Home > 会社情報 > ニュースリリース

ニュースリリース

一覧に戻る

AWSなど幅広い運用環境で多規格のバーコードを生成

JBarCode 3.0J


グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、Amazon Web Service(Amazon EC2)などのクラウドサービスも含む幅広い環境でさまざまな規格のバーコードを生成できるJavaコンポーネント「JBarCode 3.0J」を2013年9月6日に発売します。1開発ライセンス価格は63,000円(5%税込)。JBarCodeを組み込んだアプリケーションを配布する場合には別途運用ライセンスが必要です。

画像「バーコード規格の学習に時間をかけず手軽にデザイン」

「JBarCode」はバーコード生成機能を少ない工数でJavaシステムに組み込むことができるライブラリです。多様なバーコード規格のサポートとカスタマイズの柔軟性で航空会社の発券システムや大手運輸業の配送システムなど、さまざまな業務アプリケーションに採用されており、安定した実績を挙げています。

最新バージョンとなる「JBarCode 3.0J」は、国際標準の「GS1 データバー」のすべての規格をサポートしました。GS1(国際標準化機関:本部ベルギー)では2014年までに誰でもがGS1 データバーを使ってGTINや追加属性情報を表示して、どこへ出荷してもよい方針を定めています。そのため、すべてのサプライチェーン関係者にGS1 データバーの読み取りや少なくとも国際標準の商品識別コード(GTIN)の処理ができるよう呼びかけています。

「JBarCode 3.0J」は、GS1 データバーはもちろんのことGTIN対応のJANやUPCもサポート、その他にもData Matrix、QRコードなど20種類以上ものバーコードシンボルを出力できます。バーコードの設計はデザイナから視覚的に行うことができ、規格やサイズなどを画面上で指定するだけ。JSPカスタムタグやJSPスクリプトレットといったコード出力機能により、システムへの組み込みも容易です。

また、最近ではクラウドサービスやタブレットと連携するなどの運用も増えています。「JBarCode 3.0J」はAmazon Web Service(Amazon EC2)やWindows Azureといったクラウドサービスに対応しているOSであれば問題なく利用できるため幅広い運用環境で安心してご利用いただけます。

「JBarCode 3.0J」の機能の詳細はWebサイトで公開しています
[製品情報]-[JBarCode 3.0J]はこちら

JBarCode 3.0Jの特長

さまざまなバーコード規格に対応
国際標準規格のGS1 データバーの全規格、QRコード、公共料金の支払いで便利なコンビニバーコード、郵便バーコードなどさまざまな種類のバーコード規格に対応しています。

画像「GS1 データバーの全規格をサポート」
GS1 データバーの全規格をサポート

バーコード規格の学習に時間をかけず手軽にデザイン
バーコード種やシンボルの幅と高さ、色、解像度、チェックデジット、クワイエットゾーンなどを指定できる豊富なプロパティを用意しています。GUIデザイナではグラフィカルな操作で、これらのプロパティに簡単に値をセットできます。プレビュー機能も備えているため微調整も容易です。また、設定した値からServlet、JSPカスタムタグ、JSPスクリプトレット、スタンドアロンの4種類のJavaプログラムのソースコードを自動生成します。開発者のコーディング負担を軽減し短期間でバーコード機能を実装できます。

画像「GUIデザイナでグラフィカルにバーコードを設計」
GUIデザイナでグラフィカルにバーコードを設計

AWSなどのクラウドサービスを含む幅広い運用環境に対応
WindowsはもちろんのことSolaris、AIX、Red Hat Linuxなど多様なOSでの動作保証とテクニカルサポートを提供しています。また、Amazon Web Service(AWS)やWindows Azureなどのクラウドで動作するOS上での利用に最適な月額課金のクラウドライセンスも用意しています。 さらに、待機系サーバーでの運用は通常サーバーのライセンス価格の半分になるなど運用環境に適した多様なライセンス体系によりランニングコストを大幅に削減することが可能です。

日本市場のニーズを満たす高品質バーコード
バーコードの位置やサイズ、メッセージのフォント指定、回転といった調整が容易です。日本の帳票システムにおける、細やかなレイアウト要求を満たす高品質バーコードを生成できます。また、国産アプリケーションサーバーでの動作検証を積極的に行っています。製品ヘルプ、購入後のサポートもすべて日本語で提供し日本の開発者を支援します。

「JBarCode 3.0J」の機能の詳細はWebサイトで公開しています
[製品情報]-[JBarCode 3.0J]はこちら

必要システム
サーバー環境 OS Windows Vista/7/8(デスクトップ)/Server 2003/Server 2008/
Server 2008 R2/Server 2012(x86/x64)
Solaris 9/10(UltraSPARC)
AIX 6.1/7.1(POWER)
Red Hat Enterprise Linux 5.x/6.x(x86/x64)
Java環境 ・32bit VM
JDK 6.0/7.0
・64bit VM
JDK 6.0/7.0
アプリケーションサーバー Apache Tomcat 6.x/7.x
IBM WebSphere Application Server 7.0/8.0/8.5
Oracle WebLogic Server 11g/12c
日立 uCosminexus Application Server Version V8/V8.5/V9
富士通 Interstage Application Server V10/V11
クライアント環境 OS Windows Vista/7/8(デスクトップ)(x86/x64)
デザイナが動作するOS Windows Vista/7/8(デスクトップ)(x86/x64)

開発元

グレープシティ株式会社

所在地 :

宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4

電話番号 :

022-777-8210

Fax番号 :

ホームページ :

http://www.grapecity.com/tools/

このページの先頭へ