Home > 会社情報 > ニュースリリース

ニュースリリース

一覧に戻る

IPv6対応 メールとファイル転送の通信コンポーネント

Secure iNetSuite for .NET 4.0J


グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、IPv6およびWindows 8、Visual Studio 2012などの新環境に対応したメール送受信コンポーネントとファイル転送コンポーネントを収録したスイート製品「Secure iNetSuite for .NET 4.0J」を2013年9月18日に発売します。ダウンロード版のみの販売で1開発ライセンス価格は131,250円(5%税込み)です。本製品を組み込んで開発したWebアプリケーションを運用する場合は、別途コアサーバーライセンスが必要です。なお、両コンポーネントは単体販売も行う予定で、それぞれの価格は下記のとおりです。

製品名 機能 1開発ライセンス価格(5%税込み)
Secure Mail for .NET4.0J IPv6対応メール送受信 99,750円
Secure FTP for .NET 4.0J IPv6対応ファイル転送 78,750円
Secure iNetSuite for .NET 4.0J 上記2製品を収録 131,250円

公衆Wi-FiやLTEといった通信インフラの拡充とモバイルデバイスの普及、各種Webサービスによりアプリケーション全般がインターネットの利用を前提として開発されるようになっています。こうした流れはオフィス環境内だけで利用されることの多かった ビジネス向けの .NETアプリにも影響を与えています。特にメールの送受信やファイル転送などはオフィスの外からでも安全かつ自由に行えるような機能が求められています。

この度発売する新バージョンの「Secure iNetSuite for .NET 4.0J」は堅牢なセキュリティと柔軟な通信機能を備えたIPv6対応の .NET用通信コンポーネントのセットです。
メール送受信コンポーネントはSMTPとPOP3によるメールの送受信、IMAP4でのサーバー上のメールボックス操作、添付ファイルの処理などメールアプリ開発に欠かせない機能を提供します。新バージョンではGmailやHotmail(Outlook.com)、iPhone、AndroidなどWeb・モバイルアプリメールへの対応を強化。セキュリティ強化に有効なSSL、S/MIMEにも対応しています。

ファイル転送コンポーネントは、自動圧縮通信による高い通信パフォーマンスを発揮するMODE Zに対応。ファイル情報のカプセル化や複数ファイルの一括処理など使い勝手の良さを追求しています。両コンポーネントとも同期・非同期通信を共通ロジックで行えるプログラミングモデルを提供。Windows 8、Server 2012、Visual Studio 2012といった最新環境をサポートしており幅広い環境で利用できます。

Secure iNetSuite for .NET 4.0Jの機能詳細はWebサイトで公開しています。
[製品情報]-[Secure iNetSuite for .NET 4.0J]はこちら

Secure iNetSuite for .NET 4.0Jの特長

IPv6およびセキュリティ強化に有効なSSLに対応したメール送受信やファイル転送などのネットワーク通信アプリケーションを作成できるコンポーネントのセット製品です。電子メールでメッセージを交換するSMTP、POP3、IMAP4プロトコルの利用による通信プログラムおよび、大容量のファイルをコンピュータ間で受け渡しするFTPを少ない工数で開発できます。

画像「S/MIMEの動作イメージ」

SSLやS/MIMEに対応したセキュアなコンポーネント
通常のファイル転送やメール送受信などのインターネット通信では、認証パスワード、メール本文などすべてのデータがそのままの状態でネット上を流れます。Secure iNetSuiteのコンポーネントはSSLに対応しているため、サーバーとクライアント間の通信が暗号化され、重要な情報が漏えいするのを回避します。また、S/MIMEに対応したメールの暗号化やデジタル署名付きのメールがメソッドひとつで作成でき、セキュアなメール送受信を実現します。

実用的な非同期処理と一貫性のあるプログラミングモデル
Secure iNetSuiteに含まれるコンポーネントは、同期型および非同期型の動作をサポートします。実用性の高い非同期処理の実装方法を採用し、同期型と非同期型で使用するメソッドやイベントを共通化。同期型と非同期型で同一のロジックで通信処理を実現でき、一貫性のある分かりやすいプログラミングモデルを提供します。たとえば、コーディングが簡単な同期型で動作を確認しパフォーマンスに優れた非同期型で製品化するなど、開発作業を効率良く進めることが可能です。

IPv6に対応
IPv4アドレスの新規割り当てが終了し、現在はIPv6の利用が進んでいます。Secure iNetSuiteでは従来のIPv4に加え、IPv6アドレスでのインターネット接続に対応。どちらのIPアドレスに対しても各種の通信処理を実装できます。

文字化けしないメール送受信
日本語で記述されたメール本文や件名は通常はJIS(ISO-2022-JP)やShift_JISなどの文字コードでエンコードされて送受信されます。Secure Mailではこれらの日本語文字コードに対応しているので、適切に処理します。また、新たに搭載されたEncodingMap機能では .NET Frameworkが認識できない文字コード名が指定されたメールに .NETがサポートしているコード名を関連付けることができます。例えば、iOSのメールアプリでは文字コードがCharset-cp932という名称で送信されることがあり、メールアプリによっては文字化けを起こすことが知られていますが、EncodingMapを利用すれば、Shift_JISにマッピングできるため問題なく表示できます。

MODE Zによる圧縮通信でパフォーマンスアップ
ファイル転送コンポーネントでは、通信時にその都度ユーザーが圧縮・解凍する必要のないMODE Zに対応。通信速度の向上に貢献します。

ファイルタイプ 圧縮比率
テキストファイル 15~20%
HTMLファイル 25~30%
メディアファイル 90~95%

Secure iNetSuite for .NET 4.0Jの機能詳細はWebサイトで公開しています。
[製品情報]-[Secure iNetSuite for .NET 4.0J]はこちら

必要システム
開発環境 OS Windows 7/8/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012
開発ツール Visual Studio 2010/2012
開発言語 Visual Basic、C#
運用環境
Windowsフォーム/WPFアプリケーション
OS Windows 7/8/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012
フレームワーク .NET Framework 4/4 Client Profile/4.5
運用環境
ASP.NETアプリケーション
OS Windows 7/8/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012
フレームワーク .NET Framework 4/4.5
Webサーバー Internet Information Services
クライアントブラウザ Internet Explorer 8/9/10

開発元

米国Dart Communications社

所在地 :

421 Broad Street, Suite 9 Utica, NY 13501

電話番号 :

315-339-8040

Fax番号 :

315-339-8041

ホームページ :

http://www.dart.com/

このページの先頭へ