ActiveReports for .NET

画像「選ばれ続けて17年、累計販売ライセンス75,000本」 画像「新バージョン 11.0J 発売」

製品資料をダウンロードできます

ここがスゴイ!!と言われるActiveReportsの特長を10項目で紹介する製品紹介資料を公開しています。

今すぐ製品資料を入手する

開発者・ユーザーが選び続ける3つの理由


スピーディな帳票開発

使いやすいレポートデザイナ

ActiveReportsが長年にわたり日本の帳票開発市場の中で支持されている理由としてまず挙げられるのが、使いやすいレポートデザイナです。デザイナはVisual Studio上で起動し、帳票設計用コントロールを自由に配置できます。直感的に操作できるデザイナにより、外観設計にかかる時間を大幅に短縮できます。

画像「直観的に操作できるデザイナ」
ActiveReportsデザイナの主な特長
  • デザイナがVisual Studioに統合されているため、アプリケーション本体とシームレスに帳票デザインを行えます。
  • プレビュー機能により、最終的な出力を確認しながらのデザインが可能です。
  • スナップライン、ガイドライン、均等割付、パディング、デザイナの拡大/縮小、パンモードを使って、よりきめ細かなレイアウトを作成できます。
  • レイヤーを使用して、既存のレポートをスキャンした画像を背景にして、トレースしながらのデザインが可能です(ページレポート/RDLレポートのみ)。

3つのデザイン方式 ~ 帳票タイプにあわせて選択可能 ~

ActiveReportsは、「セクションレポート」、「ページレポート」、「RDLレポート」の3種類のレポートデザイン方式を採用しています。帳票タイプに合わせ3つのレポート形式を使い分けることで、日本の帳票開発に求められる生産性と柔軟性を満たすことが可能です。

  • セクションレポート

    大量データの一覧として出力する帳票、データを繰り返し表示する帳票に最適です。開発者が使い慣れているVB.NETやC#で帳票を柔軟に設計できます。
  • ページレポート

    印刷結果とまったく同じレイアウトで帳票をデザインできるため、項目の配置が複雑な帳票に最適です。WYSIWYGデザイナにより直感的にデザインできます。
  • RDLレポート

    データソースの異なるテーブルやグラフを自由に配置するレポートに最適です。
    セクションの出力位置やページの用紙サイズといったレイアウト上の制約を意識することなく、自由にレポートコントロールをレイアウトできます。

技術資料で3つのレポート形式の特徴を見る(PDF形式)

画像「セクションレポート、ページレポート、RDLレポートの3種類のレポートデザイン方式を説明した図」

豊富なコントロール(1) ~ 複雑なレイアウトも実現 ~

クロス集計表などにありがちな複雑にセル結合された一覧表の出力に対応します。従来の帳票では沢山の線やテキストボックスといったオブジェクトをズレなく綿密に配置していく必要があり、そのレイアウト作業は非常に骨の折れるものでした。ActiveReportsのTablixコントロールを使用することで、こうした悩みは無用。素早くズレなくレイアウトできます。帳票をExcelで出力して二次加工するといった用途にも向いています。

画像「帳票デザイン画面」
帳票デザイン画面
画像「帳票プレビュー画面」
帳票プレビュー画面

豊富なコントロール(2) ~ チャートやバーコードも簡単に実装 ~

ActiveReportsでは、様々な要件の帳票をデザインするための豊富なレポートコントロールを用意しています。ラベルや振込伝票に埋め込むバーコードや、グラフィカルな帳票に欠かせないチャートも多種類提供。ウィザードから項目を選択するだけで、レポートに簡単に埋め込むことができます。

15種の帳票サンプルを見る

画像「様々な要件の帳票をデザインするための豊富なレポートコントロール」

日本仕様の帳票に最適

縦書きや外字にも対応

罫線の中にバランスよく文字を収めたい、部分的に縦書きにしたいといったように日本の帳票は高度なレイアウトが求められます。ActiveReportsは行間文字ピッチの指定、均等割付、縦書き、PDF外字、禁則処理など、日本の厳しい帳票要件を満たすためのさまざまな機能を搭載しています。

画像「縦書き」
縦書き
画像「PDFへの外字の埋め込み」
PDFへの外字の埋め込み

コーディングで帳票のレイアウトを柔軟に制御できる

セクションレポートは、使い慣れているVB.NETやC#を使用して実行時の帳票レイアウトを柔軟に制御できます。プログラムのコーディングをほとんど行わずに帳票を作成することも可能ですが、プロパティの設定だけでは表現できないような日本独自の複雑な仕様の場合も、ActiveReportsが提供する豊富なイベントを利用することで柔軟に設計できます。

