Home > 製品情報 > Java > JClass ServerReport 6.2J > よくある質問

JClass ServerReport

Jクラス サーバーレポート|高精度なレイアウトにも対応
バージョン
: 6.2J
販売形態
: ダウンロード
発売日
: 2014/4/25

トライアル版

ご購入

 
よくある質問

はい、できます。Javaのヘッドレスモードなどを利用すれば、GUIのない環境においても使用できます。

PDF出力のほかに、Microsoft Wordで読み込み可能なRTF形式での出力にも対応しています。

一般的なJavaアプリケーションと同様に、オペレーティングシステムに登録されたフォントを使用することができます。なお、PDF出力時にはTrueTypeフォントの埋め込みにも対応しています。

ページに収まりきらない大きな画像は、縮小して出力するだけでなく、サイズを変えずに複数ページに分割して出力することができます。その際の分割順序、画像出力後の処理の再開位置についても設定可能です。

はい、できます。任意の文字列をレポートの背景として表示できます。

はい、対応しています。40/128 bit RC4暗号化方式によるPDFファイルを開くためのパスワード設定や、ドキュメントの印刷、変更、コピー許可などのセキュリティ設定が行えます。

基本的に使用可能ですが、SeriesDataSetインタフェースを継承しているクラスにおいて新たに getTrackLabelメソッドを追加で実装するなど一部の機能で変更が必要です。

本製品には1年間のプレミアムサポートが付属しています。
プレミアムサポートの詳細はJava製品のサポートポリシーをご覧ください。
[サポート&サービス]-[テクニカルサポート]-[サポートポリシー]-[Java]はこちら

機能的な違いはありませんが、トライアル版では、作成したレポートの背景に「EVAL」という透かし文字が入ります。また、トライアル版には14日間の試用期限が設けられています。

このページの先頭へ