SPREAD for Windows Forms

スプレッド|Excelライクなグリッドコンポーネント
バージョン
: 7.0J
販売形態
: パッケージ/ダウンロード
発売日
: 2012/12/5

トライアル版

アップデート

ご購入

 
概要

アプリケーションにExcelと同等のユーザーインタフェースを提供できる表計算データグリッド

SPREAD for Windows Formsは、Microsoft Excel®の機能を多く取り入れたグリッドとスプレッドシートの特長を兼ね備えている表計算データグリッドコンポーネントです。エンドユーザーにとって親しみのあるExcelライクなユーザーインタフェースを持った業務アプリケーションを、短期間で開発することができます。Excelと互換性のある数式や条件付き書式、チャート、スパークラインなどの強力な表計算機能を備えており、入出力も可能です。SPREADの品質と使いやすさは国内外で高く評価され、数々の賞を受賞しています。

MultiRow、CalendarGridとの使い分け(キャンペーン実施中)

汎用利用が可能な高機能グリッドコンポーネント「SPREAD」と、特定の用途に特化したグリッドコンポーネント「MultiRow」「CalendarGrid」をプロジェクト内で上手に使い分けることで、開発工数を大幅に削減することが可能です。カレンダー専用データグリッドコンポーネント「CalendarGrid for Windows Forms 1.0J」の新発売を記念し、「SPREAD」、「CalendarGrid」、「MultiRow」のグリッド3製品をお得にご購入いただけるキャンペーンを期間限定で実施します。また、既にSPREADやMultiRowを導入されているお客様には、CalendarGridを優待価格でご購入いただけるキャンペーンも用意しています。単体でのご購入に比べ、最大40%以上お得な価格となっておりますので、この機会をどうぞご利用ください。


SPREADでできること

Excelライクな操作性で自由度の高いグリッドを作成したい

SPREADは、Excelライクな操作性をアプリケーション上のグリッドで実現することができ、ショートカットキーなど細部にわたる操作も柔軟にカスタマイズすることが可能です。グリッドのデザインにおいてもExcelと同様の感覚で操作でき、自由度の高いレイアウトを実現します。これによりさまざまな用途に対応することが可能です。グリッド上におけるあらゆる要件を想定した機能が組み込まれており、多様な案件に最小限の開発工数で実現することができます。

画像「豊富な機能数と汎用性」豊富な機能数と汎用性

データグリッドに対するすべての要望に応える充実の機能と柔軟性

SPREADはさまざまな業務要件に対応できるよう、豊富なセル型とレイアウトの柔軟性、データのフィルタリング、数式や関数、チャート表現、多彩な外観設定などデータグリッドとしては非常に多くの機能を備えています。これはデータグリッドが業務システム開発で最も利用されるコントロールであるため、あらゆる要件を満たせるよう汎用性を重視して設計しているからです。ひとつの業務システム内に多様な要件が盛り込まれた場合でも、SPREADが持つさまざまな機能を組み合わせることで、エンドユーザーの要望に十分応えられます。さらに各機能はカスタマイズ性にも優れ、開発中の仕様変更などにも柔軟に対応することができます。


実践的なサンプルコードで開発手法を習得したい

SPREADは1994年のVBX版(Windows Forms版は2004年)発売以来、グリッドコンポーネントの定番として数多くの開発者にご利用いただいている製品です。そのため、製品の使用方法をはじめとする、さまざまな要件の実現方法が多数フィードバックされています。グレープシティではそれらの蓄積された情報をナレッジベースとして公開。登録件数はすでに300件余りに上ります。はじめて利用する方でも豊富な情報から課題実現のためのサンプルコードを探すことができ、短期間で製品のノウハウを習得することができます。


業務データをExcelファイルで活用したい

SPREADはExcelファイル用の強力な入出力エンジンを搭載しています。Excelファイル形式の各バージョンに対応しているので、クライアントのExcel環境を気にする必要はありません。また、Excelのチャートやシェイプ、関数を含む数式はSPREADと互換性があり、入出力時にも書式や形式が保たれます。ソートやフィルタリング、アウトラインなどユーザーインタフェースの状態も保持することが可能です。業務アプリケーションとのデータ連携や、Excelレガシーからのスムーズな移行を実現します。


ノンコーディングでシートをデザインしたい

SPREADにはデザイン用の高度なGUIデザイナが付属しています。デザイナの使いやすさはActiveX製品の時代から定評があり、はじめて使用する場合でもセル型やセル値の表示書式、罫線や背景色、フォントなど各種の外観スタイルを直感的に操作できます。ノンコーディングで外観設計が可能なため、時間のかかるデザイン作業をプログラマ以外に任せることで人的リソースの有効活用にもつながるなど開発効率を飛躍的に高めます。


入力しやすいUIのデータグリッドを開発したい

SPREADには21種類の豊富なセル型を用意しています。各セル型は、入力される値のデータ型に適した書式や外観設定用のプロパティを豊富に備えています。たとえば、日付型セルには和暦表示に対応したドロップダウンカレンダーによる入力支援機能があり、コンボボックス型セルではドロップダウンリストから値を選択できます。通貨や数値、文字列といった一般的なセル型はもちろんのこと、ボタンやチェックボックス、プログレスバー、スライダなど動的なユーザーインタフェースを備えたものも提供しています。セル結合や自由な罫線設定、フォントの種類やサイズ、背景色やテキスト色の設定など自由なレイアウトが可能です。さらに、入力支援コンポーネント「InputMan」の機能をもったセル型も収録。エンドユーザーがセルに値を入力する際に半角ひらがなを受け付けないようにするなどのフィルタリングが可能になり、より高度な入力支援機能を実現できます。


新環境に対応したい

SPREADは、今後普及が進むと考えられている解像度の高いディスプレイにおいても、表示に対応できるよう、高DPIをサポートします。エンドユーザーがOSのDPIを変更した場合でも、コントロールのサイズを自動的に調整しアプリケーションのレイアウトが崩れないよう再描画します。
さらに、Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2、Visual Studio 2013といった新しいOSやIDEもサポート。幅広い環境でご利用いただけます。


実績のあるコンポーネントを採用したい

ドッグイヤーとも例えられるほど移り変わりの激しいIT業界にありながら、SPREADは開発の現場で利用され続け、累計出荷ライセンス数は100,000を越えています。これは、テクノロジーの変遷や環境の変化にいち早く対応したり、業務アプリケーションに求められる機能を安定した品質で提供し続けたりしてきたことの証です。コンポーネントはシステムの中に組み込まれる部品です。グレープシティではシステム開発企業の皆さまが安心してSPREADという部品をお使いいただけるよう努めています。
ActiveX製品、ASP.NET製品を含めたSPREADの総出荷ライセンス数

開発事例:富士通九州システムズ様「GLOVIA smartホテル」


コストパフォーマンスに優れたDesktop Pack

Windowsデスクトップアプリケーション開発をトータルに支援する、お得なパッケージSPREAD Desktop Pack 2013Jを用意しています。WindowsフォームとWPFは同一プロジェクトで共存させることが可能なためWindowsフォームで開発された既存システムの一部にWPFを取り入れながら移行を図るといった要望も少なくありません。Desktop Packはこうしたニーズに応え、WindowsフォームコンポーネントとWPFコンポーネントをセットにしたコストパフォーマンスの高い製品です。

なお、WebサイトではWPFアプリケーションへの移行をお考えの際に、気を付けておくべき点をまとめた技術資料を公開しています。

画像「価格差(税別)」価格差(税別)