[FlexReport for WinForms] 複数フィールドがある場合、印刷やエクスポート時に、フォントの太字/斜体の設定が不正になることがある

文書番号 : 81894     文書種別 : Bug
登録日 : 2016/12/01     最終更新日 : 2017/03/21

対象製品

Studio for WinForms

ステータス

修正済み

詳細

複数のフィールドを配置し、先頭フィールドのフォントを太字または斜体に設定すると、太字/斜体を指定していない後続フィールドがすべて太字/斜体で印刷されます。

逆に、先頭フィールドの太字/斜体設定を解除すると、それ以降で太字/斜体設定していたフィールドも太字/斜体設定が解除されて印刷されてしまいます。

さらに、これらをPDFまたはHTMLにエクスポートすると、太字/斜体の設定がすべて解除されてしまいます。

※本現象は、デフォルトのフォント(MS UI Gothic)で発生することが確認されています。特定のフォント(例:メイリオ)では、本現象は発生しませんでした。

(2017.03.13 追記)

バージョン2.0.20163.226または4.0.20163.226を用いても、MSゴシックや明朝系のフォント(MS UI Gothic/MS P 明朝/MS P ゴシック/MS 明朝/MSゴシック/SimSunで確認済)等を使って印刷を行うと、現象が発生します。
 ※Windows 10/8.1で発生し、Windows 7では発生しません。

回避方法

この問題はバージョン2.0.20163.226または4.0.20163.226で修正されました。
修正版の適用方法については、アップデートの方法を参照してください。

(2017.03.21 追記)

2017.03.13の追記内容(MSゴシックや明朝系のフォントでの印刷問題)については、制限となります。
※本コンポーネントの印刷で、内部的に使用しているDirect2D/DirectWriteの初期化に関する問題と考えられ、本コンポーネント側では対応ができません。

[この問題の回避方法]
いったん.xpsファイルや.pdfファイルに出力した後に、それぞれのビューワから印刷を行ってください。