いつでも最新の郵便番号データを使える安心をお届け。
グレープシティの「JPAddress 辞書更新サービス」

郵便番号から住所が自動入力されるしくみ

日本国内の住所情報は郵便番号で管理され、郵便番号データは日本郵便株式会社が定期的にメンテナンスしています。パッケージソフトや業務システムに搭載されている機能に郵便番号を入力すると、住所が自動的に補完されたり、住所から郵便番号を検索できたりするものがありますが、これらも郵便番号データがもとになっています。具体的には、ソフトウェアメーカーやシステム開発企業が郵便番号データをもとにした「郵便番号辞書」などとよばれるデータベースを別途作成してソフトウェアから参照させ、機能を実現しています。

郵便番号が変わったのにウチの業務システムでは古い住所のまま

住所情報は市区町村の再編や行政区域の変更、土地開発などで頻繁に変更されます。こうした変更は速やかに郵便番号データに反映され、毎月更新されています。しかし、業務システムの郵便番号辞書にいつでも最新情報が反映されているとは限りません。システムを保守管理している部門で辞書を作り直し、差し替える作業が発生するからです。そのため、更新頻度もそれぞれのシステムの運用状況によって異なります。住所情報が古いままだと業務フローに影響をおよぼす可能性がないとは言えません。たとえば、商品の誤配や遅配、住所全体の再入力が増えることによる別のミスの誘発などを引き起こします。

いつでも最新の住所情報を提供する「JPAddress 辞書更新サービス」

「JPAddress 辞書更新サービス」はパッケージソフトや業務システムの郵便番号辞書を自動更新する定額制のサービスです。グレープシティ製品である「JPAddress for Windows Forms ※1(以下、JPAddress for .NET)」または「JPAddress for ASP.NET ※2(以下、JPAddress for .NET)」を使って開発したソフトウェアであれば、ソフトウェアが自動的に辞書を最新の郵便番号データに更新します。「もしかしたら住所情報が古いかも?」という業務部門の不安を解消するとともに、システム開発を行う企業にとっては、更新のたびに郵便番号辞書を作り直したり、クライアントマシンに配布したりする手間をゼロにできます。サービスの利用料金は年額48,600円から ※3。月額にすると4,050円というリーズナブルな価格でいつでも最新の住所情報を使える安心を提供します。
※1 InputManPlus for Windows Forms 10.0Jに含まれます
※2 InputManPlus for ASP.NET 10.0Jに含まれます
※3 パソコンの台数などにより異なります

「JPAddress 辞書更新サービス」を利用したい

「JPAddress 辞書更新サービス」はJPAddress for .NETというグレープシティのコンポーネントを業務システムに組み込み、JPAddress辞書更新サービスをお申し込みいただくことで利用できます。システムが .NETテクノロジーベースであればWindowsフォームや、Webアプリケーション(ASP.NET)で利用可能です。コンポーネントの組み込みはシステムを開発した企業や保守を担当する部門で簡単に行えます。

「JPAddress 辞書更新サービス」のメリット

JPAddress for .NETが組み込まれたシステムは、JPAddress for .NET固有の郵便番号辞書を内部に保有しています。更新時にはシステムがインターネットを通じてグレープシティのサーバーから新しい辞書を自動的にダウンロードし、古いものと差し替えます。更新のタイミングは、JPAddress for .NETを組み込む際に自由に設定できるので、毎月同じ日に更新したり、システムを起動する際に更新したり、業務フローに合わせて任意に決められます。※4

JPAddress for .NETの郵便番号辞書は、日本郵便株式会社の「郵便番号データ」の更新から15日間以内に提供されますので、常に最新の住所情報を利用できます。

※4 自動更新ではなく、手動で郵便辞書をダウンロードしソフトウェアに適用することも可能です。ただし、料金は自動手動とも同じです。