[FlexGrid for WPF] マージセルを含む列幅の自動調整結果が以前の版と異なる

文書番号 : 81046     文書種別 : Bug
登録日 : 2014/11/07     最終更新日 : 2015/01/15

対象製品

Studio for WPF

ステータス

修正済み

詳細

この現象はアセンブリバージョン4.0.20142.413のC1FlexGridコントロールで発生します。

マージセルを含む列に対してAutoSizeColumnあるいはAutoSizeColumnsメソッドを実行すると、マージ範囲に含まれるセルの値が列幅の計測対象に含まれます。その結果、以前の版に比べ調整後の列幅が大きくなる場合があります。

回避方法

この問題はバージョン4.0.20143.440で修正されました。
修正版の適用方法については、アップデートの方法を参照してください。