncyの内部テーブルと外部データベースのテーブルとの間にリレーションシップを設定してテーブルを結合することができます。新たなデータ項目をテーブルに追加したいといった場合でも、稼働中の社内システムのデータベースに変更を加えることなく対応が可能です。

※データベースシステムは、Microsoft SQL ServerとOracle Database の2つをサポートしています。
(更新はMicrosoft SQL Serverのみ)

画像「外部データベースと接続しデータソースを利用」Forguncy Proでは基幹システムなどの外部データベースとの連携機能を提供 。リレーションシップを設定してテーブルを結合することも可能。

JavaScriptを使ったカスタマイズ
JavaScriptを使ってForguncyで作成したアプリケーションに、カスタムのクライアントスクリプトを組み込むことができます。 ボタンのClickイベントやページロード時に独自の機能を実装することができるため、あるボタンが押されるまでは、入力項目を無効にしておきたいといった詳細な要件にも対応できます。JavaScriptはページにJSファイルを組み込む方法と、ボタンなどのコマンドにスクリプトを記述する2つの方法が用意されています。
また、Web APIを使えばForguncy内部のデータベースやリンクしている外部のデータベースにアクセスできます。JavaScriptで直接データの参照や更新といった処理が行うことも可能です。

Forguncy Update 1/Forguncy Pro共通の新機能

ワークフロー機能、Forguncyデータベースやユーザーアカウントのバックアップ/復元機能などを新機能として追加します。

ワークフロー機能
ワークフローシステムを構築するためのワークフロー機能を提供します。Forguncyでのワークフローは、状態とプロセスと呼ばれる2つの定義により行います。決裁ルートの分岐や棄却処理などもこの2つの定義で視覚的に設定できます。それぞれのプロセスでの担当者区分(上司1、上司2、経理など)もユーザー属性で自由に設定できるため、複雑な業務手順に対応することも可能です。

画像「ワークフロ機能」
参考情報

Forguncyなんでも相談会(2015年3月6日より隔週で定期開催予定)
Forguncyの導入を検討しているお客様を対象とした無料相談会を定期開催します。作りたいアプリのイメージから、Forguncyの使い方、開発サポート企業まで、なんでも気軽にご相談いただけます。
Forguncyなんでも相談会の詳細はこちら

テクニカルサポート無償期間(期間:2015年2月16日~2015年5月29日)
期間中はサポートインシデントを消費せずに無償でテクニカルサポートご利用いただけます。
(対象:Forguncy/Forguncy Proの開発ライセンスを購入し、インシデントキー申請を行ったユーザー)
テクニカルサポート無償期間の詳細はこちら


開発元

グレープシティ株式会社

所在地 :

宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4

電話番号 :

022-777-8210

Fax番号 :

ホームページ :

http://www.grapecity.com/tools/

このページの先頭へ