Home > 会社情報 > ニュースリリース

ニュースリリース

一覧に戻る

HTML5でもExcelライクなWebアプリが簡単に!

Wijmo 2013J v3 「SpreadJS」が追加


グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、JavaScript UIライブラリ集「Wijmo(ウィジモ)」の新製品「Wijmo Enterprise 2013v3(ウィジモ エンタープライズ)」を2014年1月30日より発売しました。
本製品は、既存製品「Wijmo Professional (ウィジモ プロフェッショナル)」にExcelライクな操作性と機能を持った「SpreadJS(スプレッドJS)」ウィジェットが加わったトータルパッケージ製品です。「SpreadJS」の他にも、日本の業務アプリケーション開発に最適化された機能をもつ多くのウィジェットが収録されています。
※ウィジェット…JavaScriptで作られたコントロール部品

画像「SpreadJS」
 

今回新たに追加したウィジェット「SpreadJS」は、Excelと同等の操作性と機能をWebアプリケーションで実現させる、包括的なHTML5スプレッドシートコンポーネントです。当社が20年にわたり販売している、表計算グリッドコンポーネント「SPREAD(スプレッド)」で培った技術を活かして開発されており、データのフィルタリング、数式や関数、条件付き書式、多彩な外観設定など、データグリッドとして非常に多くの機能を備えています。

また「SpreadJS」の拡張機能として、開発生産性と使いやすさをさらに向上させるGUIデザイナ「SpreadJSデザイナ」とExcel入出力機能「ExcelIOサービス」を収録した「Optional Pack for Wijmo Enterprise」も用意しています。Wijmoシリーズはサブスクリプション方式で販売しており、「Wijmo Enterprise」で初期費用が90,000円(税別)、1年単位の更新料が36,000円(税別)です。

製品名 初期費用 更新料
Wijmo Professional 55,000円 22,000円
Wijmo Enterprise(NEW) 90,000円 36,000円
Optional Pack for Wijmo Enterprise(NEW) 25,000円 10,000円

※価格はすべて税別
※Wijmo Professional、Wijmo Enterprise はオープンソースライセンスとしても利用可

Wijmo(ウィジモ)について
画像「Wijmo Professional 2013Jアイコン」

WijmoはフロントエンドでHTML5対応のリッチUIを提供するJavaScriptライブラリ集です。データグリッド、チャート、スケジュールなどの幅広いカテゴリを網羅し、jQuery UIの標準ウィジェットよりも高度な機能を提供します。日本では2013年5月より発売を開始し、今回は2回目のメジャーバージョンアップとなります。

 

高機能ウィジェット集
データグリッドやチャートといった高度なウィジェットを40種類以上も収録しています。各ウィジェットはブラウザだけで動作できるためサーバー側の処理を必要としません。そのため、PHPやJava、ASP.NETのような、サーバー側フレームワークに依存せずにリッチなUIを開発できます。

jQueryベースの開発が可能
WijmoはHTML5/JavaScript/CSS3などWeb標準技術をもとにjQueryをベースに作られました。そのためjQueryの知識をそのまま開発に活かすことができ、習得までの初期コストが低く導入しやすい製品です。jQueryプラグインやAngular、Knockoutといったライブラリとの相性も抜群です。

モバイル開発にも最適化するウィジェット
Wijmoはモバイル開発もサポートしています。パソコン用ページとモバイル用ページの両方の環境を、同じウィジェットを使用して開発できます。各ウィジェットは、jQuery Mobile環境またはjQuery UI環境に自動的に適応します。WijmoはjQuery Mobileの開発に役立つツールとして、jQuery Mobileの公式Webサイトにも紹介されています。

価値あるサポート
Wijmoは他の当社製品と同じく、テクニカルサポートがユーザー特典として付きます。サブスクリプション契約期間中は何度でもメールによる問い合わせが可能なため、疑問によって開発速度を低下させることなく、安心して開発できます。

画像「各デバイスに最適化されたアプリ開発」
各デバイスに最適化されたWebアプリケーションを開発できます
 
2013J v3の新機能

Excelライクなグリッド操作を提供する「SpreadJS」を追加するとともに、日本仕様に特化した入力機能の追加やグリッド機能の強化などを行い、日本の業務アプリケーション開発に最適化しています。

高性能HTML5スプレッドシート「SpreadJS」
当社が20年に渡り販売している「SPREAD」(スプレッド:表計算グリッドコンポーネント)で評価を得ている機能を、包括的なHTML5スプレッドシートウィジェット「SpreadJS」として開発しました。ソートやフィルタリングのUI、320種類以上の数式、スパークラインや条件付き書式によるデータの視覚化など、Excelと同等の操作性と機能をWebアプリケーションで実現できます。

「SpreadJS」の各機能はオンラインデモでお試しいただけます
「SpreadJS」オンラインデモ

<Optional Pack for Wijmo Enterprise>
スプレッドシートを短時間で簡単に設計するためのGUI デザイナツール「SpreadJS デザイナ」と、Excel ファイル-「SpreadJS」間でのインポートおよびエクスポートを相互に行うための「ExcelIOサービス」が利用できる、「Wijmo Enterprise」用のオプションパックです。

SpreadJSデザイナ 「SpreadJS」スプレッドシートのレイアウトや形式を独自に設計できる スタンドアロンアプリケーション。デザイナを利用することで簡単に「Spre adJS」フォームを作成でき、コードを記述することなく、スプレッドシート への条件付き書式の設定やスパークラインの追加などが行えます。
ExcelIOサービス サーバー上で稼働し、「SpreadJS」とMicrosoft Excel文書のインポー ト・エクスポートを可能にするサービス・ソフトウェアです。
画像「ExcelIOサービス」
 

入力系ウィジェットの機能強化
和暦表記やバイト単位での文字数制御といった細部の入力操作をオプション設定のみで実装可能とする機能を追加し、より日本の業務アプリケーションに最適化しています。

画像「日本の業務アプリに最適化した入力系ウィジェット」

AMDのサポート
本製品のすべてのウィジェットと依存関係は、モジュールとして提供されおり、RequireJSをAMD(Asynchronous Module Definition)ローダーとして使用することで、プログラマが依存関係を管理することなく、個々のウィジェットを簡単に使用できます。 また、クライアントにダウンロードされるファイルのサイズを最小限に留めることができます。

グリッドの機能強化(行編集、コマンドボタン、パフォーマンス)
ユーザーから要望の多かった行全体の編集機能、コマンドボタンを追加しました。さらに表示している行のデータだけを非同期に読み込む仮想モード機能を有効にすることで、サーバーとの通信量を最適化しパフォーマンスを大きく向上できます。

Bootstrapのサポート
Bootstrapは、Webアプリケーションを作成するための、洗練された設計によるCSSフレームワークです。 Wijmoの外観はjQuery UI同様ThemeRoller を利用できますが、オプションのUIデザインライブラリとしてBootstrapも完全サポートしています

機能詳細および必要システムなどは、Wijmo専用サイトをご確認ください
Wijmo専用サイト


開発元

グレープシティ株式会社

所在地 :

宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4

電話番号 :

022-777-8210

Fax番号 :

ホームページ :

http://www.grapecity.com/tools/

このページの先頭へ