導入事例

画像「株式会社ミロク情報サービス様」

会計パッケージをクラウド化。帳票をPaaS上で表示・出力するためにサポート体制が充実したActiveReportsを採用

会計事務所向けおよび中堅・中小企業向けERPシステムの開発・販売、経営情報サービスを展開する株式会社ミロク情報サービス様(MJS)では、売上高や従業員数などの会社規模に合わせて最適なソリューションを提案できるよう、多くの製品ラインナップを揃えている。
今回は2017年4月より販売を開始した、個人事業者・小規模法人向けクラウド会計ソフト「記帳くんCloud」の開発に採用されたグレープシティのActiveReports for .NET(アクティブレポート)について、クラウド製品開発グループの木村様、小坂様、上田様にお話を伺った。

開発概要
開発案件 使用弊社製品 主な利用機能
「記帳くんCloud」 ActiveReports for .NET セクションレポート、ページレポート、PDF出力、Excel出力
Wijmo(ウィジモ) FlexGrid、CollectionView

システム概要

企業の自計化を促進する会計ソフト「ACELINK NX 記帳くん」をクラウド化

―― はじめに今回開発した「記帳くんCloud」について教えてください。

画像「木村 貴則(きむら たかのり)様」
木村 貴則(きむら たかのり)様 株式会社ミロク情報サービス
製品開発・サポート本部 第一製品開発部
クラウド製品開発グループ

木村様:MJSではこれまでも個人事業者や小規模法人を対象とした会計ソフト「ACELINK NX 記帳くん」を販売してきました。今回開発した「記帳くんCloud」はこれまでのオンプレミス版の製品をクラウド化したもので、操作性はそのまま、“クラウドならではの付加価値”をつけた製品です。
クラウドならではの付加価値として、「導入しやすい」「いつでもどこでも利用できる」「新機能をすぐに利用できる」などがあります。

画像「小坂 博(こさか ひろし)様」
小坂 博(こさか ひろし)様 株式会社ミロク情報サービス
製品開発・サポート本部 第一製品開発部
クラウド製品開発グループ

小坂様:導入工数やコスト、メンテナンスの観点で考えると、オンプレミスからクラウド化への対応はお客様であるユーザーにとってだけではなく、我々開発にとってもメリットが大きいです。今後もさまざまなシステムをクラウド化する予定です。

―― クラウド化はどのような手順で進められたのでしょうか。

上田様:まずクラウドサービス事業者の選定から開始しました。

小坂様:AWSの利用も検討しましたが、製品開発に注力できるようにするため運用コストが低いAzureのPaaSが有力候補となり、最終的にAzure Web Appsを採用しました。
Windowsサーバー、.NETフレームワークでの開発だったため、Azureで開発したほうが親和性が高いと判断したからです。


ActiveReportsの導入

サポート対象外のAzure Web Appsでの表示テストをクリア

―― ActiveReportsを採用いただいたきっかけを教えてください。

画像「上田 達大(うえだ たつひろ)様」
上田 達大(うえだ たつひろ)様 株式会社ミロク情報サービス
製品開発・サポート本部 第一製品開発部
クラウド製品開発グループ

木村様:当社の開発ではこれまで、市販のコンポーネントをそのまま利用することはしてきませんでした。MJSでは”帳票の見易さ”を重視しており、市販のコンポーネントでは対応しきれず社内のカスタマイズが必須だったためです。
しかし、自社内でのカスタマイズには多くの時間を要するため長年の課題になっていました。

小坂様:今回のクラウド化では、AzureのPaaS上で動作するコンポーネントを改めて調査することになったため、これまでの課題を踏まえて市販のコンポーネントを利用し効率的に開発しようという方針になりました。
会計システムの要とも言える帳票もコンポーネントを利用することにしたのです。

上田様:しかし、自分たちで調べても協力会社に聞いても、Web Appsに対応している製品を見つけることができず…。なんとかできないものかと、複数の帳票コンポーネントベンダーに、「ACELINK NX 記帳くん」の帳票サンプルをお送りしてWeb Apps で適切に表示されるかテストしていただいたのが始まりです。

―― ActiveReportsでは帳票がきちんと表示されたんですね。

上田様:最初のテストでは全くダメでした(笑)。
PDF帳票が崩れたのを見たとき、「ああ、やっぱりPaaS上では無理かな…」と諦めかけました。ただ、その後グレープシティの方々に協力していただいた結果、Basic以上のプランであれば問題なく表示されることがわかりました(※1)。

