製品のご購入

Home > 製品のご購入 > 製品の輸出 > 概要

製品の輸出

グレープシティ製品を海外に輸出されるお客さまの手続きについて、本Webサイトを通じてサポートいたします。

概要

お客様が、グレープシティ製品を日本から海外に輸出(「再輸出」も含む)する場合は、各種貿易関連法令に基づき手続きが必要です。
法令の目的は、昨今の国際情勢の変化に伴い、輸出する日本国と輸入する国で大量破壊兵器ならびに軍事用途に転用可能な高度技術が拡散するなど不正な輸出取引にならないように防止し、国際平和と安全を維持することにあります。

グレープシティ製品の分類と規制を受ける各輸出関連法令

グレープシティ製品を輸出する場合には、その製品分類および原産国によって遵守する法令が異なります。
各法令における輸出手続きの詳細については、「輸出の手続き」のページをご覧ください。

製品分類 原産国 説明 規制を受ける輸出関連法令
ローカライズ製品 米国 米国の企業が開発した製品を、グレープシティがローカライズ(日本語化)し、国内で販売しているものを指します。
  • 日本国の「外国為替法」
  • 日本国の「外国貿易法」
  • 米国の「輸出管理令(EAR)」(再輸出を含む)
  • その他の国際法、輸出先独自の輸入規制(法律や条令)
自社製品 日本国 グレープシティで開発し、国内で販売しているものを指します。
  • 日本国の「外国為替法」
  • 日本国の「外国貿易法」
  • その他の国際法、輸出先独自の輸入規制(法律や条令)
その他製品 上記以外のその他の国 米国、日本国以外の企業で開発され、グレープシティがオリジナルのまま販売しているもの、ローカライズして販売しているものを指します。
  • ※ グレープシティで販売するソフトウェアサービスまたはそれに準ずるサービス商品は、WTO事務局のサービスの貿易に関する一般協定(GATS:General Agreement on Trade in Services)の電子計算機及び関連サービスの「ソフトウェア実行サービス」あるいは「データ処理サービス」に該当するため自由化約束の対象となり、輸出規制の対象外です。
  • ※ 製品分類がご不明な場合は、製品名をご用意いただき、問合せ窓口へお問い合わせください。
    [会社情報]-[お問合せ]はこちら
このページの先頭へ