収録内容の詳しい紹介 - LineChart LineChart for ASP.NET Wijmo

LineChart for ASP.NET Wijmoを使用すると、折れ線グラフを表示できます。グラフは、データポイントを相互につないで各系列を描画します。

主な特長

HTML5 グラフ

C1LineChartのグラフはScalable Vector Graphics(SVG)を使用しています。SVGはHTML5で充実した対話型の視覚を作成するのに最適です。 SVGでグラフを作成する利点としては、真のクライアント側グラフ作成、DOMフレンドリなグラフ、ハードウェアアクセラレーショングラフィックス、対話型のアニメーションとツールチップ、ストリーミングの視覚化があります。さらに、これらのグラフは追加のプラグインが不要です。

面グラフ

面グラフを作成することができます。面グラフは、データポイントを結ぶ線の下の部分を塗りつぶして表現されます。

スプライングラフ

スプライングラフを作成することができます。スプライングラフは、データポイント間に直線を描画する代わりに、滑らかな曲線を描画します。

複数の系列

複数の系列を折れ線グラフで表示できるので、関連する系列同士の表示に役立ちます。

データ連結

C1LineChartは外部データソースとの連結に対応します。データ連結はDataBindingsプロパティを設定するだけで実現でき、すべての標準 ASP.NET DataSourceコントロール(SqlDataSourceなど)とすべてのDataSourceタイプ(DataTableなど)をサポートしています。C1BarChartのデータ連結は、デザイン時やコード上で容易に操作できます。

リアルタイムデータ

データのリアルタイム更新に最適化されています。データ変更に伴いグラフ表示も変更されます。

アニメーション

アニメーション効果を設定できます。遷移設定を有効にすると、ページロード時にグラフはバウンド、伸縮など、さまざまな状態で遷移されます。

シンボル

拡大

折れ線グラフのマーカーをカスタマイズして、画像などのシンボルで表示することができます。

ツールチップ

拡大

ツールチップやリンクをグラフ要素に関連付けて、グラフがマウスイベントに応答するようにできます。これは、クライント側でHTML イメージマップにより処理されます。

外観

C1LineChartの豊富なプロパティを使用してグラフの外観をカスタマイズできます。系列や系列の項目を異なる色にし、グラフ要素に影を付けて、グラフをより魅力的に表示できます。ユーザーの操作性をさらに高めるために、位置、サイズ、色も調整可能です。

DateTime

系列データとしてDateTime値を使用し、日付を表示することができます。

軸の自動作成

C1BarChartは自動的にグラフの軸を生成します。

軸の起点

C1LineChartは負の値をサポートし、各軸のOriginプロパティを使用して正しく表示することができます。 Originプロパティは、軸の始点を描画する位置を決定します。同じグラフ上で正の値と負の値の両方を表示する場合に最適です。

ラベル

ラベルにより、折れ線グラフの読みやすさを向上させます。重要なデータポイントを強調表示したり、データやグラフに関する情報を提供することができます。

クロスブラウザ対応

LineChart for ASP.NET WijmoはIE、Firefox、Safari、Chrome、Operaなどの主要なブラウザをサポートしています。

オンラインヘルプ