Home > 製品情報 > Java > WebCharts3D 5.4J > 機能/特長

WebCharts3D

Webチャート3D|訴求力の高い美しいチャートを生成
バージョン
: 5.4J
販売形態
: ダウンロード
発売日
: 2014/8/20

トライアル版

ご購入

 
機能/特長

表現力

40種以上ものチャートをサポート

棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフなど一般的なチャート種から、HiLoOpenCloseチャート、ガントチャート、ゲージ、マップなど専門的な分野で使用されるチャート種まで40種類以上のチャートをサポート。複数のチャート種を使い分けて表示スタイルを変えれば、ビジネスデータを多角的に分析することが可能になります。


3D表現

奥行きや傾きをもつ3D形式のチャートを表示できます。シンプルな2次元のチャートと比較して、複数系列にわたるデータの可読性が向上し、システムユーザーへの訴求力が高まります。


アニメーション

SWF(Adobe® Flash®)のみならずSVG形式をサポートしており、RIA開発ニーズに応えるアニメーション効果を持ったチャートも生成可能。幅広いクライアント環境で対話性の高いグラフ表現を実現します。


インタラクティブな操作

ユーザーのマウスカーソルやクリックに応じてラベルを表示したり、任意のリンク先にジャンプしたりできます。データのドリルダウンや関連レポートの表示など、チャートシステムの利用シーンを広げます。


洗練されたデザイン機能

チャートの棒や折れ線、凡例などに、グラデーションや透過、陰影といったさまざまなエフェクトを設定できます。また、テキストにアンチエイリアス効果を付加して、文字と画像が調和したスマートなチャートイメージを出力できます。


Webでの利用に適した豊富な出力形式

サーバー上で生成したチャートイメージは、PNG、JPEG、BMP、SWF、SVG、PDF、TIFF、WBMP、VML、CANVASの10種類のファイル形式で出力できます。マウスカーソルの動きに合わせたポップアップラベルの表示や、チャートを徐々に大きくする、 または徐々に表示するといったアニメーション表示が可能です。


開発生産性

チャートギャラリー

さまざまな用途を想定した140種類以上のテンプレートが用意されています。仕様に近いチャートを選んで自由にカスタマイズできるので、はじめて製品を使う場合でもスムーズに開発を行えます。


WYSIWYGスタイルのデザイナ

テンプレートから目的に応じたチャートを選択し、軸、タイトル、凡例などの各要素を柔軟にカスタマイズできます。マウス中心の操作で実行結果を見ながらイメージどおりのチャートをすばやくデザインできます。デザイナの機能は、プラグインを使用してEclipseと統合することができます。


ビルトインテストサーバー

デザイン結果を確認するための簡易Webサーバーを備えています。JPG、PNG、SWFなど各種形式での出力結果をブラウザ上で手軽にプレビューできます。


7種のコードを自動生成

デザインしたチャートのJavaコードはデザイナが自動生成するため、コーディングの必要はありません。さらにコードはアプリケーションの実装形態に合わせて、JSP直接出力、JSP間接出力、JSPカスタムタグ、JSF、アプレット、Swing、SWTの7種類から選択できます。


XMLベースの開発スタイル

色やタイトルの位置などの書式情報をXML形式のスタイル定義として外部に保存し、再利用できます。同じデータソースから折れ線グラフや棒グラフを作成し、画面上で瞬時に切り替えたり、デザインの統一が必要な定型文書に再利用したりとユーザーニーズに合わせた柔軟なメンテナンスが可能です。


デザイナへのデータインポート

デザイン時にXML形式、CSV形式のデータをインポートして使用できます。また、JDBC接続によってデータベースから直接ロードでき、運用時に近い状態でデザインできます。

このページの先頭へ