SPREAD for ASP.NET

スプレッド|最強のサーバーサイド表計算コンポーネント
バージョン
: 10.0J
販売形態
: ダウンロード
発売日
: 2017/02/15

トライアル版

アップデート

ご購入

 
機能/特長

Excelライクな操作性
画像「Excelフィルタリング」 Excelフィルタリング

SPREADにはWeb上でExcelライクなアプリケーションを実現する数多くの機能が用意されています。

ソート
シートに表示するデータは、列または行単位で並べ替えることができます。列ヘッダのダブルクリックにより列内のソートを行うことや、メソッドを利用してコードによる列または行のソートおよびソートの解除を実行することができます。

フィルタリング
Excelフィルタリングを適用すると、列ヘッダにドロップダウンボタンが表示されます。ドロップダウンボタンを押下すると、Excelのようなフィルタ項目が表示され、チェックボックスの切り替えなどの操作でフィルタを行う条件を選択できます。

条件付き書式
条件付き書式ではルールを作成してセルの外観表示を設定します。ルールはカラースケールルール、データバールール、アイコンセットルールなどExcelで提供されている馴染みのあるもの。デザイナでも設定できるのでノンコーディングでグラフィカルなデータも扱えます。

画像「条件付き書式」 条件付き書式

データ入力
マウス、キーボードおよびタッチ操作により編集したいセルに移動し、直接データを入力することができます。セルの編集中の書式を設定することも可能で、多彩な表現を実現できます。

マルチシート
1つのSPREADコントロールで複数のシートを使用することができます。シート間の数式参照を含めExcelと同様の機能を提供します。

固定行と固定列(ウィンドウ枠の固定)
先頭から任意の行数・列数を固定行、固定列として設定し、指定した領域をスクロールしないようにできます。


パフォーマンスの最適化

Webアプリケーションにとって、ストレスなく操作できることはとても重要です。SPREADには多くのデータを扱う際に、その見せ方を工夫できる機能が用意されています。たとえ同じデータ量を扱う場合でも、それらの機能を用いることでユーザーに対してノンストレスでスムーズな操作を提供できます。

ページング
大量データを分割し、指定のレコード数を1ページとして表示します。コマンドバーに表示されるページボタンの押下でページを切り替えます。可視領域にのみデータを表示するため、レンダリング量を最小限に抑え、パフォーマンス向上に寄与します。

画像「ページング」 ページング

仮想ページング
垂直スクロールバーを動かすことでページ切り替え機能を実現します。SPREADは1ページ分のデータしか保持しないので、あたかも全データが表示されているかのようなユーザーインタフェースでパフォーマンスを最適化します。

ロードオンデマンド
最初に表示するデータ量を制限しすばやくページを表示します。追加データはバックグラウンドで任意の時間ごとに順次ロードすることも、シートをスクロールした際にロードすることもできます。バックグラウンドで追加行をロードするため、セルの編集や値入力といったユーザー操作を妨げません。

コールバック
数式の計算、行の追加や削除、ソート、フィルタリング、グループ化、ページング、ドラッグ&ドロップによる列移動といった基本操作がコールバックで処理され、ページ全体をポストバックせずに必要なデータのみを更新することができます。

WebサイトではSPREADのパフォーマンスを最適化するガイドラインを公開しています。
SPREAD for ASP.NET パフォーマンスガイドライン


タッチ機能のサポート

SPREADでは、フィルタリング、グループ化、並べ替えなど、SPREADでのさまざまな処理においてタッチ操作を使用できます。また、タッチに適した機能やUIを提供するほか、タッチキーボードによる入力や、タッチによるスクロール、列や行のサイズ変更などの基本操作が可能です。

画像「タッチによる列幅のサイズ変更」 タッチによる列幅のサイズ変更

柔軟な検証機能

サーバー側/クライアント側の両方で検証を使用でき、アプリケーションの仕様に合わせて自由なタイミングで検証を行うことができます。また、クライアント側では非編集状態のペースト時にも、検証コントロールを使用できます。非編集状態のとき、指定範囲を超える文字数や許可されない文字種がペーストされた際にも、カスタマイズ可能なエラーメッセージを表示します。検証コントロールはASP.NET標準およびInputManの検証コントロールを使用できます。

画像「不正入力時のエラー通知」 不正入力時のエラー通知

InputMan for ASP.NETとの連携
画像「InputManの検証コントロールとの連携」 InputManの検証コントロールとの連携

検証コントロール
InputManの検証コントロールをSPREADのセル入力に対して適用することで数値や日付の範囲、文字種や文字数の指定、入力禁止文字列、データ型の検証を行えます。設定範囲外の入力を検出するとさまざまな方法でメッセージテキストを表示してエラーを通知。通知方法はInputManの「検証アクションエクステンダ」で追加できます。アイコンの表示や背景色の変更などさまざまなアクションを備えており、エンドユーザーを正しい入力へと導きます。

