Home > 会社情報 > ニュースリリース

ニュースリリース

一覧に戻る

スマートグラスにも対応。Web標準技術で ARアプリを開発できる「Wikitude」販売開始

Wikitude SDK/Wikitude Studio(ウィキチュード)


画像:Wikitudeのイメージ

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は2015年10月20日にHTML/JavaScript/CSSなどのWeb標準技術でAR(拡張現実)アプリを開発できる「Wikitude SDK」および、ブラウザ上でARコンテンツを簡単に作成するクラウドサービス「Wikitude Studio」、大規模AR開発用ソリューション「Wikitude Cloud Recognition」と「Wikitude Targets API」を発売します。

SDKのライセンス価格はiOSまたはAndroidで1アプリを開発/配布できる「SDK Lite」で112,000円(税別)。そのほか、開発できるアプリケーションの数やデバイスの種類により複数のライセンス体系を用意しています。


このページの先頭へ