収録内容の詳しい紹介 - XLS XLS for .NET

XLS for .NETは、Excelファイルの作成、編集、保存、読み込みをサポートする .NET 用ライブラリです。Sheet、Row、Column、Cell といった直感的なオブジェクトモデルにより、Excelファイルのシートを行/列/セルで構成されたグリッドコントロールのように扱えます。作成したExcelファイルは自由に配布可能。また本コンポーネントはWindowsフォーム/ASP.NETアプリケーションのいずれにも対応しています。

サムネイル画像拡大
数式のサポート
サムネイル画像拡大
透過画像の編集と追加

主な特長

Excel ファイルの読み込みと保存

複数のシートで構成されるExcelファイルのセルの内容と書式を読み込んだり、保存したりできます。

Excel ファイルの作成・編集

複数のシートを持つExcelファイルを新規に作成できます。また、シートの行や列、セルを指定して、グリッドコントロールのような感覚で編集することができます。

Open XML形式にも対応

BIFF8形式Excel 97-2003ブック(.xls)、およびOpen XML形式Excel 2007ブック(.xlsx)の読み書きが可能です。

画像サポート

画像やグラフィックス(オートシェープ、クリップアートなど)を含んだExcelファイルの読み書きが可能です。また画像をExcelファイルに挿入したり編集したりすることができます。

数式のサポート

画像拡大

数式の読み込み、作成、保存が行えます。また、数式では名前付き範囲もサポートします。

画像の透過機能のサポート

画像の表示を制御するXLPictureShapeオブジェクトにTransparentプロパティを持つため、透過画像の編集もサポートします。

オンラインヘルプ