Home > 製品情報 > .NET > InputMan for WPF 1.0J > よくある質問

InputMan for WPF

インプットマン|日本仕様入力コンポーネント
バージョン
: 1.0J
販売形態
: パッケージ/ダウンロード
発売日
: 2011/4/18

トライアル版

アップデート

ご購入

 
よくある質問

できます。.NET FrameworkのInputMethodクラスを使用してIMEモードを切り替えることが可能です。また、GcImeManagerによりIMEモードやIMEの変換モードの切り替えに対応しています。

できます。ショートカットコマンドを登録することで、[Enter]キーにフォーカス移動の機能を割り付けることができます。

数値コントロールと日付コントロールで設定できます。西暦で入力した日付を和暦で表示したり、アラビア数字で入力した数値を漢数字で表示したりすることが可能です。

できます。MaxLengthUnitプロパティで、入力文字数の最大長を文字単位とするかバイト単位にするかを切り替えることができます。JIS2004で追加されたサロゲートペア文字や結合文字を、1文字または4バイトとしてカウントすることもできます。

プロパティの設定で表示文字を選択しハイライト表示することができます。選択範囲は、すべてあるいはフィールド単位かを指定することも可能です。

ドロップダウンカレンダーコントロールで設定できます。
祝日の日付や表示スタイルだけでなく、振替休日などの高度な設定もできます。さらに「1月の第2月曜日」のように曜日や週で指定することも可能です。
また、製品には日本の祝日が予め定義された定義ファイル(NationalHolidayDictionary.xaml)も提供されていますので、この定義ファイルを適用するだけで日本の祝日をカレンダーに表示することができます。

ドロップダウンカレンダーコントロールで表示できます。たとえば4月に年度の基準を設定すると、カレンダーの年度表示は4月から開始され、「2012年3月」を表示すると年の表示は「2011年」になります。

できます。DataGridのDataGridTemplateColumn列のCellEditingTemplateプロパティに対してデータテンプレートを指定する際、InputManのコントロールを配置できます。また、配置したInputManのコントロールに書式などの各プロパティを設定することも可能です。

できます。各コントロールの検証機能を使用することで、入力値に対してのエラーチェックやエラー時にメッセージを表示することができます。また、検証インジケータコントロールを使用して、アイコンによるエラー通知を行うことも可能です。

新しい元号が制定された場合、修正版での対応を予定しております。
なお、InputManでは和暦の元号をApp.xamlファイルで設定できるため、お客様自身で自由にカスタマイズすることもできます。

トライアル版は製品の機能評価を目的に提供している限定的なライセンスです。製品版と機能的な相違はなくヘルプやサンプル等も同一のものが付属していますが、以下の制限があります。

  • トライアル版に関するダイアログが開発時と実行時にポップアップします。
  • 使用できる期間に限りがあります。
  • 作成したアプリケーションを配布することはできません。

トライアル版の使用期間は以下のとおりです。
トライアル版の使用期間(使用可能日数)は、最初にコンポーネントを使用した日を含めて10日間です。コンポーネントを使用しない日は日数にカウントされません。ただし、15日間連続してコンポーネントを使用しない日があった場合、使用日数の合計が10日間を超えていなくても使用期間終了となります。また、使用期間中にコンピュータのシステム日付を過去の日付に戻した場合も使用期間終了となります。
以下の操作を行った場合、使用日数のカウントが行われます。

  • コンポーネントをフォーム上に配置する
  • コンポーネントが配置されたフォームを開く
  • プロジェクトをビルドまたはリビルドする
  • プロジェクトをデバッグ実行する

使用期間内にビルドしたアプリケーションは、ビルドした日から数えて10日間だけ実行できます。11日目以降、アプリケーションは実行できなくなります。また、使用期間終了後もプロジェクトのビルドは可能ですが、ビルドしたアプリケーションは実行できません。

このページの先頭へ