対応バーコード一覧 新しいグローバル標準

GS1 データバー

2010年1月1日から一般消費財向け標準規格となる省スペース性に優れたバーコードです。GS1-128と同じアプリケーション識別子(AI)を使って、GTIN(Global Trade Item Number:国際標準の商品コード)だけでなく、賞味期限やロット番号などさまざまなデータを表現できます。POSシステムでの読み取りにも対応し、食品トレーサビリティ実現の鍵として注目されています。

GS1 DataBar Omnidirectional

バーコード画像「GS1 DataBar Omnidirectional」 GS1データバーの基本となる形式です。13桁のGTINを表現し、商品の識別に使用できます。

GS1 DataBar Truncated

バーコード画像「GS1 DataBar Truncated」 GS1データバーのカット型です。上下幅が狭く、左右幅に比較的余裕があります。超小型商品に使用できます。

GS1 DataBar Stacked

バーコード画像「GS1 DataBar Stacked」 GS1データバーの多段型です。印字スペースが極めて少ない商品に対応できます。

GS1 DataBar Stacked Omnidirectional

バーコード画像「GS1 DataBar Stacked Omnidirectional」 GS1 DataBar Omnidirectionalと同様にGTINを表現します。2段にすることで横幅が取れない球面への貼り付けなどに有用です。

GS1 DataBar Limited

バーコード画像「GS1 DataBar Limited」 GS1データバーの中で最も小さな省スペースシンボルです。14桁のGTINをエンコードできます。梱包インジケータは、0または1に限定されています。

GS1 DataBar Expanded

バーコード画像「GS1 DataBar Expanded」 GTINに加えて有効期限やロット番号など、商品の詳細なデータを表現できます。最大で数字74桁または英字41文字を表現できます。

GS1 DataBar Expanded Stacked

バーコード画像「GS1 DataBar Expanded Stacked」 GS1 DataBar Expandedの多段型です。1段につき最大74数字または41英字を格納し、最大で11段まで重ねることができます。