[FlexGrid for WPF] カスタムセルにおいて、ESCキー押下により編集をキャンセルすると、次回編集以降バインディングが処理されない

文書番号 : 80883     文書種別 : Bug
登録日 : 2014/07/15     最終更新日 : 2014/09/16

対象製品

Studio for WPF

ステータス

修正済み

詳細

CellEditingTemplateを用いてカスタムエディタを適用したセルにおいて、セルの編集中にESCキーを押下して編集をキャンセルした場合、それ以降セルが編集状態となった時に、カスタムエディタのバインディングが正しく処理されなくなります。

なお、ESCキーの押下以外(ENTERキー押下、フォーカス移動など)で非編集状態となった場合、同様の現象は発生しません。

回避方法

この問題はバージョン4.0.20142.413で修正されました。
修正版の適用方法については、アップデートの方法を参照してください。