導入事例

画像「みずほ情報総研株式会社 小栗様/渋木様」

日本で求められる細やかな帳票もActiveReportsがあれば作成可能

みずほ情報総研株式会社様では、財務会計を中心としたERPの導入やシェアードサービスの活用など、お客様のガバナンスの高度化と業務のスリム化をトータルで実現するソリューションを提供している。
今回は同社が開発する「法人向け資金管理システム」の帳票開発に利用しているActiveReports(アクティブレポート)の活用方法やVB版から.NET版へのマイグレーションについて、システム開発担当の小栗様、渋木様にお話を伺った。

開発概要
開発案件 使用弊社製品 主な利用機能
法人向け資金管理システム ActiveReports for .NET セクションレポート/PDF出力

システム概要

帳票数は140超。業務要件ごとに帳票があるのは日本ならでは

―― まずはじめに御社で開発しているシステムとActiveReportsの活用方法について教えてください。

画像「みずほ情報総研株式会社 法人ビジネス第2部 小栗 智之 様」
小栗 智之 様 みずほ情報総研株式会社
法人ビジネス第2部

小栗様:当社は多用なソリューションを手掛けておりますが、その中の「法人向け資金管理システム」でActiveReportsを活用しています。このシステムは初期バージョンのリリースより10年以上が経過し、2015年現在ではバージョン14。
ActiveReportsは初期バージョンの際に導入し、以来すべての帳票をActiveReportsのセクションレポートで作成しています。

渋木様:システム自体はWebベースですが、帳票類は印刷とPDF保存できるようにしています。各種一覧表はもちろん、登録マスタ、資金入出記録などさまざまな帳票がありその数は140以上です。当部署では海外向けシステムも開発していますが、帳票数については日本に比べてかなり少ないです。業務ごとに異なる要件定義で帳票を出力したいというのは日本特有のニーズと言えますね。

小栗様:バージョンアップ時の機能強化や新規帳票作成は約10名体制で行いますが、ActiveReportsは利用経験のある開発者が多いため、技術伝承しやすいという面でも安心です。

画像「ActiveReports for .NETのセクションレポートデザイナ」
ActiveReports for .NETのセクションレポートデザイナ

Visual Studio上で動作する帳票デザイナ。スナップライン、ガイドライン、均等割付、パディング、
デザイナの拡大/縮小、パンモードを使って、きめ細かなレイアウト作成が可能。

※ 画像イメージはActiveReports for .NETのサンプル帳票を使用


VBから.NETへ

帳票デザインをそのまま移行できスムーズに.NETへのマイグレーションが完了

―― バージョン12(2012年リリース)時に、Visual Basicから.NETへマイグレーションされていますが、帳票プログラムの.NET移行はどのように行いましたか。

画像「みずほ情報総研株式会社 法人ビジネス第2部 渋木 雅貴 様」
渋木 雅貴 様 みずほ情報総研株式会社
法人ビジネス第2部

渋木様:VBで利用している帳票デザインをファイル保存し、VB.NET環境で再利用しました。お客様がシステムをバージョンアップする際も機能強化は歓迎されますが、帳票デザインが変更してしまうことは好まれません。帳票数が多いので、そのままデザインを継承できたのはとても助かりました。

小栗様:コード部分に関してはVB.NET上に新規フォームを作り、VBのコードを張り付けエラー部分を修正していきました。本格的に移行する前に、いくつかのサンプルを使い動作確認やエラー対応表を作成したので、大きな問題なく移行させることができました。

ActiveReportsのデザイン情報の継承方法
(ActiveX版から.NET版への移行)

  1. ActiveReports 2.0Jのデザイナ上で、[ファイル]メニューから[保存]を選択し、レポートをRPXファイルに保存します。
    画像「レポートをRPXファイルに保存」
  2. ActiveReports for .NETのレポートデザイナ上で、[レポート]メニューから[レイアウトファイルを開く]を選択し、(1)で保存したRPXファイルを読み込みます。
    画像「RPXファイルを読み込み」

    ※ RPXファイルを読み込むことができるのは「セクションレポート(コードまたはXML)」のみです
    「ページレポート」や「RDLレポート」への読み込みはできません

(参考)

「ActiveXのレポートを.NETに移行」について詳しく見る(PDF形式)


今後に向けて

フォントサイズの自動調整機能を活用したい

―― ActiveReportsは.NET版で新機能を多く追加しています。今後取り入れていく予定の機能などありますか。

小栗様:罫線を多用している帳票が多いため、セクションをまたがって罫線が引けるコントロール(クロスセクションボックス、クロスセクションライン)はぜひ試してみたい機能です。

渋木様:今回の取材で、TextBox内のフォントサイズを自動調整するShrinkToFitプロパティを教えてもらったので、次回の新規帳票作成時には必ず利用したいと思います。会社名を表示する際など、枠を大きめにとっていても想定以上の文字数が入るとどうしてもレイアウトが崩れてしまうことがありました。この部分はだいぶ苦労していたのでサポートにお問い合わせすれば良かったですね。

―― ActiveX版から.NET版へと長期にわたりActiveReportsをご利用いただきありがとうございます。製品機能でのご不明な点やご要望がありましたら、今後はぜひお気軽にテクニカルサポートにお問い合わせください。

取材協力:2015年7月


みずほ情報総研株式会社様

所在地 〒108-6207
東京都千代田区神田錦町2-3
設立 2004年10月1日
事業内容 経営戦略・IT戦略コンサルティング/システムインテグレーション/システムのアウトソーシングサービス
URL http://www.mizuho-ir.co.jp/

ご紹介した事例内容をPDF形式でご覧いただけます。


評価版を無料で入手

製品の評価目的でご利用いただけるトライアル版を公開しています。
無料でお使いいただけますので、実際の機能を
ご自分の環境でお試しください。

今すぐ評価版を無料で入手する

製品に関するお問合せ

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください。

メールアドレス : sales@grapecity.com
電話番号 : 048-222-3001

フォームからお問合せをする