Home > 会社情報 > ニュースリリース

ニュースリリース

一覧に戻る

Windowsフォームアプリを1 操作でタッチ対応に

ComponentOne Studio for WinFormsに「TouchToolkit」を追加


グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、アプリケーショ ンの開発に便利なコンポーネントを数多く収録したスイート製品ComponentOne Studio(コンポーネントワン スタジオ)の新バージョン2014J v2 を2014 年9 月16 日(火)に発売します。
Windowsフォームアプリケーション開発用スイート「ComponentOne Studio for WinForms」には、タッチ操作対応ズーム機能コンポーネント「TouchToolkit(タッチツールキット)」が追加されます。Visual Studioのツールボックスから「TouchToolkit」の収録コントロールをドラッグ&ドロップするという1 操作だけで、タッチ対応 OSとタッチ非対応OSの両方で快適に操作できるズーム機能などをアプリケーションに実装できます。
ComponentOne Studioシリーズはサブスクリプション方式で販売しており、初回費用は「ComponentOne Studio Enterprise」で162,000 円、「ComponentOne Studio for WinForms」単体エディションでは108,000円(税込)です。1年単位の更新費用はそれぞれ初回費用の40%となります。

※価格はすべて税込です。
※「TouchToolkit」を使用して開発したアプリケーションを配布する場合は別途ランタイムライセンスが必要です。

Windows 8 の発売以降、PC 市場はタッチ操作のタブレットスタイルと、キーボード入力のノートPCスタイルを1台で両立できるハイブリッドPCの普及が進んでいます。それに伴い、これまでのアプリケーションをタッチ対応アプリケーションに変更したいという要望も増えていますが、すべてのアプリケーションを最初から開発し直すのは大変です。今回「ComponentOne Studio for WinForms」に追加される新コンポーネント「TouchToolkit」は、収録コントロールをアプリケーションにドラッグ&ドロップで追加しビルドするだけでタッチ対応アプリケーションに必要な機能を実装します。従来の画面レイアウトを崩さずに拡大/縮小やズーム、タッチ時の拡大鏡などの機能が使用できるようになるため、新規開発はもちろん、既存のアプリケーションを継続運用する一方で最低限のタッチ対応は行いたいという場合にも最適です。

「TouchToolkit」は、サブスクリプション形式で販売している「ComponentOne Studio for WinForms」に新たに追加するコンポーネントです。サブスクリプションサービスの契約期間内であれば、最新のリリースを自由にダウンロードしてご利用いただけます。ComponentOne製品は年3回のメジャーリリースがあり、常に最新の開発環境やテクノロジーに対応しています。今回の「TouchToolkit」の追加のように、今後もユーザーに求められる機能を製品に随時追加していきます。

「TouchToolkit」の詳細は専用サイトでご確認ください。
[ComponentOne専用サイト]-[新着ニュース]はこちら

(参考情報)
「TouchToolkit」コンポーネントの同機能は「MultiTouch for Windows Forms」として単体製品でも販売しています。「MultiTouch for Windows Forms」の詳細は特設サイトでご確認ください。
[MultiTouch特設サイト]はこちら

 
新コンポーネント「TouchToolkit」の特長

ドラッグ&ドロップ操作だけでアプリケーション全体がタッチ対応に
「TouchToolkit」の使い方はとても簡単。.NETフレームワークの標準コントロール、もしくは「ComponentOne Studio for WinForms」を使用して開発したアプリケーションに「TouchToolkit」のコントロールを追加する1 操作でタッチ対応アプリケーションに生まれ変わります。もちろんタッチ対応に変更しても、これまで通りにマウスやキーボード操作でも使用できるため、あらゆるユーザー、OSにとって使いやすいアプリケーションとして運用可能です。

画像「VS上の1操作でタッチ対応に」
Visual Studio上の1操作でタッチ対応アプリケーションに生まれ変わる

マウスでもタッチでも画面を拡大できるアプリケーションに
PC のディスプレイが高精細になり画面が小型化している近年、タッチ対応OS、従来の非タッチのOSに関わらず「画面を拡大して文字をや入力フォームを大きく表示させたい」という要望が高まっています。「TouchToolkit」をアプリケーションに追加してビルドすると、実行時にアプリケーションのウィンドウサイズに追従して画面全体を拡大したり縮小したりできるようになります。アプリケーションのレイアウトを一切変更する必要がないため、最少工数で画面拡大機能を実装できます。

画像「見やすい大きさに拡大」
マウスでもタッチでもユーザーが自分の見やすい大きさに拡大できます

快適なタッチ操作をサポートする機能が充実
「TouchToolkit」には「C1Magnify」、「C1ApplicationZoom」、「C1Zoom」、「C1ZoomPanel」、「C1ZoomCommandsProvider」、「C1MultiScaleImage」、「C1TouchEventProvider」の7 つのコントロールが収録されており、ピンチズーム、スワイプ、パンウィンドウ、拡大鏡といったタッチデバイス特有の操作をサポートできます。

画像「拡大鏡とパンウィンドウ」
拡大鏡とパンウィンドウ
(参考情報)
ComponentOne Studio for WinFormsには今回の新バージョンで追加した「TouchTooikit」の他にもタッチ操作に適したコンポーネントが収録されています。「TileControl」「RadialMenu」をともに使用すれば、よりタッチ操作に適したWindowsフォームアプリケーションを簡単に作成できます。
画像「タイルメニューとラジアルメニュー」
(画像左から)タイルメニュー、ラジアルメニュー
 
2014J v2における各エディションの主な新機能
ComponentOne Studio for WinForms
新コンポーネント「TouchToolkit」 タッチ操作に対応するための機能
ComponentOne Studio for ASP.NET Wijmo
新コンポーネント「Sparkline」 グリッドのセル内やダッシュボードで使用される小さなグラフ
新コンポーネント「FlipCard」 表と裏の両面で情報を整理できるコンテナコンポーネント
新コンポーネント「SiteMap」 サイトマップを自由なレイアウトで簡単に作成するための機能
新コンポーネント「FileExplorer」 Windowsのエクスプローラーと同様の機能、UIや操作感を、Webアプリケーションで実現
新コンポーネント「BinaryImage」 データベースにあるバイナリデータを画像として表示
近似曲線のサポート チャートコントロールでデータを分析する近似曲線の機能をサポート
Excel、PDF、画像ファイルへの出力 グリッドコントロールでExcel やPDF ファイルへの出力機能、ならびにチャートコントロールで画像やPDF ファイルへの出力機能
ComponentOne Studio for WPF/ComponentOne Studio for Silverlight
新コンポーネント「RadialMenu」 放射状に展開する円形のメニューで、タッチ操作に適したインタフェース
ComponentOne Studio for WinRT XAML
新コンポーネント「Scheduler」 Windows 8 のカレンダーのようなUI、機能
オフラインでの
マップ表示
オンラインソースの代わりにベクターレイヤーを使用して、KML(Keyhole Markup Language)ファイルから提供されるマップやMicrosoft Bing Mapsを表示

ComponentOne Studio 2014J v2の新機能の詳細は専用サイトをご確認ください。
[ComponentOne専用サイト]-[新着ニュース]はこちら


開発元

グレープシティ株式会社

所在地 :

宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4

電話番号 :

022-777-8210

Fax番号 :

ホームページ :

http://www.grapecity.com/tools/

このページの先頭へ