※1 Free/SharedプランでPDF表示が崩れる理由
ActiveReprotsではPDF生成する際にWindowsのフォント情報にアクセスするため、何らかの理由でアクセスできない場合、PDF内の文字が崩れるなどの事象を招く可能性があります。
Azure Web Apps上のアプリケーションはセキュリティサンドボックス内で動作しており、様々な制約が存在することが知られています。
例えば、FreeとSharedのプランでは共有環境でアプリをホストできますが、内部的にはVMインスタンスをマルチテナント方式で共有している状態です。このため、専用のVMが割り当てられる上位のプランと比較しセキュリティの制約が厳しくPDF表示に影響を及ぼします。

小坂様:グレープシティの製品担当者には、帳票サンプルのテストだけではなく、ほかの挙動についても色々なテストをしていただき、安心して開発をスタートすることができました。「Web Appsはサポート対象外環境ですが、できる限り協力します」という力強い言葉をいただけたことも心強かったです。

木村様:今後のクラウド化を推進するためにも、Web Apps での動作認定はもちろんですが、技術や専門性などさまざまな観点で信頼できるベンダーというのが製品選定のポイントとなりました。

―― その後の開発では問題ありませんでしたか?

上田様:はい、AcitveReportsのデザイナは直感的に使いやすかったので大きな問題はありませんでした。レイアウト調整などで少し手間取ることもありましたが、テクニカルサポートで対処方法を教えていただけましたし、我々がつまずく箇所は他の開発者の方々もつまずく箇所なので、多くの場合はナレッジベースに対処法が掲載されています。そういう意味でも実績のある製品を選んで良かったと思います。


今後の展開

さまざまな会計システムを順次クラウド化予定
ActiveReportsで長体表示に対応してほしい

―― 「記帳くんCloud」の今後の展開や、ActiveReportsへの要望をお聞かせください。

小坂様:今回リリースした初期バージョンではまず、オンプレミス版の機能や仕様をそのまま利用できる製品にすることを意識して開発しました。
クラウド化したことで、インストールやバージョンアップが不要になったといったメリットはあります。今後クラウド版ならではの機能をさらに追加していきたいと考えています。

画像「長体表示」
長体表示

木村様:「記帳くんCloud」で問題なくクラウド化できたので、他のシステムも順次クラウド化していく予定です。その際、利用者であるユーザーがクラウド版に切り替えても戸惑わないよう、オンプレミス版での仕様はできる限りクラウド版でも継承したいと考えています。
ユーザーに長く使っていただける製品にするというのが当社の開発スタイルです。
そういう意味では、帳票に出力する文字を長体でも表示できるようActiveReportsで機能追加いただけると嬉しいですね。

上田様:この長体対応については、グレープシティの製品担当者と数回ミーティングをしており、実現できる可能性が高いという返答をいただいています。
今後のバージョンアップに期待しています。

―― ミロク情報サービス様のクラウド対応を一緒に進めていく中で、弊社としても知見を溜めることができました。ActiveReports for .NET 11.0Jのサービスパック2からは、プラットフォーム由来の制限事項をまとめたうえで正式に Microsoft Azure Web Appsに対応する予定です。

ActiveReportsは日本の開発者の要望に応える形で機能強化してきています。
長体対応に限らず機能改善要望がございましたらできる限り実現できるよう今後も努力してまいります。本日はどうもありがとうございました。

※ACELINK NX 記帳くん、記帳くんCloudは株式会社ミロク情報サービスの登録商標または商標です。

取材協力:2017年4月


株式会社ミロク情報サービス様

所在地 〒160-0004
東京都新宿区四谷4-29-1
設立 1977年11月2日
事業内容 ・税理士・公認会計士事務所およびその顧問先企業向けの業務用アプリケーションソフトの開発、販売
・汎用サーバー・パソコンの販売、サプライ用品の販売並びに保守サービスの提供
・経営情報サービス、育成・研修サービス、コンサルティングサービス等の提供
URL https://www.mjs.co.jp/

ご紹介した事例内容をPDF形式でご覧いただけます。


評価版を無料で入手

製品の評価目的でご利用いただけるトライアル版を公開しています。
無料でお使いいただけますので、実際の機能を
ご自分の環境でお試しください。

今すぐ評価版を無料で入手する

製品に関するお問合せ

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください。

メールアドレス : sales@grapecity.com
電話番号 : 048-222-3001

フォームからお問合せをする