Home > 製品情報 > Java > JClass ServerChart 6.2J > よくある質問

JClass ServerChart

Jクラス サーバーチャート|豊かな表現力とカスタマイズ性
バージョン
: 6.2J
販売形態
: ダウンロード
発売日
: 2014/04/25

トライアル版

アップデート

ご購入

 
よくある質問

はい、できます。Javaのヘッドレスモードなどを利用すれば、GUIのない環境においても使用できます。

棒グラフ、積層型棒グラフ、エリアグラフ、積層型エリアグラフ、円グラフ、レーダーチャート、エリアレーダーチャート、散布図、折れ線グラフ、ローソク足、HiLoチャート、HiLoOpenCloseチャート、ポーラチャート、タイムライン(ガントチャート)のさまざまなグラフ種に対応しています。
さらに、これらの基本グラフ種をカスタマイズすることにより、バブルチャート、階段グラフなどのグラフ種を作成できます。チャートのサンプル画像を公開していますので、参考にしてください。

PNG、JPEG、GIF、SWF、SVGの形式で、ディスク上に保存したり、ストリームに書き出したりできます。

一般的なJavaアプリケーションと同様に、オペレーティングシステムに登録されたフォントを使用することができます。

はい、できます。円グラフ、レーダーチャート、ポーラチャート以外のグラフについては、2種以上の異なるグラフを同時に表示させることが可能です。グラフオブジェクトに ChartDataViewオブジェクトを追加してください。

データソースクラスを使用することにより、メモリ、ファイル、データベース、URL、XML、さらに任意の入力ストリームからデータを読み込むことが可能です。

基本的に使用可能ですが、一部の機能で変更が必要です。

本製品には1年間のプレミアムサポートが付属しています。
プレミアムサポートの詳細はJava製品のサポートポリシーをご覧ください。
[サポート&サービス]-[テクニカルサポート]-[サポートポリシー]-[Java]はこちら

機能的な違いはありませんが、トライアル版では、作成したグラフイメージの背景に「EVALUATION COPY」という透かし文字が入ります。また、トライアル版には14日間の試用期限が設けられています。

このページの先頭へ