サポート&サービス

Home > サポート&サービス > .NET移行情報 > 移行の概要

.NET移行情報

弊社のActiveXコンポーネントを利用して開発したVisual Basicアプリケーションを .NET Frameworkアプリケーションに移行する場合の参考情報を紹介しています。

移行の概要

ActiveX製品と .NET製品の互換性

弊社の .NET製品は .NET Frameworkの共通言語ランタイム(CLR)の管理化で実行されるマネージドコードで作られているため、COMをベースとしたActiveX製品との間に互換性はなく 移行ツールは用意しておりません。
ActiveX製品の機能を利用して開発したVBアプリケーションを .NETに移行する場合は、後継となる .NET製品を使用し、新規の.NETアプリケーションとして開発し直す必要があります。
一部の製品でデザイン定義ファイルなどを再利用できる場合があります。

画像「.NET移行イメージ」

.NET Framework用のVisual StudioにはVBプロジェクトをVB.NETプロジェクトに自動変換する「アップグレードウィザード」が提供されていますが、このウィザードを使用しても、ActiveX製品と、後継となる .NET製品とでは、オブジェクトとそのプロパティおよびメソッド、イベントなどの取り扱いが異なるため、ほとんどの場合ソースコードに修正が必要となります。あらかじめご了承ください。


後継となる .NET製品について

ActiveX製品にはそれぞれ後継となる .NET製品を用意しております。
ソースコードについては、.NETでの書き直しが必要ですが、ActiveX製品で提供されたプロパティやメソッドの多くは、.NET製品でも同名または類似した機能名で提供されているため、移行する機能を比較的簡単に見つけることができます。

中には機能を分割して複数の製品に引き継いだものや、後継となる製品がないもの、名称が変わったものもあります。詳しくは、「製品別移行情報」をご確認ください。

このページの先頭へ