Home > 製品情報 > .NET > SPREAD for WPF 2.0J > 機能/特長

SPREAD for WPF

スプレッド|Excelライクな表計算グリッド
バージョン
: 2.0J
販売形態
: ダウンロード
発売日
: 2017/7/31

トライアル版

ご購入

 
機能/特長

Excelライクな操作性
画像「ExcelライクなUIのフィルタリング、ソート」 ExcelライクなUIのフィルタリング、ソート

Excelのようなアプリケーションを実現する数多くの機能が用意されています。

フィルタリング
フィルタリング機能を有効にすると、Excelと同様の外観と操作性を持つフィルタリング専用のドロップダウンリストを表示することが可能です。ユーザーによるフィルタリング操作のほか、コーディングによるフィルタも可能です。

フィルタリングの新機能を見る

ソート
条件に応じてデータを並べ替えることができます。ユーザーの列ヘッダのクリックやフィルタリングダイアログからのソート、コーディングによるソートの両方に対応しています。複数列による並べ替えやソート条件のカスタマイズも可能です。

ソートの新機能を見る

データ入力
マウスやキーボードを使用して編集したいセルに移動し、直接データを入力することができます。セル単位でのIME設定、書式の自動設定の機能により、高度な入力が可能です。

ドラッグ操作
セルのほか、行や列単位でのドラッグ移動に対応しているほか、ドラッグフィル(オートフィル)による入力も可能です。

ドラッグフィルの新機能を見る

画像「日付の連続データにも対応」 日付の連続データにも対応

固定行と固定列(ウィンドウ枠の固定)
行数や列数を指定して、先頭および末尾の行・列をスクロールしないよう固定できます。

画像「先頭2列2行を固定」 先頭2列2行を固定

セルのオーバーフロー表示
セルに入りきらないテキストのオーバーフロー表示が可能です。

画像「オーバーフロー表示の例」 オーバーフロー表示の例

条件付き書式
セルの値が指定の条件に合っていたら、背景色や文字色、文字装飾といった書式を適用できる条件付き書式に対応しています。

画像「条件付き書式」 条件付き書式

セル結合と自動マージ

任意のセル範囲を指定しての結合、また同じ値をもつ隣り合うセルの自動マージ機能を提供します。

画像「セルの自動マージ」 セルの自動マージ

複数行/複数列ヘッダ

複数行の列ヘッダ、複数列の行ヘッダ、コーナーヘッダのカスタマイズ機能を提供します。

画像「行/列ヘッダともに複数行での表示をサポート」 行/列ヘッダともに複数行での表示をサポート

数式

A1およびR1C1形式のセル参照に対応。Excel互換の447種類の組み込み関数を装備しています。

数式と計算機能の新機能を見る

画像「組み込み関数と数式を利用した集計」 組み込み関数と数式を利用した集計

ファイル入出力

Excel形式ファイルの入出力
BIFF8(.xls)およびOpen XML(.xlsx)形式の入出力エンジンを独自に実装しています。実行環境にExcelをインストールすることなく、既存のExcelファイルをアプリケーションにインポートしたり、SPREAD上のデータをExcelファイルにエクスポートしたりすることが可能です。SPREADはExcelとの親和性が非常に高く、セルの値だけでなく外観や書式、関数などの互換性を保ったままインポートまたはエクスポートできます。

その他のファイルの入出力
CSV形式の入出力、PDFファイルの出力に対応しています。

Excelエクスポートの新機能を見る


多様なセル型
画像「文字種指定入力」 文字種指定入力

テキスト、日付時刻、数値、マスク、コンボボックスの組み込みInputManセルに加え、Excel互換の書式設定に対応した標準型セル、ボタン、チェックボックス、ラジオグループ、イメージ、WPFデータテンプレートによるカスタマイズが可能なデータテンプレート型セルの全11種類を提供します。

画像「編集時/非編集時の各書式設定 (左)日付 (右)数値」 編集時/非編集時の各書式設定 (左)日付 (右)数値
画像「ドロップダウンカレンダーによる日付選択」 ドロップダウンカレンダーによる日付選択
画像「編集可能コンボボックス」編集可能コンボボックス
画像「入力マスク」入力マスク
画像「マルチカラムコンボボックス」 マルチカラムコンボボックス

常時入力モード

フォーカスが移動したセルを即座に編集状態に切り替える常時入力モードを提供します。


データ検証
画像「セルの検証」セルの検証

WPFのデータバインディングを使用した例外、IDataErrorInfo、INotifyDataErrorInfo、DataAnnotationによる検証に対応しています。また、データバインディングを使用しないアンバウンドな一覧でも検証処理を実装できるよう、セルおよび行の編集終了イベントや入力規則を提供します。

画像「行の検証」行の検証

選択操作

セルを最小単位とする標準モードに加え、単一行・複数行・拡張選択の操作モードを提供。そのほか、アプリケーションの要件にあわせた細かなカスタマイズを可能にする各種設定を提供します。


1レコード複数行

レイアウトテンプレートにより1レコードを2行以上にレイアウトできます。列ヘッダおよびグリッドのそれぞれにテンプレートを定義できるため、例えば列ヘッダは1行、グリッドは2行など異なるレイアウトを設定できます。レイアウトテンプレートはSPREADデザイナでノンコーディングで定義できます。

画像「自由度の高い行のレイアウト」自由度の高い行のレイアウト

テーブル形式のグループ化・集計

明細の分類ごとに挿入する見出しや集計処理といった機能の実装を支援する、開発者向けの設計時グループ化機能を提供します。集計処理はSPREADが提供する豊富な組み込み関数を使用して数式で設定できます。

画像「設計時に明細分類ごとに見出しや集計処理の挿入が可能」 設計時に明細分類ごとに見出しや集計処理の挿入が可能

データ連結/非連結

WPFのデータバインディングに対応しています。データ連結した一覧に対して、部分的にアンバウンドなデータや数式を挿入できるアンバウンド行およびアンバウンド列を提供します。
また、行数および列数の指定により、データバインディングをまったく使用しないデータソースに非連結(アンバウンド)な一覧の作成にも対応しています。


充実のテーマ

Microsoft OfficeおよびWindowsデスクトップライクなテーマを提供します。クラシックなスタイルから最新のOfficeスタイルまで、幅広いデザインを用意。既定では、実行環境のOSにあわせて、適切なデスクトップテーマが自動的に適用されます。

新しく追加されたテーマを見る

画像「Office 2007 (左から)青、銀、黒」Office 2007 (左から)青、銀、黒
画像「デスクトップテーマ (左から)Luna(青、シルバー、オリーブ)、Royale、クラシック、Aero」デスクトップテーマ (左から)Luna(青、シルバー、オリーブ)、Royale、クラシック、Aero
画像「その他 (左から)BureauBlue、BureauBlack、Expression Dark>」その他 (左から)BureauBlue、BureauBlack、Expression Dark>

豊富な罫線

Excel互換の14種類の罫線を提供し、洗練された表のデザインを支援します。

画像「GUIベースで設定可能な罫線」GUIベースで設定可能な罫線

印刷

豊富なページ設定、印刷プレビュー、印刷ダイアログ有り/無しの印刷に対応しています。


タッチ対応

一覧のスクロール、セル・セル範囲・行・列の選択、ソフトウェアキーボードからの入力など、タッチデバイスでの基本的なタッチ操作に対応しています。


豊富なサンプルコード付き(Visual Basic, C#)

製品の基本操作を確認できるVisual BasicとC#両方のサンプルプロジェクトを付属しています。また、製品ヘルプやナレッジベースに多数のサンプルコードを公開しています。

このページの先頭へ