画像「Excel感覚で操作できる日付デザイナ」

例えば右の図のように、隔行ごとに明細行を色分けする場合、コーディングを使用すれば以下のような細かな要件にも柔軟に対応できます。

  • 行全体ではなくて、特定の列だけ色分けしたい
  • 隔行じゃなくて3行ごとに
  • 基本的には隔行ごとなんだけど、特定条件のときには…

Excel帳票のインポート

日本では多くの企業がExcel帳票を長年にわたり利用しています。ActiveReportsにはExcelの帳票レイアウトからActiveReportsの帳票定義ファイル(ページレポート/RDLレポート)を自動生成するツールが付属するため、Excel帳票をシステム化したいといった要件にも対応可能。ページレポートへインポートする場合、「複数シートを1つにまとめて定義ファイルとする」「シート毎に個別の定義ファイルとする」などのオプション設定も行えます。

画像「Excel帳票」
Excel帳票
画像「ActiveReports帳票(ページレポート)」
ActiveReports帳票(ページレポート)

多彩なビューワと出力形式

マルチプラットフォームに対応した高機能ビューワ

ActiveReportsはWindowsフォーム、ASP.NET、WPF、HTML5の4つの開発プラットフォームをサポートしているため、ActiveReports 1つでマルチプラットフォーム開発が可能です。実行時に帳票を表示するレポートビューワについてもそれぞれのプラットフォームに応じたものを収録しています。またHTML5専用のビューワは、既存のASP.NET専用のビューワがサポートするMicrosoft Edge/Internet Explorer/Chromeでの閲覧に加えSafari for iOS(iPad/iPhone)での閲覧もサポートします。各レポートビューワには、印刷設定ダイアログやページ内のキーワード検索、表示ページ数の切り替え、ズームなどの機能があるため、業務で大量の帳票を扱うエンドユーザーの生産性向上に貢献できます。

画像「ActiveReportsはWindowsフォーム、ASP.NET、WPF、3つの開発プラットフォームをサポート」

PDF、Excel、TIFFなど様々なファイル形式の出力に対応

ActiveReportsで作成した帳票は、PDF、Excel、TIFF、HTMLといったさまざまな形式にエクスポートすることができます。単にそのフォーマットに出力するだけでなく、フォーマットに適した設定を加えることが可能です。例えばPDFは電子署名やタイムスタンプの付与および暗号化に対応。Excel出力ではパスワードで文書を保護することができ、情報セキュリティ面の細かな要件にも対応できます。

画像「ActiveReportsで作成した帳票は、PDF、Excel、TIFF、HTMLといったさまざまな形式にエクスポート可能」

レイヤーを使ってプレ印字の用紙にデータのみを印刷可能(ページレポート/RDLレポートのみ)

帳票のプレビュー時には、データとプレ印字の用紙(レイアウト枠線)を合わせて表示しますが、印刷する際にはデータのみプリンタに出力できます。また、エクスポートにも同様に設定できます。

画像「プレビュー(データ + レイアウト)」
プレビュー(データ + レイアウト)
画像「印刷データ」
印刷データ
画像「プレ印字の用紙」
プレ印字の用紙

N-UP印刷やウォーターマークなどに対応した印刷ダイアログ

出力先のプリンタが複数ページを1枚の用紙に出力する設定(N-UP印刷)やマージン指定機能を持っていない場合でも、ActiveReportsの機能としてダイアログから簡単に設定できます。またセキュリティ情報などに便利なウォーターマーク(透かし文字)の出力にも対応しています。もちろん、これらの印刷設定はコードから動的に設定することも可能です。

画像「複数ページを1枚の用紙に出力する設定(N-UP印刷)やマージン指定」
N-UP印刷やマージン指定
画像「ウォーターマーク(透かし文字)の出力」
ウォーターマークの出力

購入後も安心の充実サポート

製品にはすぐに実行可能なVisual BasicとC#両方のサンプルプロジェクトが付属されており、ActiveReportsの基本操作を簡単に確認することができます。また製品ヘルプやナレッジベースでは、サンプルコードを多数公開しているため効率的な開発が可能です。
開発時に課題が発生した際もご安心ください。製品をご購入いただいたお客様は、Eメールによるテクニカルサポートをご利用いただけます。

保守サービスの詳細はこちら

サポートサービスの満足度
画像「サポートサービスの満足度」
質問してから回答を受け取るまでの時間
画像「質問してから回答を受け取るまでの時間」

※ テクニカルサポート利用者アンケートより(2014年1月~2016年12月実施分)


製品紹介動画


最新情報配信中

ActiveReportsに関する最新情報を配信中。
ご希望の方は下の入力フォームに をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
※ 送信ボタンをクリックすると、個人情報保護方針に同意したとみなします

  (半角)


導入企業

  • 画像「みずほ情報総研様」
  • 画像「株式会社ミノス様」
  • 画像「日本音響家協会様」
  • 画像「サッポロウエシマコーヒー株式会社様」
  • 画像「富士通マーケティング株式会社様」
  • 画像「西鉄情報システム株式会社様」

「ActiveReportsをご利用中のお客様」を見る


評価版を無料で入手

製品の評価目的でご利用いただけるトライアル版を公開しています。
無料でお使いいただけますので、実際の機能を
ご自分の環境でお試しください。

今すぐ評価版を無料で入手する

製品に関するお問合せ

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください。

メールアドレス : sales@grapecity.com
電話番号 : 048-222-3001

フォームからお問合せをする