セミナー開催報告

画像「メインビジュアル」

2016年5月から4回にわたり、導入支援パートナーであるエス・ビー・エス株式会社様と共同セミナー『パートナー直伝~グレープシティ開発ツールはこう使え!~』を開催しました。

15年以上に渡り、グレープシティツールを使用した開発を続けているエス・ビー・エス株式会社様が、製品の効率的な使用方法を伝授するというのが、このセミナーです。製品の活用方法を熟知している現場開発者による、開発ノウハウが聞けるとあって、4回の開催はすべて満席という人気でした。

エス・ビー・エス株式会社の紹介を見る

第1回の日本マイクロソフト株式会社 品川本社での開催を皮切りに、地方開催のご要望に後押しされ、7月には福岡および大阪での開催が実現しました。

第1回 東京開催の様子を見る

第2回 福岡・大阪開催の様子を見る

ご参加いただいた方のご意見やご要望にお応えするべく、各セッション内容は回を重ねるごとにブラッシュアップし、参加者の皆さまと共に進化してきた本セミナー。2016年9月9日には、再度日本マイクロソフト社において、集大成となる最終回を迎えました。
ここでは、その最終回の全セッションの動画をご覧いただけます。残念ながらご参加いただけなかった方、もう一度話を聞きたいという参加者の皆さまも、是非ご覧ください。


セッション紹介

グレープシティ開発ツールのご紹介

画像「グレープシティ 森谷」

講師:森谷 勝
グレープシティ株式会社
ツール事業部営業部 テクニカルセールス

グレープシティのテクニカルセールス担当者が、C/Sアプリから最新のWebアプリまで、グレープシティの主要製品を紹介します。

セミナー動画の視聴を申し込む

開発現場が考えるグレープシティツールの使い方

画像「エス・ビー・エス 夜久様」

講師:夜久 英樹
エス・ビー・エス株式会社
システム開発事業部 統括部長

グレープシティ開発ツールの効率的な利用方法で、エス・ビー・エス社で実践している「部品化」。はじめにその概要を解説します。

セミナー動画の視聴を申し込む

転ばぬ先の杖

画像「エス・ビー・エス 須藤様」

講師:須藤 隆一郎
エス・ビー・エス株式会社
第一システム部 チーフマネージャー

グレープシティ開発ツールを利用して開発した自身の経験をもとに、開発を円滑に進めるためのポイントを伝授します。

セミナー動画の視聴を申し込む

アプリ最適化の勘所

画像「エス・ビー・エス 谷崎様」

講師:谷崎 勇治
エス・ビー・エス株式会社
第一システム部 プロジェクトマネージャー

部品化におけるコツを押さえアプリを最適化する方法を解説します。El Tabelle SheetからSPREADへの移行実績の具体例も紹介します。

セミナー動画の視聴を申し込む

ActiveReports開発事例紹介

画像「エス・ビー・エス 夜久様」

講師:夜久 英樹
エス・ビー・エス株式会社
システム開発事業部 統括部長

ActiveReportsの各種レポートの特長や押さえておきたい便利機能について、事例を交えて説明します。

セミナー動画の視聴を申し込む

パネルディスカッション

画像「パネルディスカッション」

グレープシティ森谷がモデレーターを務め、エス・ビー・エス夜久氏、須藤氏、谷崎氏がパネラーとなるディスカッションです。各セッションで伝えきれなかった疑問点や技術論など、さまざまな話題に切り込みます。

セミナー動画の視聴を申し込む


ご参加いただいた方の声(アンケートから抜粋)

  • 自社でも行っていることを他社でもやっているのを確認できたのはよかった。新人向けに次回同じ内容あれば参加させたいなと思いました。
  • 具体的な事例やコードを見ることができてとても参考になりました。VB6からの移行プロジェクトを行っているのですが、メンバーの意見を聞いて部品化を進めたいと思いました。
  • 「転ばぬ先の杖」がとても参考になりました。全体汎用・業務用のすみ分けなどどのように整理しているか興味深かった。
  • 部品化は良いテクニックだと思う。社内開発グループの中でコントロールの知識、機能の共有ができる環境を整備したいと思った。
  • 具体的な開発テクニックについて、実際の事例やソースコードに基づいて教示いただき参考になりました。自分が利用しているツールでなくても、大変役立つ情報やテクニックだと思いました。
  • 最適化というキーワードが非常に印象深かったです。社内で複数人で開発する機会が増えていますので、エス・ビー・エス様が実践している手法は非常に参考になりました。持ち帰って検討していきたいと思います。
  • 具体的な事例やコードをベースにしたこのようなセミナーは参加するのが初めてだったのでとても参考になりました。
  • とても参考になりました。開発者向けの内容のセミナーは初めてでしたので、楽しく聞けてあっという間でした。もっとお話を聞きたいくらいです。これから新しいバージョンのComponentOneやActiveReportsを使うので真似してみたいと思います。

評価版を無料で入手

製品の評価目的でご利用いただけるトライアル版を公開しています。
無料でお使いいただけますので、実際の機能を
ご自分の環境でお試しください。

今すぐ評価版を無料で入手する

製品に関するお問合せ

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください。

メールアドレス : sales@grapecity.com
電話番号 : 048-222-3001

フォームからお問合せをする