FlexGrid

フレックスグリッド
バージョン
:
販売形態
: サブスクリプション
発売日
:

 
概要

使いやすさと機能性で選ばれた定番のグリッドコンポーネント

FlexGrid for WinFormsは、さまざまな種類のデータソースを表形式で表示したり編集したりできる .NET Framework用データグリッドコンポーネントです。大量の基幹データを効率よく表示するためのデータソートやフィルタリング、アウトラインツリー表示といった優れたユーザーインタフェースを実現するほか、データ型に合わせた入力補助、自動集計、そして印刷にいたるまでエンドユーザーの求める機能をトータルにカバーしています。また、機能の多くはスマートデザイナをはじめとする各種のエディタからプロパティ値をセットするだけで簡単に実装することができるため、開発者のコーディング負担を大幅に軽減できます。充実したGUIデザイナとシンプルなオブジェクトモデルによる開発のしやすさ、そして実行時の使いやすさにより、発売以来多くの開発者の支持を得ています。


単体製品のFlexGridに関する情報をお探しの方

FlexGridの新バージョンは、ComponentOne Studioの機能の一部としてご利用いただいています。単体製品および旧バージョンとの上位互換が保たれているため、プロジェクトを簡単に移行できます。また、機能強化や不具合修正、バージョンアップも継続して行っています。FlexGrid以外のチャートや帳票など数多くの種類のコンポーネントも合わせてご使用いただけます。

ComponentOne Studioは、2013年5月より定額制のサブスクリプション方式で販売しております。FlexGridを引き続き利用したい場合は、現在販売中のサブスクリプション版ComponentOne Studioをお求めください。

ComponetOne製品の専用サイト
ComponetOne Studioとは
ComponentOne Studioのコントロール一覧はこちら

Windowsフォームアプリケーションの機能に限定されたエディションはこちら
[ComponentOne Stduio for WinForms] - [FlexGrid for WinForms]