JClass DesktopViews

Jクラス デスクトップビューズ|多種多様なカテゴリをカバー
バージョン
: 6.5 [英語版]
販売形態
: ダウンロード
発売日
: 2013/3/29

トライアル版

アップデート

ご購入

 
機能/特長

Chart

多様なグラフ種

折れ線グラフ、円グラフ、棒グラフ、エリアグラフ、レーダーチャート、散布図、ローソク足など実用性の高い13種類の基本グラフを備えています。またバブルチャート、ガントチャートなどの専門性に富んだ拡張グラフにより、数々のグラフニーズに対応することができます。


グラフの重ね合わせ表示

2種類以上のグラフを重ね合わせて表示でき、グラフごとに複数の軸を用意することも可能です。また、2種類のグラフ表示に最適化されたMultiChart BeansがJava統合開発環境向けに提供されており、簡単な操作でマルチチャートが利用できます。


対話型の操作

アプリケーションの実行中に、マウスドラッグによるグラフの拡大や移動、およびカスタマイザを使用したグラフデザイン変更を行うことができます。これにより、エンドユーザーが独自の視点でデータを解析することが可能です。

Chart

Chart for SWT

SWTベースのスタンドアロンアプリケーションへの実装

アプレット、Swingに加え、SWTをベースにしたクライアントアプリケーションでチャート出力が可能です。また、Eclipse RCP(Rich Client Platform)を実行基盤としたアプリケーション開発にも利用できます。


多様なグラフ種

アプレットや、Swing用のチャートコンポーネントと同様に折れ線グラフ、円グラフ、棒グラフ、エリアグラフ、レーダーチャート、散布図、ローソク足などの13種類の基本グラフとバブルチャート、ガントチャートなどの拡張グラフを備えています。


豊かな表現力

複数軸表示、欠損値のサポート、グラフの重ね合わせなど、豊富な設定項目を持ちアプレットやSwing用のチャートコンポーネントと同様のカスタマイズが可能です。

Chart for SWT

Chart3D

対話型の操作

xyzの3軸を持つ3Dチャートを作成できます。描画されたグラフをマウス操作で3D回転させたり、拡大/縮小表示させたり、リアルタイムで自由に俯瞰を変えられます。


豊富なグラフ種

曲面、棒、散布図を基本グラフとしてサポートします。数学関数グラフ、空間図形、温度分布図、地質学グラフ、歪み分布グラフなどの専門性に富んだグラフ表現にも柔軟に対応します。

Chart3D

LiveTable

多彩なセル表現

LiveTableはJavaアプリケーションにおいて、セル単位でデータを表示・編集できるデータグリッドコンポーネントです。セル機能は、8種類のレンダラ(チェックボックス、コンボボックス、イメージ、文字列など)と18種類のエディタ(Boolean型、Date型、Float型など)を備えているので、ニーズに応じてセルごとにカスタマイズができます。


卓越した操作性

列ラベルのクリックによるソート、行・列の移動、インジケータの表示といったインタラクティブ機能を備えます。グリッドの動作を細かく制御するイベントハンドリングにより、エンドユーザーの使い勝手を考慮した快適なインタフェースを作成できます。


印刷機能

プレビューならびに印刷機能を備えます。複数ページにわたるテーブルの自動分割、ヘッダ・フッタの追加とカスタマイズ、ページサイズやマージンの設定も可能です。


表計算関数

20種類以上の関数ライブラリを用意しています。事務処理を目的としたアプリケーションの構築に有用です。

LiveTable

PageLayout

開発効率を向上させるテンプレート機能

PageLayoutは帳票を作成するコンポーネントです。一度作成したページレイアウトをテンプレート化して保存できるためページの初期化や定型印刷にすぐれた、汎用性の高い印刷機能が簡単に構築できます。


柔軟性を高める各種機能

ユーザー定義のヘッダ・フッタの挿入、段組レイアウト、ヘッダ・フッタへのページ番号自動挿入に加え、表紙専用のスタイル設定やページごとに異なるスタイルの適用など、さまざまな印刷要求に対応できます。このほか、画像ファイルの挿入や矩形の描画などもサポートします。


簡便な印刷スタイルの定義

プリンタ設定や用紙スタイル、印刷領域、段落スタイルといった印刷に関わる一連の処理や要素を、使いやすく操作性にすぐれたオブジェクトとして提供します。開発者はこれらのオブジェクトの操作・組み合わせで印刷フォームの作成を驚くほど簡単に行えます。


デザイン性に秀でたテーブル機能

デザイン性の高い帳票を短時間で構築するのに欠かせないテーブルレイアウトをサポートします。罫線やセルに対するきめ細かなスタイル設定に加え、行ヘッダやセル内の垂直方向の位置合わせ、セルのマージ、テーブルが用紙内に収まりきらない場合の改行処理など、高度なレイアウト機能を提供します。また、任意のデータソースから直接テーブルを生成することも可能です。


多彩な出力フォーマット

最適な出力品質を提供するため、システムプリンタへの出力のほか、PDF、Adobe PostScript、HP-PCLの各形式での出力をサポートします。

PageLayout

Elements

強力で豊かなコンポーネント

スピンボックス、マルチカラムリストボックス、日付セレクタなどJava標準APIにはない、アトラクティブな機能を数多く揃えたUIコンポーネントを提供します。その他、メッセージダイアログの表示をサポートするメッセージヘルパー、コンポーネントの配置を容易にするレイアウトマネージャなど、クライアントアプリケーション開発を支援するコンポーネントが含まれます。

Elements

Gauge

柔軟なカスタマイズに対応

円形メーター、線形メーター、インジケータゲージを備え、それらの色、ラベル、指針、目盛、凡例などを自在にカスタマイズできるほか、マウスアクションに合わせて指針の配置を変更するといったインタラクティブ性も備えます。

Gauge

JarMaster

煩雑なJARファイル作成をサポート

GUI操作でJARファイルを作成するコンポーネントです。直観的な操作性とウィザード機能により、コマンドを使わずマウス操作だけでJARを作成できます。JARファイルに追加するファイルの依存情報を抽出して配布に必要なクラスを自動収集。マニフェストファイルも自動生成します。また、2つのJARファイルを比較し差分の確認もできますので、バージョンの管理も容易です。

このページの先頭へ