Home > 会社情報 > ニュースリリース

ニュースリリース

一覧に戻る

マーカーレス型ARにも対応するAR開発用SDK

Wikitude SDK 6[ウィキチュード SDK 6]発売


グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、2017年4月12日にAR(拡張現実)アプリ開発用SDKのWikitude(ウィキチュード)の新バージョン「Wikitude SDK 6」を発売いたします。SDK 6では、SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術により空間そのものをトラッキングするマーカーレス型ARに対応。これにより、画像認識型、ロケーションベース型、マーカーレス型の3タイプのARアプリを自由に開発することができます。

VR/AR市場はGoogle Tango projectやMicrosoft HoloLens、といった次世代型ウェアラブルデバイスの話題性の影響もあり、主にゲームやエンターテインメントで活性化していますが、いざ、スマートフォンやタブレットなどで実践的なARアプリを開発しようとすると手段は限られています。

その点、WikitudeはiOS/Androidアプリ用に高度なARエンジンをSDKとして提供するため、既存のモバイルアプリにさまざまなAR機能を自由に組み込むことができます。ARはモバイルデバイスのカメラから得た風景映像に3Dモデルや動画、画像といったデジタルコンテンツを重ねる技術ですが、大きく分けると画像を認識するもの、場所を認識するもの、空間そのものをリアルタイムで認識するものの3つのタイプがあります。新バージョンのWikitude SDK 6はこれらの3タイプのARをすべてサポートしているため、あらゆるARニーズにこたえることができます

画像「」

WikitudeサイトでWikitude SDK 6についてのニュースリリースを詳しく見る


開発元

Wikitude GmbH

所在地 :

Schrannengasse 6 5020 Salzburg Austria

電話番号 :

Fax番号 :

ホームページ :

http://www.wikitude.com

このページの先頭へ