Home > 会社情報 > ニュースリリース

ニュースリリース

一覧に戻る

日本のあらゆる帳票を美しく効率的に開発する

ActiveReports for .NET 9.0J:HTML5ビューワはじめ各種新機能を追加


グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、帳票開発ツールActiveReports for .NET(アクティブレポート)の新バージョン「ActiveReports for .NET 9.0J」を2015年2月25日(水)に発売します。1開発ライセンス価格はProfessionalが302,400円(8%税込)、機能をしぼったStandardが172,800円(8%税込)です。

画像「ActiveReports for .NET 9.0Jイメージ画像」

ActiveReports for .NETは、Visual Studio上で帳票アプリケーションを開発できる .NET Frameworkコンポーネントで、レイアウトや書式といった外観デザインの設定からデータ接続、印刷およびPDF出力設定まで、帳票開発に必要なあらゆる機能を備えています。
1998年の発売以来、日本の帳票開発現場の要求に応え、外字への対応、デザイナの機能向上、エンドユーザーデザイナの提供と機能を次々に実装してきました。

新バージョンとなる9.0Jでは、マルチブラウザ、マルチデバイスで帳票を表示できる専用のHTML5ビューワが収録されます。HTML5ビューワは既存のASP.NET専用のビューワがサポートするInternet Explorerでの閲覧に加え、ChromeとSafari for iOS(iPad/iPhone)での閲覧もサポートもするため、近年普及が進むタブレットを含めた幅広いブラウザ、デバイスでの利用が可能です。運用サーバーも従来の物理サーバーに加えて、Microsoft AzureやAmazon EC2といったクラウド仮想マシンも新たにサポートするため、利用者の環境に合わせて運用形態を選択できるようになります。

レポートデザインに関しても、9.0Jからは3種類のデザイン方式を使い分けが可能です。セクション単位でデザインを行うレポート形式「セクションレポート」、WYSIWYGデザイナを使ってページごとにレイアウトできる「ページレポート」に加えて、複数データソースを使用し自由にレイアウトできる「RDLレポート」を追加。閲覧性に優れたダッシュボードなどのレポート作成にも対応できるようになります。

また、Service Pack 1では「ActiveReports 9.0J Server」を新機能として追加する予定です。ActiveReportsで開発した帳票の管理・運用環境を手軽に構築できるため、帳票開発から運用までをトータルでサポートする帳票開発・運用ツールとしてさらなる進化を遂げます。

ActiveReports for .NET 9.0Jの詳細は弊社Webサイトをご確認ください。
[製品情報]-[ActiveReports for .NET 9.0J]はこちら

 
ActiveReports for .NET 9.0Jの主な新機能

マルチブラウザで使用できるHTML5ビューワ(Professionalのみ)
従来のWindowsフォーム、ASP.NET、WPF専用のビューワに加えて、JQueryウィジェットとして動作するHTML5ビューワを追加しました。HTML5ビューワでは、Internet Explorerに加えて、新たにChromeおよびSafari for iOS(iPad/iPhone)での閲覧をサポートします。ActiveReports1つでマルチプラットフォーム、マルチブラウザ、マルチデバイスに対応する帳票開発が可能なため、ユーザーの利用環境に合わせて最適な帳票を開発できます。

画像「HTML5ビューワ」
マルチブラウザで使用できるHTML5ビューワ。ユーザーインターフェースは閲覧するデバイスに合わせてAPIで切り替えることが可能です。

 

複数のレイヤーを使用してレポートをデザイン
レポートデザイナ上に複数のレイヤーを作成し、各レイヤー上にレポートコントロールを配置できます。デザイン時にはレイヤーの表示/非表示や透明度設定ができ、実行時にはレイヤーごとに出力先を設定 することが可能です。プレ印字用紙に合わせた帳票開発などを、従来の手法と比較して半分以下の工数で効率的に行うことができます。

スキャンした画像を背景レイヤーに設定し、その上にレポートコントロールを配置しレイアウト作成
画像「レイヤー機能:レポートデザイナ」
レポートデザイナ(背景レイヤーに設定)
画像「レイヤー機能:プレ印字の用紙」
プレ印字の用紙
プレビュー時はデータとプレ印字の用紙(レイアウト枠線)を合わせて表示し、印刷時はデータのみプリンタ出力
画像「レイヤー機能:プレビュー時」
プレビュー(データ+レイアウト)
画像「レイヤー機能:印刷データ」
印刷データ

