ComponentOne Studio

コンポーネントワン スタジオ|多様な開発環境を支援

7月26日最新バージョン公開!製品サイトで詳しく見る

バージョン
:
販売形態
: サブスクリプション
発売日
:

ご購入

 
最新情報

2017年7月26日に最新バージョン2017J v2をリリース!

ComponentOne Studioは、年に3回のメジャーリリースを行っています。最新バージョン「2017J v2」では、Microsoftのクロスプラットフォーム開発プラットフォームである「Xamarin」で利用可能なUIコン ポーネントを追加しました。
このほかにも各プラットフォームで多彩な新機能が追加され、お客様のニーズに合わせた機能強化を図っています。

詳細はComponentOne専用サイトをご覧ください

概要

業務アプリケーション開発のオールインワン・ソリューション

ComponentOne Studio(コンポーネントワン スタジオ)は、Windowsフォーム、ASP.NET Web Forms/MVC、WPF、Silverlight、UWP、Xamarinの各アプリケーションを開発できるコンポーネントを数多く収録したスイート製品です。プラットフォームごとにデータグリッドやチャート、帳票、コンテナやナビゲーションといったUI部品などを収録したエディションを提供しています。 C/S型の業務アプリケーションからWebアプリ、最新のUWP・Xamarinアプリまで、対話性の高いリッチなUIのシステムを開発することができます。


  • アプリケーションのユーザーインタフェース開発を支援
  • データ可視化をクロスプラットフォーム開発で実現
  • データグリッド、チャート、レポートなどのコンポーネントを提供
  • Visual Studioでの設計、実装に最適化したコンポーネント
  • 各種業務アプリケーションへの採用実績
  • サブスクリプションで常に最新環境を利用

ComponetOne製品の専用サイト
ComponetOne Studioとは

画像「グリッド、スプレッドシート、データ視覚化、レポート、ナビゲーション&レイアウトなど、各種コンポーネントを収録」 グリッド、スプレッドシート、データ視覚化、レポート、ナビゲーション&レイアウトなど、各種コンポーネントを収録

ComponentOne Studioのコントロール一覧はこちら


エディション紹介

ComponentOne Studio Enterprise

ComponentOne Studioが提供するWindowsフォーム、WPF、UWP、Xamarin、ASP.NET Web Forms/MVC、Silverlightの7つのエディションをすべて収録。さらに、WebAPIやMicrosoft Excelのピボットテーブルに類似したオンライン分析処理コンポーネントなど、Enterpriseユーザーさまのみご利用いただける限定機能も提供しています。

ComponentOne Studio Enterpriseを詳しく見る

画像「Enterpriseユーザー様は、契約期間中にリリースされたエディションも無償でご利用いただけます」 Enterpriseユーザー様は、契約期間中にリリースされたエディションも無償でご利用いただけます
Studio for WinForms

ComponentOne Studioのうち、Windowsフォームアプリケーション開発用の機能に限定されたエディションです。発売以来多くの開発者の支持を得ているグリッド「FlexGrid」および「True DBGrid」に加え、「TrueChart」などのデータ視覚化、帳票、ガント、スケジューラといったユーザーインタフェース、データ連携のためのファイル出力機能を提供しています。

ComponentOne Studio for WinFormsを詳しく見る
オンラインデモを見る

画像「FlexGrid、TrueChart、GanttViewなど、定番コンポーネントを収録」 FlexGrid、TrueChart、GanttViewなど、定番コンポーネントを収録
Studio for WPF

ComponentOne Studioのうち、WPFアプリケーション開発用の機能に限定されたエディションです。標準コントロールにはない数々の機能(チャートやゲージといったデータ視覚化、スプレッドシート、帳票作成、PDFやMicrosoft Wordのファイル出力、さらにはUI仮想化による優れたパフォーマンスを実現するグリッドや、コントロールの外観を簡単に設定するClearStyleなど)を提供しています。

ComponentOne Studio for WPFを詳しく見る
オンラインデモを見る

画像「標準コントロールにはない数々の機能、50以上のコントロールとライブラリを収録」 標準コントロールにはない数々の機能、50以上のコントロールとライブラリを収録
Studio for ASP.NET MVC

ComponentOne Studioのうち、ASP.NET MVCアプリケーション開発用の機能に限定されたエディションです。HTML5、CSS3、ECMAScript 5といった最新のWeb技術で、サーバー側とクライアント側の統一的な開発を実現。Microsoft AzureやAmazon EC2等のクラウド環境上の動作もサポートします。高速かつ軽量な、グリッドやチャート、スプレッドシート、入力などのコンポーネントを収録しています。

ComponentOne Studio for ASP.NET MVCを詳しく見る
オンラインデモを見る

画像「高パフォーマンスかつ軽量な各種コンポーネントを収録」 高パフォーマンスかつ軽量な各種コンポーネントを収録
Studio for UWP

ComponentOne Studioのうち、UWPアプリケーション開発用の機能に限定されたエディションです。デスクトップからタブレット、ウェアラブルデバイスまで、すべてのWindows 10デバイス上で動作し、業務アプリケーションで要求される機能を満たすコンポーネントのフルセットを提供します。

ComponentOne Studio for UWPを詳しく見る
オンラインデモを見る

画像「すべてのWindows 10デバイス上で動作 ~ Outlookスタイルのスケジューラ」 すべてのWindows 10デバイス上で動作 ~ Outlookスタイルのスケジューラ
ComponentOne Studio for Xamarin

ComponentOne Studioのうち、Xamarinプラットフォームのモバイルアプリケーション開発用の機能に限定されたエディションです。業務アプリに必要とされるチャート、ゲージ、グリッド、カレンダーなどのユーザーインタフェースを、Xamarinプラットフォームのアプリ開発で利用できます。

ComponentOne Studio for Xamarinを詳しく見る

画像「ComponentOne Studio for Xamarin」 ComponentOne Studio for Xamarin
その他のエディション

ComponentOne Studioはプラットフォーム単位でエディションを用意しています。

  • Studio for ASP.NET Web Forms
  • Studio for Silverlight
このページの先頭へ