SPREAD

メインビジュアル

SPREADのパフォーマンス

SPREADでは製品の特性上、大量データの読み込みや表示を行うといったシーンでよく利用されています。ここで問題になるのがパフォーマンス。データが多くなるほど読み込みと表示に時間がかかり、エンドユーザーがストレスを感じる要因となります。

特に遅延が発生しやすいのがWebアプリケーションです。データ量やマシンスペックだけではなく、ネットワーク帯域、ブラウザの種類など、Web固有の環境がパフォーマンスに影響します。「もっと速く表示させて」という要望を受けたことがある方も多いはずです。

基本的には、データ量に比例して読み込みには時間がかかりますが、ちょっとした工夫で大きな改善が見られることもあります。

ここでは、SPREADを使用したWebアプリケーションを高速化する方法ついて紹介します。


SPREAD for ASP.NETを最適化

SPREAD for ASP.NETはWebアプリケーションに本格的な表計算処理機能を提供するASP.NET用データグリッドコンポーネントです。

SPREAD for ASP.NETの仕組みを理解し効率的な設計を行うことで、クライアント側にダウンロードされるHTML出力量を抑えてページのロード時間を短縮することができます。
この手法を解説した「パフォーマンスガイドライン」を公開していますので、是非ご活用ください。

パフォーマンスガイドラインを見る

また、お客様の環境でSPREAD for ASP.NETのパフォーマンスチェックを行えるデモを公開しています。実際のサーバー環境に配布し、より正確な計測を行えるように、プロジェクトファイルもダウンロードできます。

パフォーマンスデモを見る


高速・軽量のSpreadJS

SPREADシリーズで、もう一つのWebアプリケーション用開発ツールといえば、JavaScript用スプレッドシートウィジェットであるSpreadJS。
SpreadJSのUI描画は、HTML5のCanvas上に行われるためDOM要素を使用したコントロールに比べてはるかに高速に行われます。また、機能ごとに分割したライブラリは、必要なものだけがロードされるのでそのサイズは最小限に抑えられます。

SpreadJSでもデータの読み込みや、ソートやフィルタリングといった操作において、処理速度を測定できるパフォーマンスデモを公開しています。実際の速度を是非体感してみてください。

パフォーマンスデモを見る

SpreadJS 9Jを詳しく見る


かんたん・多機能・安心のサポート
SPREADで楽々アプリケーション開発

まずは評価版ダウンロードから

今すぐ評価版を無料で入手する