 

RDLレポートを追加:複数データソースを使用した帳票作成が可能
セクション単位でデザインを行うレポート形式「セクションレポート」、WYSIWYGデザイナを使ってページごとにレイアウトできる「ページレポート」に加えて、複数データソースを使用した閲覧性に優れた帳票を手軽に作成できる「RDLレポート」を新たに追加しました。「RDLレポート」はRDL 2005 に準拠しており、SQL Server Reporting Services によく似たデザイン方式を提供します。フリーレイアウトのデザイナで、複数のデータソースから必要な情報を自由に配置できるため、ダッシュボードなどのレポート作成にも最適です。

画像「RDLレポート」
複数のデータソースを1つのレポートに表示する
ダッシュボードにも最適なRDLレポート
画像「Mapコントロール」
RDLレポートの追加に合わせ、データの閲覧性を向上させる2つのコントロール(Mapコントロール、TableOfContentsコントロール)を追加(Professionalのみ)
3つのデザイン形式を持つ帳票コンポーネントであるActiveReportsを使えば、あらゆる帳票を効率よく短時間で作成できます。Webサイトでは3つのデザイン方式の詳細について技術資料を公開しています。

 

3つの帳票デザイン形式の成り立ちや詳しい機能についての技術資料を公開中。
技術資料:3つのデザイン方式を使い分ける

レイアウト精度を向上させたエクセル出力
ページレポートおよびRDLレポート専用のExcelエクスポート(描画拡張機能)を追加しました。Excelファイルに出力する際、もとのレポートのレイアウトを忠実に再現します。

画像「WebCharts3Dチャート」
(左より)プレビュー時、従来のExcelエクスポート、9.0Jで追加した新しいExcelエクスポート

 

Service Pack 1でサーバー製品「ActiveReports 9.0J Server」を提供予定(Professionalのみ)
ActiveReportsで作成した帳票の運用・管理に特化したサーバー製品「ActiveReports 9.0J Server」をService Pack 1で提供します。製品をWebサーバー(Internet Information Services )にインストールするだけで、別途コーディングやプログラミングを行うことなく帳票運用環境を構築でき、ユーザーはWebブラウザを通じて帳票の表示・印刷、他ファイル形式への保存、スケジューリング実行などの機能を手軽に利用できます。 これまで帳票開発コンポーネントとして帳票開発市場で定評のあったActiveReportsは、運用・管理に特化したサーバー製品「ActiveReports 9.0J Server」を新機能として追加することで、開発から運用までトータルで日本の帳票環境をサポートする製品へと進化を遂げます。

ActiveReports 9.0J Serverの詳細は特設サイトで公開しています。
特設サイト:ActiveReports帳票の運用管理

必要システム

運用サーバーとして物理サーバーに加えて、クラウド仮想マシン(Microsoft Azure Virtual Machines、Amazon EC2)を新たにサポートします。新機能として追加したHTML5ビューワではInternet Explorerに加えて、ChromeとSafari for iOS(iPad/iPhone)での閲覧もサポートします。 また、2015年にリリースが見込まれるWindows 10などについても新バージョン9.0Jでは迅速に対応していく予定です。

必要システムの詳細は弊社Webサイトでご確認ください。
[製品情報]-[ActiveReports for .NET 9.0J]-[必要システム]はこちら

バージョンアップライセンスについて

新バージョン9.0Jの発売とともに、バージョンアップライセンスの取り扱いを開始します。特定の旧バージョン製品(ActiveReports for .NET 7.0J/6.0J)をお持ちの方を対象とした、通常よりも安価なライセンスです。ダイレクト販売(グレープシティ専用窓口)、流通各社にてお求めいただけます。

バージョンアップライセンスの詳細
[製品のご購入]-[ライセンス]-[バージョンアップライセンス]はこちら


開発元

グレープシティ株式会社

所在地 :

宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4

電話番号 :

022-777-8210

Fax番号 :

ホームページ :

http://www.grapecity.com/tools/

このページの先頭へ