製品のご購入

Home > 製品のご購入 > 著作権保護

著作権保護

コンプライアンス(法令遵守)への取り組みについて

コンピュータソフトウェア(プログラム)は「技術」という無形財産の特質上、目には見えない技術自体の価値が知的財産として認められており、それらの各種権利は、著作権法によって守られています。
違法コピーやライセンスの不正利用は法的な侵害行為であり、発覚すれば、弊社のみならずお客様も大変な損害を被ることとなります。
グレープシティではソフトウェアを開発・提供する立場として、著作権や知的財産の保護、不正ライセンスと正面から向き合うことを当然の使命であると捉え、お客様が製品を安心してご利用いただけるよう、コンプライアンスに基づく正しいソフトウェア資産管理の導入をお知らせしてまいりたいと考えています。


法人(組織)におけるソフトウェア製品の管理について

近年、ソフトウェア資産は企業の業務運営に欠かせないものになっています。
このため、ソフトウェアやコンピュータ等の適切な管理が大きな課題と言えます。

たとえ従業員が個人の判断で行った違法コピーであっても、法人登録された製品であれば登録者である法人あるいは監督責任者が刑事処罰の対象になる可能性があります。ソフトウェアの違法コピーで訴追されれば、企業への信頼は大幅に損なわれます。また、多額の損害賠償が生じることもあります。
そのため企業では、経営者から一般社員まで組織を構成するすべての構成員に知識不足による不正利用が起こらないよう使用許諾契約の内容を理解し、組織全体へ周知徹底させる義務があります。所有している正規ライセンスの数と適用の範囲、利用可能なコンピュータの台数を把握し、組織全体での徹底した管理を行うことは、コンプライアンスリスクの軽減や資産の適正な管理、そしてコストの削減にもつながります。


グレープシティの取り組みについて

弊社では、お客様の資産を守り、適切なライセンス管理を支援・推奨するために以下を実施しています。

  • コンプライアンスに関する推進活動
    お客様にご所有いただくライセンスを正しくご利用いただくために、コンプライアンス推進窓口をご用意しています。また、弊社の各種権利にかかわる違法コピーや不正なライセンスの利用が発覚した場合にも、専門の担当部門が解決に向けて対応いたします。
  • ライセンス認証およびライセンスキーファイルの導入
    製品を正規品として正しく利用するために、プロダクトキー、シリアルナンバーおよびライセンスキーファイルなどによる認証を導入し、お客様のインストール環境ごとに履歴や記録を管理しています。
  • 各種ユーザーサービスに関する管理
    弊社Webサイトで受け付けている各種ユーザー登録、変更、登録内容照会および抹消の申請に従い、弊社の担当部門にて企業様ごとのライセンス管理を適切に行っています。一部製品では、製品ブランドごとに用意した各サイトよりログインすることでお客様ご自身で個人情報やライセンス管理を行うことが可能です。
  • ライセンスに関する知識や概要を公開
    お客様が意図せずライセンス違反してしまう状況を防ぐために、弊社Webサイトではライセンスの導入方法などに関する情報を一般公開しています。また、弊社ではお客様にライセンス不足や違反が発生しないよう、定期的にライセンス認証状況などを確認し、ライセンスの知識や正しい導入方法を登録者に向けて発信しています。

正規ソフトウェアのご利用にあたって
ソフトウェア使用許諾契約について

ソフトウェア製品は、インストールCD等の媒体(目に見える形)で提供している場合であっても、実質は無形財産(ソフトウェア製品の技術)として、その「使用権」をお客様にご購入いただくものです。弊社ではソフトウェア使用許諾契約に基づき、お客様と弊社が有する権利を明確に定め、双方の知的財産権の保護に努めております。

  • 開発ライセンス
    開発ライセンスを利用する企業へ「使用権」を許可いたします。
    コンピュータ台数に許諾する「マシンライセンス」と、開発者ごとに許諾する「ユーザーライセンス」があります。
  • 配布ライセンス
    開発ライセンスを利用する企業へ「配布権」を許可いたします。
    ランタイムライセンス、コアサーバーライセンス、サーバーライセンスがあります。
ユーザー登録について

弊社製品をご購入いただいたすべてのお客様にユーザー登録をおすすめしております。
製品の利用情報を含む個人情報をご提供いただくことにより、各種サービスやお得な情報をいち早く入手いただけるだけでなく、弊社の正規ソフトウェア製品を所有している証となりますので、適切なライセンス管理や資産管理を実施いただけます。


ソフトウェアの不正利用について

自社の資産となるソフトウェアを無断でコピー(複製)して第三者に販売する、転売する、譲渡する、貸し出すなどの行為は、有償無償を問わず、著作権法に抵触する行為となり、使用許諾契約書でも禁止しています。
また、違法にアップロードするファイル交換ソフトやホームページなどで不特定多数へ無断で配布する行為も刑事処罰の対象になる可能性があります。

弊社製品につきましても違法なライセンスを使用することなく、正規ルートにてご入手いただいた適切なライセンスで資産管理を行っていただきますようお願いいたします。


コンプライアンス推進窓口の設置について

弊社では、お客様からのライセンスや権利に関する報告、通報、問題提起について、真摯に向き合い、解決に取り組んでまいります。ご質問だけでも受け付けております。お困りごとがございましたら、コンプライアンス推進窓口までお問合せください。

グレープシティ コンプライアンス推進窓口
E-mail:jp-toolslicensepolicy@grapecity.com

  • ※ ご連絡いただいた内容は、各窓口の担当者が確認後、限定された関係者(必要に応じて、弁護士を含みます)が、調査や対応を行い、経過および結果をご報告いたします。
  • ※ ご報告を理由として、以後の関係や取引に不利益が出ることは一切ありません。(不正な目的での利用を除く)
  • ※ 匿名でご連絡いただくことも可能ですが、調査や対応の範囲が制限される可能性があり、調査結果をお知らせできない場合がありますのでご了承ください。
このページの先頭へ