ActiveXパック

アクティブエックスパック|ActiveX旧製品

12月9日IT戦略セミナー開催!VBスキル活用ツールも登場​

バージョン
:
販売形態
:
発売日
:

ご購入

 

ActiveX製品(Visual Basic用)のお取扱い方法変更のお知らせ

グレープシティでは2014年8月6日をもちまして、ActiveX製品のお取扱い方法を変更いたしました。従来のActiveX製品としては取り扱いを終了し、それぞれの製品ごとに、すべてのバージョンを1つにまとめた「ActiveXパック」という形で販売いたします。

※ 弊社のActiveXコンポーネントは64ビットOSやWindows 8以降のOSには対応していないため、.NET Framework対応のコンポーネントへの移行を推奨しております。ActiveX旧製品を利用して開発したVisual Basicアプリケーションを .NET Frameworkアプリケーションに移行する場合の参考情報は下記ページをご確認ください。

ActiveX開発のスキルを生かす開発ツールXojo(ゾージョー)

グレープシティはVBとほぼ同じ言語体系と手法でWebアプリやiOSのネイティブアプリを開発できる統合開発環境「Xojo(ゾージョー)」日本語版の総販売店となりました。

Xojoサイトを見る


概要
ActiveXパックとは

これまでのActiveX製品は販売を終了させていただきましたが、今後もVisual Basic環境で使用する弊社のActiveXコンポーネントを必要とされる方は、ActiveX旧製品のこれまでのバージョンを1つにまとめた「ActiveXパック」という形でお買い求めいただけます。

  • ActiveXパックには、下表の収録旧製品に掲載があるActiveX旧製品が収録されています。
  • 収録旧製品がすべて含まれたZipファイル(ダウンロード)でのご提供となります。箱やCD、製本マニュアルは付属しません。製品の使用方法は、インストールされるヘルプファイルなどをご参照ください。
  • ActiveXパックに収録されているすべての旧製品は、すでにサポート期間が終了しているため、E-mailによるテクニカルサポートは付属しません。ご利用いただけるサポートサービスは、ナレッジベースの閲覧と既存修正版のダウンロードのみとなりますので、あらかじめご注意ください。

サポート期間の詳細については、以下のページをご覧ください。

<ActiveXパック>
製品名 収録旧製品 製品情報
(最終バージョン)
価格
ActiveReports ActiveX ActiveReports 1.0J
ActiveReports 1.5J
ActiveReports 2.0J Standard
ActiveReports 2.0J Professional
GrapeCity BarCode 2.0J
ActiveReports 2.0J 価格表
SPREAD ActiveX SPREAD 2.5J
SPREAD 3.0J
SPREAD 6.0J
SPREAD 7.0J
SPREAD 7.0J
InputMan Pro ActiveX InputMan 5.0J
InputMan Pro 6.0J
InputMan Pro 6.5J
InputMan Pro 7.0J ※1
InputMan Pro 7.0J
VS-FlexGrid Pro ActiveX VS-FlexGrid Pro 7.0J
VS-FlexGrid Pro 8.0J
VS-FlexGrid Pro 8.0J
True DBGrid Pro ActiveX True DBGrid Pro 7.0J
True DBGrid Pro 8.0J
True DBGrid Pro 8.0J
VS-VIEW ActiveX VS-VIEW 7.0J Classic
VS-VIEW 7.0J Reporting
VS-VIEW 8.0J Classic
VS-VIEW 8.0J Reporting
GrapeCity BarCode 2.0J
VS-VIEW 8.0J
True WebChart ActiveX True WebChart 6.0J
True WebChart 8.0J
True WebChart 8.0J
True WinChart ActiveX OlectraChart 6.0J
True WinChart 8.0J
True WinChart 8.0J
VS-Resizer ActiveX VS-Resizer 6.0J VS-Resizer 6.0J

※1InputMan Pro 7.0J/ 6.5J用の「住所データファイル(dic)」に関しても、サポート終了後は更新されません。既存の住所データファイルを継続してご利用いただくことは可能ですが、修正などのメンテナンスを行うことはできません。後継となる.NET製品では、Windowsフォーム、ASP.NET、WPFといったさまざまなプラットフォームをサポートする住所検索ライブラリ「JPAddress for .NET」をご利用ください。

ActiveXパックの取り扱いについて

ActiveXパックは、株式会社コンポーネントソースまたはクレバーブリッジ株式会社が管理・運営するショッピングサイトを介してご注文いただけます。詳しくは、以下をご確認ください。

このページの先頭へ