ファンクションキー
InputManのファンクションキーの同時使用をサポートします。SPREADに表示されたデータに対し、ファンクションキーの押下でコマンドを実行するなど、デスクトップアプリケーションのようなUIを実現します。

画像「InputManファンクションキー」 InputManファンクションキー

[製品情報]-[InputMan for ASP.NET 8.0J]はこちら


1レコード複数行

行数や列数、セル結合、連結するフィールドを指定したテンプレートを作成して1レコードごとに繰り返し表示することができます。列ヘッダは1行でデータ領域だけを2行にするなど、それぞれ異なるテンプレートを設定できます。


豊富なセル型

テキスト、日付時刻、数値の他、チェックボックスやコンボボックスなど全18種類のセル型と、カレンダーやAjaxコンボボックス、マスク編集など「AJAX Control Toolkit」の機能を搭載した11種類のセル型を提供しています。入力用途やデータにあわせて、最適なセル型を選択できます。

画像「セル型」 セル型

充実したスタイル設定

背景色や文字の色、フォントの種類やサイズ、罫線をセル単位で柔軟に設定できます。また、jQuery UIテーマにも対応し、シートスキンという定義済みのスタイルを提供。これらは、一括でシート全体を統一したテーマで描画します。シートスキンには、Excelの各バージョンのスタイルが用意され、最新バージョンだけではなく、Office 2007やクラシックといった古いスタイルにも対応します。さらに、オリジナルのスキンを作成することも可能です。作成したスキンは、ファイルとして保存できるため、複数のアプリケーションに統一したスタイルを簡単に適用することができます。

画像「さまざまなスタイル」 さまざまなスタイル

セル結合と自動マージ

任意のセル範囲を指定してセルを結合できます。また、隣り合うセルが同じ値を持つ場合には自動的にセルを結合する「自動マージ」を提供します。

画像「セル結合と自動マージ」 セル結合と自動マージ

ファイル入出力

Excel形式ファイルの入出力
BIFF8(MicrosoftのBinary Interchange File Formatバージョン 8)形式ファイルおよびOpenXML形式の入出力エンジンを独自に実装しています。サーバーサイドにExcelをインストールすることなく、既存のExcelファイルをアプリケーションにインポートしたり、SPREAD上のデータをExcelファイルにエクスポートしたりすることが可能です。SPREADはExcelとの親和性が非常に高く、セルの値だけでなく外観や書式、関数、画像、チャートなどの互換性を保ったままインポートまたはエクスポートできます。

その他のファイルの入出力
CSV形式の入出力およびPDF/HTMLファイルの出力に対応しています。


実用性の高い表計算関数

LOOKUP(VLOOKUP、HLOOKUP)、SUBTOTAL、SUMIFなど実業務で使用頻度が高い関数を装備しています。表計算コンポーネントとしては最大級となる300種類以上の組み込み関数を提供します。Webアプリケーション上で実行時に関数を入力して動的にデータを集計することや、シート間参照にも対応しています。


強力なクライアント側スクリプト

セルの編集、フォーカスの移動、シートのスクロールを検知するイベントや、列幅の自動調整、印刷などの機能をクライアント側スクリプトで提供します。また、jQueryのセレクタによるオブジェクトの取得およびSPREAD側APIの呼び出し、イベントのハンドリングをサポートします。「使い勝手の良さ」で差がつくWebアプリケーションの開発を、豊富なスクリプトがサポートします。


設計効率を高めるGUIデザイナ、ウィザード

スプレッドシートの全体的な設計を支援するグラフィカルなSPREADデザイナに加え、連結フィールドの指定などデータ連結の設計を支援するウィザードが付属しています。SPREADデザイナはExcelライクな操作性と外観を備え、多くのプロパティで値を直観的に設定することが可能。ユーザーインタフェースに関わるコーディング作業を大幅に簡略化し、生産性を格段に向上させます。


快適な操作を提供するコマンドバー

SPREADにはコントロール専用のUIであるコマンドバーが既定で用意されています。コマンドバーにはページ移動用のボタンやシートの更新ボタン、印刷ボタンなどがあらかじめ含まれており、ノンコーディングでこれらの機能をエンドユーザーに提供します。また、統一した外観を簡単に適用できるコマンドバーテーマも用意しています。

画像「コマンドバー」 コマンドバー

豊富なサンプルコード付き(Visual Basic, C#)

製品の基本操作を確認できるVisual BasicとC#両方のサンプルプロジェクトを付属しています。また、製品ヘルプやナレッジベースに多数のサンプルコードを公開しています。

[ナレッジベース]を見る
[サンプルコード集]を見る

このページの先頭へ